【必見】グローバル化が進み今後日本も「完全実力社会」の時代がやってくる

【必見】グローバル化が進み今後日本も「完全実力社会」の時代がやってくる

今回は、グローバル化が進み今後日本も「完全実力社会 […]

【必見】これから到来する「人生100年時代」のために若い人達がやっておくべきこと

【必見】これから到来する「人生100年時代」のために若い人達がやっておくべきこと

今回は、仮想通貨の情報ではなく、今後日本は「人生1 […]


【仮想通貨】Finova Financial(フィノバフィナンシャル)が仮想通貨による証券投資を可能とするJCO(JOBS Crypto Offering)を発表したことについてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Finova Financial(フィノバフィナンシャル) JCO(JOBS Crypto Offering)

今回は、Finova Financial(フィノバフィナンシャル)が仮想通貨による証券投資を可能とするJCO(JOBS Crypto Offering)を発表したことについてまとめてみました。

Finova Financial(フィノバフィナンシャル)とは

世界規模での将来の銀行業務の変革を目指し、National Financial Holdings, Inc.(「Finova」として知られる)は、より多様なものを包含する金融システムを創出し、

従来の金融システムを利用できない20億の人々に健全な金融への道筋を提供すべく、公正かつ妥当な手数料のデジタル金融技術を開発している。

Finovaは、シリコンバレーの大手ベンチャーキャピタル企業とウォールストリートの未公開株式投資家の支援を受け、

2015年に金融サービス、テクノロジー、および支払業務の精鋭チームにより設立された。

Finova FinancialはFinTech業界を社会的責任を担うオンライン貸し手として変革しており、お客様の車をセキュリティーとして使用して迅速で手頃な価格のローンを提供しています。

FinovaのCLOCは現行の全国平均よりも50%もコストがかからず、資本への迅速なアクセスが可能で、利用可能な場合は12ヶ月の返済計画があります。

Finovaの顧客は、ローンプロセスをオンラインで完了し、迅速に承認を決定し、同日の資金調達を行うことができます。

Finovaクライアントポータルは、金融ダッシュボードへのパーソナライズされたアクセスを提供し、お客様のローンのリアルタイム管理を可能にします。

支払いは、コンピューター、モバイル機器、および米国の32,000の小売店の都合で行うことができます。

https://www.finovafinancial.com/

Finova Financial(フィノバフィナンシャル)の特徴

・30%最大APR

・料金には、$ 75 DMV担保手数料、書類切手税(ローン額によって異なる)が含まれます。すべての手数料は、融資の期間中に転記されるか、または財務費用に含まれます。

事故の場合には、ローンの返済が必要です。追加の受取人として指定されたFinova Financialのローン期間には、包括的かつ衝突保険前払いが必要です。

また、債務取消補遺を購入することもできます。当社はいかなる保険会社とも提携せず、紹介の支払いを受けません。

・最大返済期間は12ヶ月

・最低借用期間12ヶ月

・前払いのペナルティまたは手数料なしでいつでも払い戻す

Finova Financial(フィノバフィナンシャル)がJCO(JOBS Crypto Offering)を発表

Finova Financialは、これからのグローバル銀行業務の変革を目指す中、JCO – JOBS Crypto Offeringとして知られる資金調達プロセスを創出したことを発表しました。

金融業界でJCOと呼ばれるこの資金調達プロセスは、もし完了すると、それより前の時点の民間企業株式に暗号通貨を使用して投資できる機会を投資家にもたらすものとなります。

JCOとは

JCOはICO(initial coin offering investments)とのハイブリッド型で、企業が暗号通貨投資やIPO(新規株式公開)を通じて資金調達をより迅速にできるようにするものです。

JCOでは、株式資本の持分所有者を表す「トークン」がブロックチェーンと呼ばれる台帳に記され、

証券法に基づき提出された登録届出書に従って売り出されたり、証券法ルール251(通称規則A+)に基づいて登録免除となる取引に基づいて売り出されます。

JCOの仕組み

JCO(JOBS Crypto Offering)は、SECの規則に遵守して、会社が暗号通貨やその他の資金と交換で一般に証券を発行できる新しい金融プロセスです。

こうした証券の所有権は、デラウウェア州一般会社法セクション224に基づき同社または

同社の代理者が保持する電子配信ネットワークまたはデータベースにエントリすることにより表示される。

これを我々はトークンと呼んでいる。トークンは1934年証券取引法に基づく規則ATSに準拠するATSに記載されることとなる。

JOBS法とは

2012に施行されたJOBS法(Jumpstart Our Business Startups Act)は、特定の証券規則を緩和させることにより小規模企業の資金調達を支援し、

起業家が資金調達のために日常的に投資家を見つけ出すための選択肢を拡大し、

彼らの会社がオンラインク・ラウドファンディング・プラットフォームを介して成長できる一助となるよう意図するものである。

JOBS法はクラウドファンド法とも呼ばれる。

これは、JOBS法タイトルIIIにおける企業が証券を発行することにより資金調達する上でクラウドファンディングを企業が使用するという、

クラウドファンドがなかった時代ではあり得なかった方法を作り出したことによる。

JOBS法にはそのクラウドファンディングの側面のほかにも、企業が私的な資金調達および株式上場を一層容易にできるよう、

数多くの法律規則の改定をもたらした側面もある。

まとめ

ICOとは異なり新しい資金調達方法JCOという形でFinova Financial(フィノバフィナンシャル)は行うのですね。

この資金調達方法でどれくらい集まるのか興味深いです。

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に3950名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE