〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【アフィリエイト】Google(グーグル)のインデックス削除が世界全体に急増中!?削除されている記事の調べ方やフェッチの仕方などについて徹底解説してみた

Google(グーグル) インデックス削除 2019 アフィリエイト

Google(グーグル)のインデックス削除が世界全体に急増中!?

削除されている記事の調べ方やフェッチの仕方などについて徹底解説してみました。

世界全体でGoogle(グーグル)のインデックス削除急増中!?

Google(グーグル) インデックス削除 2019

世界全体でGoogle(グーグル)のインデックス削除急増中です。

また、WikipediaすらGoogle(グーグル)にインデックス削除されているようです。

もうこれはかなりおかしい状態ですよね。

以前も紹介しましたが、思った以上に自体が凄いのでもう一度詳しく説明したほうがいいと思い記事にしました。

【アフィリエイト】SNSで相次ぐGoogle(グーグル)のインデックス削除が話題に!?情報についてまとめてみた
SNSで相次ぐGoogle(グーグル)のインデックス削除が話題に!?情報についてまとめてみました。

Google(グーグル)のインデックス削除でアフィリエイターやブロガーが相次いで被害が!?

Google(グーグル) インデックス削除 アフィリエイター ブロガー

Google(グーグル)のインデックス削除でアフィリエイターやブロガーが相次いで被害にあっているようです。

Google(グーグル)のインデックス削除問題は技術的な問題!?

Google(グーグル) インデックス削除 問題 原因

問題はGoogle(グーグル)の技術的な問題のようです。

以下は本文を翻訳した内容です。

過去2、3日の間に、多くのSEOやサイト所有者が

Googleの検索インデックスからページが抜けているのを目にしたと報告しています。

問題は、Google検索コンソールおよびブラウザでsiteコマンドを使用したときに見られました。

「技術的な問題」が修正されました。

GoogleのJohn Muellerによると、

それは明らかにGoogleの技術的問題の結果である。

ミュラー氏は土曜日の早朝、「われわれはしばらくの間、技術的な問題を抱えていた」と述べた。

彼は問題が今解決されるべきであり、「影響を受けたURLは再処理される」と言いました。

技術的な問題が何であるかは明確ではありませんが、

問題に気付いた人はインデックスに自分のページが戻ってくるはずです。

URL検査ツール 「Inspect URLツールがこれらの場合にも便利であることを確認できて嬉しいです。」

とMueller氏は付け加えました。

URLの検査ツールは、新しいGoogle検索コンソールで利用可能です。

それはあなたがあなたのウェブサイト上の特定のURLをチェックして、

それがグーグル検索インデックスでそれをステータスを見ることを可能にします。

Googleインデックスから直接、クロール、インデックス登録、

およびページに関する情報の提供を行います。

最後のクロール日、その最後のクロールのステータス、クロールエラーまたはインデックス作成エラー、

およびそのページの正規のURLが表示されます。

ページのインデックス作成が成功したかどうか、AMPエラー、構造化データエラー、

およびインデックス作成の問題が表示されます。

なぜあなたは気にする必要があります。

サイトの所有者が技術的なバグ、不具合、その他の「技術的な問題」を抱えていること、

およびSearch Consoleのレポートを定期的にチェックして問題を発見することをお勧めします。

この問題は4月4日と5日にサイトに影響を及ぼしたようであり、

グーグルの側でこの問題の結果としてサイトはもはやインデックス解除問題を経験するべきではありません。

https://searchengineland.com/google-de-indexing-issue-now-fixed-result-of-technical-issues-315058

Google(グーグル)にインデックス削除された記事の探し方

Google(グーグル) インデックス削除 記事 探し方

Google(グーグル)にインデックス削除された記事の探し方についてご紹介したいと思います。

アナリティクスを開く

まずはgoogleアナリティクスを開きましょう。

googleアナリティクスはこちら

行動→サイトコンテンツ→すべてのページと移動

左のメニューにある『行動』をクリックしてプルダウンメニューが開くので

『サイトコンテンツ』をクリックしましょう。その中にある『すべてのページ』をクリックします。

対象日付を2019年4月5日〜4月6日の期間比較

対象日付を2019年4月5日〜4月6日の期間比較しましょう。

ページビューの変化率が80%超えてるのをチェック

ページビューの変化率が80%超えてるのをチェックしましょう。

その記事はGoogle(グーグル)にインデックス削除されている可能性が非常に高いです。

ブロガーさんやアフィリエイターさんの記事で上位表示されている記事

例えば1位取っていたが、圏外になったというのはすぐにわかるのですが、

なんと1位から20〜30位にインデックス削除で飛ばされたという

ケースがあるようなので注意したほうがいいです。

Google(グーグル)にインデックス削除された記事見つけたら手動でインデックス(フェッチ)する

Google(グーグル) インデックス削除 2019

Google(グーグル)にインデックス削除された記事見つけたら手動でインデックス(フェッチ)しましょう。

Googleサーチコンソールにアクセス

Googleサーチコンソールにアクセスしましょう。

googleサーチコンソールはこちら

URL検査ツールをクリック

古いGoogleサーチコンソールではFetch as Google(通称フェッチ)でしたが、

新しくGoogleサーチコンソールでは『URL検査ツール』になります。

上の検索バーにURLをコピペ

Google(グーグル)にインデックス削除された記事を

Googleサーチコンソール上の検索バーにURLをコピペしましょう。

その際の注意点としては『https://〜』入力するようにして下さい。

インデックス登録をリクエスト

インデックス登録をリクエストをクリックして、

『インデックス登録をリクエスト済み』になったら『OK』をクリックしましょう。

これでインデックス登録の作業は終了です。

Google(グーグル)のインデックス削除についての考察

Google(グーグル) インデックス削除 2019Google(グーグル) インデックス削除 2019

Google(グーグル)のインデックス削除についての考察を紹介したいと思います。

これはブロガーやアフィリエイターにとって今後の生き方に重要になると思っています。

すでにGoogle(グーグル)はこれ以上のコンテンツを欲していない

Google(グーグル) インデックス削除 2019

すでにGoogle(グーグル)はこれ以上のコンテンツを欲していない気がします。

今回のGoogle(グーグル)のインデックス削除問題も、

コンテンツをこれ以上増やさないための施策を裏で改良しているのではないかと考えています。

最近ではGoogle(グーグル)で検索窓に入力しただけで求める答えが出たりと、

アフィリエイターやブロガーの必要性が少なくなりつつあると思います。

ですので、今までは

google:プラットフォームを提供

アフィリエイターやブロガー:プラットフォームを活用して問題や悩みを解決

という関係性で成り立っており、問題や悩みを解決した報酬として広告収入(アドセンス)が入りました。

しかしこれからは、

google:プラットフォームを提供&簡易的な問題や悩みは自分たちで解決

アフィリエイターやブロガー:googleでは解決できない問題や悩みのみを解決

という流れになってくると思います。

以前書いたコンテンツデフレが今まさに起きているなと思っています。

【初心者必見】今後アフィリエイト業界もコンテンツデフレが起きる!?今取るべき対応は!?情報についてまとめてみた
今回は、アフィリエイト業界もコンテンツデフレが起きる!?今取るべき対応は!?情報についてまとめてみました。

すでにコアアルゴリズムアップデートではE-A-Tが重要になっていますので、

これからの検索エンジンが

google(簡易的な問題や悩みを解決)+企業や専門家(専門性の高い問題や悩みを解決)

になればアフィリエイターやブロガーの入る隙間がなくなってくると思います。

Google(グーグル)の電力の問題

Google(グーグル) インデックス削除 2019

Google(グーグル)は大きなサーバーで様々なサービスなどを動かしていますが、

その分電力の問題が付きまといます。

Google(グーグル)では再生可能エネルギーに着手している話題が既に上がってきています。

ユーザーが欲していなコンテンツは削除していく流れも自然かなと思いますね。

https://www.publickey1.jp/blog/18/google2017.html

https://jp.wsj.com/articles/SB11163902675293294257404585090531202758488

https://japan.zdnet.com/article/35131382/

ブログだけではなくSNSやYoutubeでも同じことが起きると思う

Google(グーグル) インデックス削除 2019

ブログだけではなくSNSやYoutubeでも同じことが起きると思っています。

SNSでも大量のアカウントが凍結したりこれ以上アカウントを増やすことで電力消費にも繋がりますし、

必要なものだけを残してそれ以外を排除したりする流れがあったりします。

Youtubeは特に記事よりも容量が大きいので同じような問題に直面するのではないかなと思います。

実際にYoutubeのアドセンス報酬も

・チャンネル登録者1000人以上

・過去12ヵ月の総再生時間が4000時間以上

というルールが設けられたりと、これ以上良質ではないコンテンツは欲していないと思います。

つまりSNSやYoutubeなどに分散したところで、

結局はプラットフォームに依存しているので本質的には分散されたわけではないということです。

個人的にはオンラインとオフラインをうまく活用して行こうと思っています。

まとめ

Google(グーグル)にインデックス削除は技術的なものなのであまり問題がないと思われがちですが、

マクロ視点で見ると良質なコンテンツ以外は必要なくなっていくと思いますね。

良質なという定義が専門性の高い情報や知識になるので益々初心者は稼ぎづらくなりますね。

もしブロガーやアフィリエイターが生き残るとしたら、

一つの道の専門家として生きていくぐらいの気持ちがないとやっていけないのかなと思います。

【アフィリエイト】2019年個人アフィリエイターがSEO対策で大手メディアに勝つための戦略について徹底解説してみた
今回は、2019年個人アフィリエイターがSEO対策で 大手メディアに勝つための戦略について徹底解説してみました。
タイトルとURLをコピーしました