FX-EA System Project
FX-EA System Project

【ICO】スケーラビリティ問題をスマートコントラクトとDAGで解決する仮想通貨「FANTOM(ファントム)」についてまとめてみた

FANTOM(ファントム) ICO ICO

今回は、スケーラビリティ問題をスマートコントラクトとDAGで解決する仮想通貨「FANTOM(ファントム)」についてまとめてみました。

FANTOM(ファントム)とは

FANTOM(ファントム) ICO

FANTOM(ファントム)とは、スケーラビリティ問題をスマートコントラクトとDAGで解決する仮想通貨です。

FANTOM(ファントム)は世界で初めてのDAGベースのスマートコントラクトプラットフォームになります。

スケーラビリティ問題とは

FANTOM(ファントム) ICO

スケーラビリティ問題とは、Bitcoin(ビットコイン)のブロックサイズがボトルネックになって、

1ブロックに書き込めるトランザクションの数が限られ、データ処理速度が遅くなるので、送金に時間がかかってしまうという問題です。

これはブロックチェーンの技術的な問題なのでどの銘柄も直面する問題になります。

DAGとは

DAGについては下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】ブロックチェーンの代わりになる新しい技術「DAG」についてまとめてみた 
今回は、ブロックチェーンの代わりになる新しい技術「DAG」についてまとめてみました。

FANTOM(ファントム)の特徴

即時支払い

EOSやCardanoとは異なり、FANTOM(ファントム)プラットフォーム上のトランザクションは即時の確認で非同期に実行されます。

ゼロ近い取引手数料

FANTOM(ファントム)の取引手数料は0.01ドル未満です。

無限のスケーラビリティ

FANTOM(ファントム)では、より多くのノードがネットワークに参加すると、その処理能力が向上します。

オープンソース

FANTOM(ファントム)プラットフォームはオープンソースで透明性と信頼性を備えています。

FANTOM(ファントム)の技術

オペラチェーン

ブロックの代わりに、OPERAチェーンは、以前に確認されたトランザクションを変更する権利を持たない非同期的にイベントのリストを処理します。

Lachesis議定書

取引はDAGと確認され、分散型FANTOM(ファントム)ネットワーク内でコンセンサスを維持する。

ストーリーデータ

すべての取引およびスマートコントラクト機能は、追跡およびサプライチェーン管理のためのデータを格納することができる。

FANTOM(ファントム)のパートナーにはORACLEやSBCKの名前が!?

FANTOM(ファントム) ICO

FANTOM(ファントム)のパートナーにはORACLEやSBCKの名前が挙げられています。

非常に信頼の持てる銘柄ですね。

・ORACLE

アメリカ合衆国カリフォルニア州に本拠を置く、民間法人や公的機関を対象とするビジネス用途に特化したソフトウェアの会社です。

https://www.oracle.com/jp/index.html

・SBCK

多様な形態のクラウドビジネスをサポートするソリューションとシステムを提供する会社です。

http://www.sbck.com/

FANTOM(ファントム)のICO

名前:FANTOM(ファントム)

シンボル:FTM

プラットフォーム:ERC20

募金目標: 39,900,000 USD

合計トークン: 3,550,000,000

FANTOM(ファントム)の公式サイト

FANTOM(ファントム)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://fantom.foundation/

FANTOM(ファントム)のホワイトペーパー

FANTOM(ファントム)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

http://www.fantom.foundation/data/ExecutiveSummary.pdf

まとめ

FANTOM(ファントム)も面白い銘柄なのでチェックしておきたい銘柄の一つです。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE