FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】高速で低消費電力な分散型ブロックチェーン「Hashgraph」についてまとめてみた

blockchain(ブロックチェーン) Hashgraph 仮想通貨

今回は、高速で低消費電力な分散型ブロックチェーン「Hashgraph」についてまとめてみました。

blockchain(ブロックチェーン)とは

blockchain(ブロックチェーン) Hashgraph

blockchain(ブロックチェーン)とは、Bitcoin(ビットコイン)の中核となる「取引データ」技術のことを指します。

取引のデータ(履歴)を「トランザクション」と呼び、そして、複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」と言います。

このブロックが連なるように保存された状態が「blockchain(ブロックチェーン)」です。

blockchain(ブロックチェーン)は分散して管理されるのが特徴で、Bitcoin(ビットコイン)を利用しているあらゆるユーザーのコンピューターに保存されます。

銀行のような特定の管理機関がないため、権限が一箇所に集中することはありません。

そのためシステム障害に強く、かつ低コストで金融サービスが運用できると期待されています。

blockchain(ブロックチェーン)の問題点

blockchain(ブロックチェーン) Hashgraph

blockchain(ブロックチェーン)の問題点1:スピード

blockchain(ブロックチェーン)の問題の1つは、そのスピードの遅さです。

現時点では、blockchain(ブロックチェーン)は1秒に7以上の取引を認証することができず、このことが普及の大きな制約になっている。

blockchain(ブロックチェーン)の問題点2:集権化

1秒ごとに認証される取引の数を増やすには、理論上は暗号化された情報を含むブロックのサイズを拡大すれば問題ないですが、

しかし、それではblockchain(ブロックチェーン)で「採掘」をするのに必要な計算能力をもつノードが少なくなってしまいます。

こうして、安全性の保証につながる「脱集権化」から後退してしまうことになります。

blockchain(ブロックチェーン)の問題点3:エネルギー問題

blockchain(ブロックチェーン)の問題点の3つ目はエネルギー消費です。

アナリストのアレックス・ド・フリースは、Bitcoin(ビットコイン)による1回の支払いが、1軒の住居を1週間まかなうのに必要な量のエネルギーを要求すると推計しています。

そして、ほかの計算によると、毎時間Bitcoin(ビットコイン)を採掘するのに必要なエネルギーは、エクアドルのような国の年間エネルギー需要に相当するようです。

この種のエネルギー消費が長期的に持続可能ではありえないことは明らかです。

Hashgraphとは

blockchain(ブロックチェーン) Hashgraph

Hashgraphとは、ソフト開発会社のSwirldsが発表したものblockchain(ブロックチェーン)より高速かつ安全で、さらにエネルギー消費が少ない分散型台帳である。

取引可能な数は、最大で1秒に30万取引だそうです。

Hashgraphの仕組み

Hashgraphは「Gossip」と呼ばれる「ランダムな問い合わせ」のシステムを利用します。

「すべてのノードは、ランダムな方法で選ばれたユーザーの取引についての署名入りの情報(「イヴェント」と呼ばれる)を送受信することができる」と、

「Hackernoon」には書かれている。「このユーザーたちは、受信した情報を集めて新しいイヴェントをつくります。

その後、彼らもまたランダムに選ばれたほかのユーザーにこれを送信する。

このプロセスは、すべてのノードが最初につくったもしくは受信した情報を知るまで続く」

簡単にまとめると、

『すべての情報が、すべてのノードの間で同時に同期される必要がないので、Hashgraphはずっと速く取引を認証し、台帳をきわめて軽く維持できる』

ということです。

Hashgraphのblockchain(ブロックチェーン)のサイズは2GB以内に維持すると約束している。

さらに、この特徴のおかげで要求される計算能力はずっと低く、エネルギー消費が少なくなり、スマートフォンでもノードとして動作することが可能という。

つまり、blockchain(ブロックチェーン)の3つの問題を解決できる技術です。

しかしいまのところ、すべてはまだ紙の上だけでのことである。

Hashgraphは、まだ事実上どのアプリでも使われていない。

しかし、考案した企業が技術特許を取得した事実は、この分野の専門家たちがメカニズムを適切に深化させていく妨げとなる。

その点では、Bitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)といった多くのブロックチェーンとは異なり、

Hashgraphはオープンソースのシステムではありません。

しかも、「ノード」として動作させるには、特別な許可を得ることが必要になります。

これによってHashgraphの台帳は、世界で最も大きい40の銀行が連合するコンソーシアム「R3」によるシステム「Corda」のような、

プライベートなblockchain(ブロックチェーン)に近いものになります。

オープンなものとは違い、特定のユーザーだけがネットワークの一部となることができるシステムになります。

つまり、悪意をもつユーザーのアクセスを阻止することになり、システムの防御性は高まります。

まとめ

Hashgraphのような素晴らしい技術など今後ブロックチェーンの進化した形がどんどん出てくるはずです。

DAGが流行っているのと同じで、今後続々と新しいシステムはできてくると思います。

 

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE