FX-EA System Project
FX-EA System Project

【朗報】Google(グーグル)がPayment Request APIにBitcoin(ビットコイン)を受け入れると発表!!

Google ビットコイン 仮想通貨

今回は、Google(グーグル)がPayment Request APIにBitcoin(ビットコイン)を受け入れると発表したことについて

まとめていきます。

Google(グーグル)がPayment Request APIにBitcoin(ビットコイン)を受け入れると発表

GoogleがついにBitcoinの流行に乗ったようだ。

人気のあるPayment Request APIの新しいアップデートでは、

ハイテクのタイタンがビットコインの支払いをリクエストする機能を追加しました。

また読んだ: 中国のBanhammerはBitcoinの鉱夫次を打つか。

このニュースには、ほんの少しのファンファーレしかなかったが、

WebFundamentalsの貢献者であるMatt Gaundryのより大きなAPIアップデートのほんの少しの瞬間だった。

このアップデートは主に、アップデートの新機能の使い方に関するチュートリアルで構成されていました。

Gaundryは、ブログ記事の最後に向かってAPIの使用方法について説明しました。

“無効な通貨:通貨コードは3つの大文字でなければなりません。何かを渡すとエラーが発生します。

‘PaymentRequest’: ‘…’は有効なISO 4217通貨コードではありません。大文字3文字[AZ]

任意の3文字を渡すことができ、有効な通貨コードとして扱われます。

この理由は、将来の通貨のサポートを可能にするためです。

たとえば、ビットコインはその通貨コード ‘XBT’でサポートされます。

通貨コードは執筆時点でGoogle Chromeに常に表示されますが、既知の通貨には金額の通貨文字が含まれます。

それ以外の場合は、通貨コードのみが表示されます。以下のスクリーンショットを ‘USD’と ‘XBT’と比較してください。 ”

Google ビットコイン

誰のためのBitcoin支払いですか?

このアップデートの意味は?理論上、GoogleのPayment Request APIを使用するユーザーは、

オンラインストアでビットコインを受け入れることができます。

Gaundry氏によると、ビットコインの支払いを可能にする新しい機能は、

公式な方法のリストに該当しない将来の支払い方法を受け入れるためのものです。

理論的には、APIは3文字のコードを持つ限り、あらゆる通貨をサポートできます。

競合する通貨について話す。商人は潜在的に太陽の下で任意のデジタル通貨を受け入れることができます。

この新しいユーティリティがどのように機能するかの例としてビットコインを使用することによって、

Gaundryは意図的にでもそうでなくとも、未来がすでにここにあるかもしれないと示唆しています。

Googleの新しいアップデートがBitcoinにとって重要だと思いますか?

下記のコメントであなたの考えを共有してください。

ソース

Google(グーグル)のPayment Request APIとは

Payment Request API は、

ショッピングサイト上で簡単・高速で一貫性のある決済フローを実現するオープン Web 向けの新しい API です。

支払い方法・配送先住所・配送方法を、簡単・高速かつ一貫した方法でユーザが選択・追加できる、

ネイティブユーザインタフェースを提供します。

開発者がユーザの決済設定を一貫性のあるフォーマットで取得できる、標準化された命令型の API を提供します。

まとめ

決済サービスとしてGoogle(グーグル)がbitcoinを使うというのは非常に期待できますね。

やはり今後この決済サービスの流れに仮想通貨は外すことができないものになるでしょうね。

より今後社会が仮想通貨によって良い変化をもたらすことを期待しています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE