FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Fujitsu(富士通)が異なるBlockChain(ブロックチェーン)同士を安全に接続する新技術を発表したことについてまとめてみた

富士通研究所 ブロックチェーン 仮想通貨

今回は、Fujitsu(富士通)が異なるBlockChain(ブロックチェーン)同士を安全に接続する新技術を発表したことについてまとめてみました。

Fujitsu(富士通)が異なるBlockChain(ブロックチェーン)同士を安全に接続する新技術を発表!?

Fujitsu(富士通)が異なるBlockChain(ブロックチェーン)同士を安全に接続する新技術であるコネクションチェーンを発表しました。

コネクションチェーンとは

富士通研究所 ブロックチェーン

富士通研究所 ブロックチェーン

現在の仮想通貨などで取引や契約を自動化するスマートコントラクトは、一つのブロックチェーンでの範囲でしか動作しません。

複数のブロックチェーンを横断した取引を実現可能にするには、ブロックチェーンの今日かで通貨の交換処理を行うアプリケーションが必要になり、

その部分の透明性確保が課題でした。

しかし、今回、複数のブロックチェーンの間に新しいブロックチェーンである、コネクションチェーンを雪像することで、

各チェーンでの通貨交換に関わる取引処理を紐付けることで、

全体を一つの取り引きとして自動実行できるスマートコントラクトの拡張技術と

各チェーンでの取引処理の実行タイミングを同期化させるトランザクション制御技術を富士通が開発しました。

ブロックチェーンを横断する場合にも、すべての取引処理がコネクションチェーンに証跡として記録されるので、取引の透明性も確保できる。

また、資産の保留状態を実現する、資産預託の概念も新たに設計したとのことです。

資産移転元では、資産を一旦保留状態にして、異動先の通貨移動を確認してから、資産移転元の取引状態を確保させ、各チェーンでの取引処理のタイミングを制御することが可能です。

この技術により、従来のブロックチェーンでは困難であった、取引処理の待ち状態を発生させることができ、全体の成否に応じて取引処理の確定や取り消しも実現できるようなりました。

富士通研究所 ブロックチェーン

この技術を使い、2つの異なるアーキテクチャでブロックチェーンを相互接続させて、仮想通貨の交換による資産移転実験を行ったところ、

各ブロックチェーンの取引IDや移転資産の数量、結果が一つの取引としてコネクションチェーンに記録されることが確認できた模様です。

 

 

そして、支払いや決済ができないなどの理由でチェーンを横断する取引が途中で失敗してしまう場合には、保留状態の資産を元に戻す取引処理のIDヤタイムスタンプが

記録されていることも確認されました。

コネクションチェーンの応用

このコネクションチェーンの技術により、例えば、小規模なネットショップで新たな地域通貨に対応したり、

特定の仮想通貨を保有しているユーザーを対象とした優遇交換キャンペーンなど交換レートを自由に定義することが可能になります。

また、企業間の高い信頼のあるデータの交換や契約自動化などへと発展させながら様々な分野で検証を進めて、2018年以降に実用化を目指す模様です。

まとめ

日本の技術力がこうして仮想通貨のブロックチェーンにも応用がされつつあります。

やはり、仮想通貨やブロックチェーンは今後可能性を秘めていますね!!

 

 

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE