FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Ethereum(イーサリアム)のASICが登場!?Casper(キャスパー)はハードフォークが起きるのか?情報についてまとめてみた

Ethereum(イーサリアム) Casper(キャスパー) 仮想通貨

今回は、Ethereum(イーサリアム)のASICが登場!?Casper(キャスパー)はハードフォークが起きるのか?情報についてまとめてみました。

Ethereum(イーサリアム)のASICが登場!?

Ethereum(イーサリアム) ASIC アントマイナーE3

Ethereum(イーサリアム)のASICが登場したようです。

中国のテック企業のビットメインはイーサハッシュ向けのASICマイナーを発売することを4月3日にツイートで発表しました。

ビットメインはツイッターで、アントマイナーE3が

「世界で最もパワフルで効率的なイーサッシュ向けASICマイナーだ」とコメントしています。

購入サイトは下記のリンクです。

https://shop.bitmain.com/product/detail?pid=00020180403174908564M8dMJKtz06B7

Ethereum(イーサリアム)のASICのアントマイナーE3のスペック

ハッシュレート:180Mh/s

消費電力:800W(GPU6-8台分)

価格:800ドル(日本円約85,000円)

Ethereum(イーサリアム)のCasper(キャスパー)とは

Ethereum(イーサリアム) Casper(キャスパー)

Ethereum(イーサリアム)のCasper(キャスパー)とはEthereum(イーサリアム)の最終バージョンです。

このCasper(キャスパー)はPoWからPoSに切り替わります。

PoWとPoSについては下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】今更知らないとは言えない認証方式「Pow」と「PoS」の違いをまとめてみた
今回は、今更知らないとは言えない認証方式「Pow」と「PoS」の違いをまとめてみました。

PoSではEthereum(イーサリアム)の保有割合によってマイニング報酬が変動します。

今現在は、PoSのマイニング参加は1000ETHが最低条件だと言われています。

Ethereum(イーサリアム)はCasper(キャスパー)にアップデートしてPoSにする理由

Ethereum(イーサリアム) Casper(キャスパー) アップデート PoS 理由

Ethereum(イーサリアム)では、コア開発者じゃない一般の開発者が望み通りの機能を

スマートコントラクトと呼ばれるコードを書くことにより望み通りの機能を追加することが可能となっています。

非常に汎用性の高いプラットフォームです。

分散型のアプリケーション=DAppsを追加でき、Ethereum自体がコンピューターのような仕組みをしていることから、

The World Computer(ワールドコンピューター)と呼ばれることもあります。

ですが、現状の処理能力ではThe World Computer(ワールドコンピューター)のコンセプトを実現できないので、

処理速度を飛躍的に上昇させるためにCasper(キャスパー)にアップデートする際にPoWからPoSに変更されます。

Ethereum(イーサリアム)のCasper(キャスパー)に変更されるときにハードフォークは起きるのか?

Ethereum(イーサリアム) Casper(キャスパー) ハードフォーク

Ethereum(イーサリアム)のCasper(キャスパー)に変更されるときにハードフォークは起きるのかですが、

PoS移行するときに分裂はないです。

 

PoWバージョンのほうを動かなくすることでPoSバージョンへの移行する感じになります。

まとめ

Ethereum(イーサリアム)のアップデートや今後の展開は仮想通貨市場に関わるので動向をしっかりとチェックしておきましょう。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE