FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Ethereum(イーサリアム)の生みの親であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏が台湾でイーサリアムの未来を語ったことについてまとめてみた

Ethereum(イーサリアム) Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン) 台湾 仮想通貨

Ethereum(イーサリアム)の生みの親であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏が台湾でイーサリアムの未来を語ったことについてまとめてみました。

Ethereum(イーサリアム)とは

Ethereum(イーサリアム)はビットコインと同じ仮想通貨の一つです。

一つの仮想通貨の基準である時価総額は1000以上種類のあるとも言われる「仮想通貨」の中でビットコインに次ぐ第2位です。

Ethereum(イーサリアム)は2013年にヴィタリック・ブリテンという人物によって設計が始められました。

2014年7月には販売が開始され、2015年頃から日本の仮想通貨取引所でも取引がスタートしました。

2014年にスイスに設立された「イーサリアム財団」という非営利団体によってイーサリアムプロジェクトが調達した資金は管理されており、

Ethereum(イーサリアム)の開発は「ETH DEV」というヴィタリック・ブリテンを始めとする開発者によって行われております。

今ではETH DEVを始めとする開発者は世界中に存在し、日々イーサリアムの開発を進めております。

貢献した開発者には報酬が与えられ、そのインセンティブもあり開発は次々と行われております。

Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏とは

ヴィタリック・ブテリンは、1994年、ロシア・モスクワに生まれました。

6歳のときに家族とともにカナダに移住した彼は、小学生のときにはすでに数学や経済学の分野で驚くべき能力を発揮し、プログラミングを学んでいたと言います。

神童はやがて、ビットコインに出合う。ブロックチェーン・テクノロジーのポテンシャルに魅せられた彼は、

2013年、19歳のときにブロックチェーンプラットフォーム「Ethereum」(イーサリアム)を考案する。

イーサリアムの特徴は、「スマートコントラクト」と呼ばれる各ユーザーが設定した契約を扱えることです。

あらゆる目的のために使えるブロックチェーンプラットフォームです。

この技術を活用すれば、人が行ってきた取引や契約を、改ざん不可能なかたちで自律的に行うことが可能になる。

それはビジネスや組織のあり方を根本的に変えうるポテンシャルをもつ。

またイーサリアムで使用されるトークン(仮想通貨)の「ETH」(イーサ)は現在、世界に700以上ある仮想通貨のうち、ビットコインに次ぐ市場規模をもつ。

Ethereum(イーサリアム)の生みの親であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏、台湾でイーサリアムの未来を語った

Ethereum(イーサリアム)の生みの親であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏、台湾でイーサリアムの未来を語りました。

以下は本文の引用です。

WEBにかわる次世代の分散型ネットワークシステムとして期待されるイーサリアムの創始者であるヴィタリック・ブテリン氏(23)が11月25日、

イーサリアムを今後拡張していくための向上案について再び説明を行った。台北で開催されたミートアップイベントで聴衆を前に語った。

ブテリン氏は、イーサリアムが向上を必要としている分野として、

プライバシー保護、同意形成における安全性、スマートコントラクトの安全性、そして規模拡張性(所謂スケーラビリティ問題)をあげた。

同氏は、最初の三つの分野に関しては解決策ができつつあるとした。

プライバシー保護については、17年10月に完了したビザンチウムとよばれるアップグレードで「Zk-Snarks」が実装されており解決の道筋がついた。

同意形成における安全性については、イーサリアムをプルーフ・オブ・ステークに移行するためのキャスパーとよばれるプロトコルが解決。

そしてスマートコントラクトの安全性についても、バイパーとよばれる新たなイーサリアム上のプログラミング言語や新たな認証システムが解決策となるとした。

一方で、スケーラビリティが大きな問題としてそびえている。

ブテリン氏によると、非中央集権化、規模化、安全性という3本柱をすべて成立させることが今後の大きなチャレンジになる。

この三つのうち2つを成立させることは比較的容易だが、全てを同時に成立させるのは今のところ難しいという。

ブテリン氏は、拡張されたイーサリアムは、あくまでもブロックチェーン上で毎秒大量の取引を処理ししつ、

「スーパーノード」とよばれる大きな力をもつ者が操作できない状態であることが大事だという。

ここで期待される解決策が、データベース用語を用いて「シャーディング」と呼ばれる方法で、

メインのブロックチェーンに変更をかけずにサイドに設置されたチェーン上でプロトコルの変更をかける方法だ。

そしてそのためには今後3年から5年かけてイーサリアムをプルーフ・オブ・ステークに移行することが前提になるという。

イーサリアムの成長は、長い目で見守っていく必要があるようだ。

https://jp.cointelegraph.com/news/vitalik-lays-out-ethereum-20-roadmap-in-taiwan

Ethereum(イーサリアム)が11月24日に高騰中!!理由は世界初の社債発行が好材料に!?情報についてまとめてみた

【仮想通貨】Ethereum(イーサリアム)が11月24日に高騰中!!理由は世界初の社債発行が好材料に!?情報についてまとめてみた
今回は、Ethereum(イーサリアム)が11月24日に高騰中!!理由は世界初の社債発行が好材料に!?情報についてまとめてみた

Amazon(アマゾン)が決済手段としてEthereum(イーサリアム)を導入!?情報についてまとめてみた

【仮想通貨】Amazon(アマゾン)が決済手段としてEthereum(イーサリアム)を導入!?情報についてまとめてみた
今回は、Amazon(アマゾン)が決済手段としてEthereum(イーサリアム)を導入!?情報についてまとめてみました。

Ethereum(イーサリアム)の生みの親Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)が語る「仮想通貨と金融の未来」についてまとめてみた

【仮想通貨】Ethereum(イーサリアム)の生みの親Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)が語る「仮想通貨と金融の未来」についてまとめてみた
今回は、Ethereum(イーサリアム)の生みの親Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)が語る「仮想通貨と金融の未来」についてまとめてみました。

まとめ

Ethereum(イーサリアム)の生みの親Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏は既存の仮想通貨の問題点を解決する方法は少なくともあるということがわかります。

問題は山積みではありますが、アイディアや知識はあるのでまだまだ仮想通貨は発展していきそうですね!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE