FX-EA System Project
FX-EA System Project

【必見】自分の仮想通貨を守るために必要な「ハードウェアウォレット」についてまとめてみた

仮想通貨 ハードウェアウォレット 仮想通貨

今回は、自分の仮想通貨を守るために必要な「ハードウェアウォレット」についてまとめてみました。

仮想通貨を取引所に置いておくだけでは危険

取引所はユーザーの資産であるビットコインやアルトコインを守るためのセキュリティ対策をとっていますが、

しかし、悪いクラッカーたちは、様々な手法を使って取引所にある仮想通貨を

奪い取ろうとしてきます。

もし、万が一取引所でハッキングがあり、セキュリティが破られてユーザーの資産が奪い取られたとしても

取引所は補償はしてくれません。

特に怖いのは、アカウントがハッキングされて、勝手にビットコインなどの仮想通貨が送金されてしまうことです。

 

さらに、どれだけ取引所がセキュリティを強化したとしても、取引所が倒産してしまえば、

すべての資産は失います。

ということで、取引所に依存しない仮想通貨の保管方法は今後仮想通貨を資産として持つ人は必須になるわけです。

そこで、今回は、比較的安全な保管方法であるハードウェアウォレットについてご紹介します。

ハードウェアウォレットのメリット

・取引所に依存せず仮想通貨を保管できる

ハードウェアウォレットの特徴は、ビットコインなどの仮想通貨をオフラインのウォレットで保管できる点です。

もしこれで取引所が破綻したとしても、心配する必要がなくなります。

取引所に預けるのではなく、自分のハードウェアウォレットで保管しているイメージだと

わかりやすいと思います。

 

・ビットコイン送金などの際にも物理承認が必要

さらに、安全なのは、ビットコインや仮想通貨の送金などに物理的な承認作業が必要になるという点です。

ハードウェアウォレットは、物理的にデバイスと承認作業が揃わないと送金できません。

もし万が一PCがウィルスに感染しても勝手に送金される心配はないです。

つまり、より安全な保管ができるということです。

・複数PCでももちろん利用可能

家にあるディスクトップのPCと外出で使うためのノートPCなど複数のPCで使い分けることができます。

 

 

ハードウェアウォレットのデメリット

・セルフGOXしかねない

ハードウェアウォレットは、リカバリーフレーズやリカバリーシードの管理が大切になります。

間違えて初期化してしまったり、壊れた場合でもフレーズやシードがあれば復元可能になります。

しかし、そのリカバリーフレーズやシードを忘れたり間違えると、二度と復元が出来なくなってしまいます。

これは、マウントゴックス倒産事件になぞられて、セルフGOXと言われたりもします。

おすすめのハードウェアウォレット1:LedgerNanoS(レジャーナノS)

仮想通貨 ハードウェアウォレット

LedgerNanoS(レジャーナノS)は、2017年5月からリップルの保管に対応して、

Gatehubというウェブウォレットが盗難被害を受けたことで人気が高まったハードウェアウォレットです。

1台で4種類の仮想通貨を保管し送受信することができます。

また、My Ether Walletと連携でイーサリアム系トークンも管理が可能です。

使い勝手がとてもシンプルでわかりやすいのでハードウェアウォレットを買いたいと思う人は

これを選ぶことをお勧めします。

公式サイト

 

おすすめのハードウェアウォレット2:TREZOR(トレザー)

仮想通貨 ハードウェアウォレット

TREZOR(トレザー)はLedgerNanoS(レジャーナノS)に劣らないぐらい人気のあるハードウェアウォレットです。

TREZOR(トレザー)はコインチェックなどで扱っている仮想通貨を保管することができるハードウェアウォレットです。

こちらも同様に、MyEtherWalletと連携してイーサリアム系トークンも保管が可能です。

公式サイト

まとめ

やはり、仮想通貨に対して詳しいほど、口を揃えて、

仮想通貨は取引所やウェブウォレットには置かず、ハードウェアウォレットに保管するべきと言います。

これに対しては私も賛成意見です。

もし、仮想通貨に対して少し不安な方がいれば、ハードウェアウォレットをお勧めします。

 

 

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE