〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【仮想通貨】日本発の仮想通貨モバイルウォレットアプリ「Ginco(ギンコ)」についてまとめてみた

Ginco(ギンコ) 仮想通貨 ウォレット 暗号資産

今回は、日本発の仮想通貨モバイルウォレットアプリ「Ginco(ギンコ)」についてまとめてみました。

Ginco(ギンコ)とは

Ginco(ギンコ) 仮想通貨 ウォレット

Ginco(ギンコ)とは、スマホで仮想通貨を管理することができるモバイルウォレットアプリです。

Ginco(ギンコ)は無料アプリをダウンロードするだけで、利用することができます。

Ginco(ギンコ)は、クライアント方式と独自の暗号方式により安全性と利便性を追求しているモバイルウォレットアプリになります。

Ginco(ギンコ)の特徴

・スマホで仮想通貨を管理することができるモバイルウォレットアプリ

・高水準のセキュリティ

・シンプルさを追求したインターフェイス

・ポートフォリオ・両替・法定通貨の入金などにも順次対応

Ginco(ギンコ)の対応通貨

Ginco(ギンコ) 対応通貨

 

・Ethereum

・Bitcoin

・Augur

・DigixDAO

・TRON

・OmiseGO

・0x

・EOS

・Kyber

・Zilliqa

・Status

・Decentraland

Ginco(ギンコ)の料金

アプリの価格:無料

入金手数料:無料

出金手数料:無料

Ginco(ギンコ)はDEX(分散型取引所)をアプリ内に実装

Ginco(ギンコ) DEX(分散型取引所)

Ginco(ギンコ)はユーザーから仮想通貨を集めず、保有しているのはユーザー自身になります。

では、どうやって収益化をするのかというと、

DEX(分散型取引所)の機能をアプリ内に実装して手数料による収益化を目指すようです。

DEX(分散型取引所)については下記の記事を参照してください。

Ginco(ギンコ)はクライアント型ウォレット

Ginco(ギンコ) クライアント型ウォレット

Ginco(ギンコ)はクライアント型ウォレットになります。

仮想通貨取引所やウェブウォレットでは運営会社のサーバーでユーザーの秘密鍵を集中して保管して居るのに対して

クライアント型ウォレットは、自分の秘密鍵を自分の端末(スマホ)で管理を行います。

これによりハッキング等で盗まれるリスクが低くなり、アプリ利用者同士で手軽に仮想通貨の送金もできるようになります。

Ginco(ギンコ)のパートナー

Ginco(ギンコ) パートナー

Ginco(ギンコ)のメディア掲載実績

Ginco(ギンコ) メディア掲載実績

Ginco(ギンコ)の今後の予定

Ginco(ギンコ) 仮想通貨 ウォレット

・イーサリアム、ERC20トークン対応:実装済み

・BTC、BCH、XRP、LTCなど主要通貨に対応:2018年3月~4月予定

・資産の状況を把握するポートフォリオ機能:実装予定

・仮想通貨同士を交換する両替機能:実装予定

・興味のあるプロジェクトに出資できるICO機能:実装予定

・普段の買い物で使えるデビットカード機能:実装予定

Ginco(ギンコ)の公式サイト

Ginco(ギンコ)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://ginco.io/

Ginco(ギンコ)のダウンロード

Ginco(ギンコ)のダウンロードは下記のリンクになります。

IOS→ダウンロード

Android→ダウンロード

まとめ

Ginco(ギンコ)は非常に使いやすかったです。

なので、もし興味があればぜひGinco(ギンコ)を使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました