FX-EA System Project
FX-EA System Project

【初心者必見】勝てるFXトレーダーは意識している「三角持合い」のパターンについてまとめてみた

FX 三角持合い テクニカル分析

今回は、勝てるFXトレーダーは意識している三角持合いのパターンについてまとめてみました。

三角持合いとは

三角持合いとは、為替相場の先行きが不透明なときに時に起きるチャートパターンです。

FXのチャート分析ではよく出てきますので必ず覚えた方がいいです。

三角持合いでは、忍耐強くエントリーポイントまで待てるかどうかがカギとなります。

三角持合いには3つのタイプがあります。

・均衡型の三角持合い

・高値が水平で安値を切り上げる三角持合い

・安値が水平で高値を切り下げる三角持合い

それぞれのパターンについて詳しく説明していきます。

均衡型の三角持合い

相場環境的に上げか下げかがどっちつかずの状況ではレンジ相場になります。

レンジの高値を結んだラインと安値を結んだラインで綺麗な三角形になるチャートパターンを

均衡型の三角持合いと言います。

均衡型の三角持合いでは何が起きているのでしょうか。

これは、買い手、売り手ともに明確なトレンドを形成する覚悟とパワーがないことを意味しています。

買い手と売り手の戦いだとすると、引き分けといったところです。

ペナントのチャートパターンも三角形のパターンなので三角持合いなのでは?と思いますが、

ペナントも三角持合いです。

しかしペナントという言葉を使うのは、背景にある相場環境がトレンド相場あり、

三角形の上下幅が小さい場合のように感じています。

ペナントはトレンド相場の中でちょっとした踊り場が三角形になっている場合だと思います。

三角持合いという場合には背景がレンジ相場で、

そのレンジ相場のチャートが三角形になっているような場合を言うように思います。

FX 三角持合い

安値を切り上げるタイプの三角持合い

安値を切り上げ、高値のラインは水平になるような三角持合いは、

主要なレジスタンスラインのすぐ下で起きることが多いです。

レジスタンスラインが抵抗となっているものの、安値が切りあがっていきます。

このようなパターンは「いずれレジスタンスラインをブレークアウトして上昇トレンドが始まる」

という見方をするのが一般的です。

しかし私が見ている限り、その真逆の動きになる場合や、

ブレークアウトがダマシとなって反対方向への強いトレンドが発生することもかなり多いです。

FX 三角持合い

高値を切り下げるタイプの三角持合い

高値が切り下がっていくタイプの三角持合いはサポートラインの直前で形成されるチャートパターンです。

このチャートでは、主要なサポートラインの上で高値を切り下げる形の三角持合いになっています。

教科書通りの考え方だと、「いずれ下値をブレークアウトしてダウントレンドになる」ことになっています。

一般大衆は教科書通りになることを期待して三角持合いの中で空売りしているかもしれません。

しかし彼らの期待を裏切るように強い上昇が起きています。

この上昇は意外性があるだけに信憑性が高いです。

「多くのトレーダーの期待を裏切ったから買い」

という考え方ができるワンランク上のトレーダーはこの上昇を取ることができます。

FX 三角持合い

まとめ

三角持合いは忍耐強くシグナルを待って仕掛け、ロスカットをちゃんとすれば勝てるポイントになります。

もっと楽にFXで資産を増やしたいなら?

もっと楽にFXで勝てるようになりたいなら、自動売買システムがオススメです!!

自動売買システムは、勝てるトレーダーが自分の裁量トレードの手法をシステム化したものです。

つまり、あなたが一から手法を学ぶことなく、機械的にトレードしてくれる優れものです。

自動売買システムは、ボタンをポチッと押すだけで稼働するので、寝ていても遊んでいても

自動的にトレードしてくれます。

なので、チャートに張り付く心配はありません!!

そんな自動売買システムを1000人限定で無料提供したいと思います!!

詳細は、下記のリンクを参照してください!!

https://qenjipevo33.wixsite.com/fx-ea-system-project

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE