FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】EthereumClassic(イーサリアムクラシック)が12月11日に高騰中!?理由は半減期の期待によるもの!?情報についてまとめてみた

EthereumClassic(イーサリアムクラシック) 高騰 半減期 仮想通貨

今回は、EthereumClassic(イーサリアムクラシック)が12月11日に高騰中!?理由は半減期によるもの!?情報についてまとめてみました。

EthereumClassic(イーサリアムクラシック)が12月11日に高騰中!!

EthereumClassic(イーサリアムクラシック) 高騰 半減期

EthereumClassic(イーサリアムクラシック)が12月11日に高騰中です。

現在、約3300円程度で前日比から14%高騰しています。

EthereumClassic(イーサリアムクラシック)が12月11日に高騰したのは半減期によるもの?

EthereumClassic(イーサリアムクラシック)が12月11日に高騰している理由は、12月12日にある半減期の期待によるものです。

明日EthereumClassic(イーサリアムクラシック)はマイニング報酬20%減、5枚→4枚になります。

EthereumClassic(イーサリアムクラシック)の半減期とは?

半減期というのは、簡単に言えば、マイニングによりもらえる報酬が半分になってしまうことです。

例えばBitcoin(ビットコイン)のマイニング作業によって、1カ月間で10BTC(ビットコイン)が報酬でもらえていたとしたら、

「半減期」によって、1か月間でもらえるBitcoin(ビットコイン)の報酬合計が5BTC(ビットコイン)になってしまうという話です。

半減期が訪れると、セオリー通りにいけば、その仮想通貨の価格は上がります。

減期が訪れるとマイニング作業をしても、もらえる報酬はこれまでの半分になってしまいます。

そうなると、報酬が半分になる分、高い費用をかけてマイニングする旨みが減り、マイニングする人も当然減るでしょうから、

Bitcoin(ビットコイン)の新規発行のスピードが今までよりも遅くなってしまうことになります。

需要(Bitcoin(ビットコイン)を欲しいと思う人)と供給(市場にある発行済みのBitcoin(ビットコイン))の関係から、

新規発行のBitcoin(ビットコイン)が少なくなれば、その分、すでに発行されているBitcoin(ビットコイン)の需要が高まって価格が上昇するということが考えられます。

SNSの反響は?

まとめ

全体通じて仮想通貨が再び高騰しているので、少しホッとしています。

明日の半減期でEthereumClassic(イーサリアムクラシック)がさらに高騰してくれるのを楽しみにしています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE