FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Ethereum classic(イーサリアムクラシック)が2月13日に高騰!?高騰した理由は!?情報についてまとめてみた

Ethereum classic(イーサリアムクラシック) 2月13日 高騰 仮想通貨

今回は、Ethereum classic(イーサリアムクラシック)が2月13日に高騰!?高騰した理由は!?情報についてまとめてみました。

Ethereum classic(イーサリアムクラシック)とは

Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)とは、元々はEthereum(イーサリアム)であり、ハードフォークによって二つに分離しました。

そのため、仮想通貨として備えている性質はほぼ同じで、スマートコントラクトという優れた機能が大きな違いになっています。

スマートコントラクトは、別名『契約の自動化』ともよばれています。

ビットコインが取引の記録をブロックチェーン上に残すのに対し、ブロックチェーン上に取引の記録に加えて、契約情報を記録することできます。

これによって、自動で売買契約の支払いなどを行うことができるようになります。

Ethereum(イーサリアム)とEthereum Classic(イーサリアムクラシック)に分離した理由ですが、

とある事件をきっかけに、開発した技術者たちが方向性の違いで内部分裂を起こしたためです。

Ethereum(イーサリアム)は将来性などが非常に評価されており多くの技術者や投資家が協力していました。

しかし、高い価値を持っているため、サイバー攻撃にあうことが多く、セキュリティが課題になっていました。

そんなときに、DAOというEthereum(イーサリアム)を使用して開発された仮想通貨に、50億円以上のハッキング被害が出てしまいました。

これに対しEthereum(イーサリアム)開発チームは「ハードフォークによって不正送金が行われる前の状態に戻す」という手段を取ることで解決を図りました。

そして最終的にはコミュニティの約90%がこれに賛成し、ハードフォークが実行されEthereum(イーサリアム)の不正送金は無効化されました。

この対応が中央管理的な介入であるとして、あくまで非中央集権的な暗号通貨を目指すコミュニティの一部が反発し、ハードフォークを拒否しました。

その一部の技術者が新しいプロジェクトとして作ったのが「Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)」です。

そして、ハッキングの被害に合わないようにEthereum(イーサリアム)よりも拡張性を制限し、セキュリティや安定性を向上させています。

Ethereum(イーサリアム)の取引高で世界最大クラスの暗号通貨の取引所である「Poloniex」がEthereum Classic(イーサリアムクラシック)を取り入れたことで、

ハードフォーク以前のイーサが取引できるようになりました。

Ethereum classic(イーサリアムクラシック)が2月13日に高騰!?

Ethereum classic(イーサリアムクラシック)が2月13日に高騰しました。

Coincheck(コインチェック)銘柄の中で一つだけ高騰していたので、話題となりました。

Ethereum classic(イーサリアムクラシック)が高騰した理由は?

Ethereum classic(イーサリアムクラシック)が高騰した理由ですが、

Ethereum classic(イーサリアムクラシック)開発チームがCallistoネットワークプロジェクトを発表し、ETC保有者に対し、1:1CLOの割合でAirdrop(エアドロップ)される模様です。

Callistoはイーサリアムプロトコルを基盤とした独自のブロックチェーンになります。

サイドチェーンとしてEthereum classic(イーサリアムクラシック)とCallistoネットワークの両方のスケーラビリティを向上させることが可能になります。

Ethereum classic(イーサリアムクラシック)ブロックチェーンのCallistoスマートコントラクトを使用したり、

Ethereum classic(イーサリアムクラシック)チェーンのバンド幅を簡単にすることができます。

まとめ

突如Ethereum classic(イーサリアムクラシック)が高騰したので、驚いた人が多かった模様ですね。

Airdrop(エアドロップ)はどこでもらえるのかわかりませんが、CLO欲しいですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE