FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】EOS(イオス)が7月2日にメインネットのローンチが!?時価総額5位に浮上!?情報についてまとめてみた

EOS(イオス) メインネット ローンチ 7月2日 仮想通貨

今回は、EOS(イオス)が7月2日にメインネットのローンチが!?時価総額5位に浮上!?情報についてまとめてみました。

EOS(イオス)とは

【ICO】たった三日で時価総額9位にランクインした仮想通貨「EOS(イオス)」についてまとめてみた
今回は、たった3日間で仮想通貨の時価総額ランキング9位にランクインした仮想通貨 EOS(イオス)について説明していきたいと思います。

EOS(イオス)が7月2日にメインネットのローンチが!?

EOS(イオス) メインネット ローンチ 7月4日

EOS(イオス)が7月2日にメインネットのローンチが行われるようです。

EOS(イオス)の開発チームはメインネットを7月2日にローンチすることを発表しました。

メインネットのローンチによりEOS(イオス)はEthereum(イーサリアム)ブロックチェーンから切り離されます。

EOS(イオス)のトークンはもともとERC20として発行されていましたが、今後メインネットがローンチされるので、

Ethereum(イーサリアム)のトークンは凍結されます。

EOS(イオス)のトークン保有しているユーザーは7月1日までにEOS(イオス)のメインネットの登録を済ませないといけないので

気をつけておきましょう。

EOS(イオス)がメインネットローンチによるメリット

EOS(イオス) メインネット ローンチ 7月4日

EOS(イオス)は独自のネットワークを立ち上げることにより、送金手数料は無料となり取引処理能力も上がります。

Ethereum(イーサリアム)は1秒あたり15トランザクションですが、

EOS(イオス)のブロックチェーンでは、1秒あたり100万トランザクション以上の取引処理が可能なります。

EOS(イオス)のコンセンサスアルゴリズムは、Delegated Proof of Stake(DPoS)を採用しており、

スーパーノードと呼ばれる特定のマイナーにより取引処理作業を行います。

DPoSのネットワークとは、スーパーノードがトークンホルダーの投票券を買収して、

自身が多く取引処理を行えるよう策を講じるのではとの懸念もあります。

DPoSはBitcoin(ビットコイン)のような非中央集権のネットワークではなく、いわば効率性を重視した半非中央集権のネットワークです。

EOS(イオス)のスーパーノード数は21となっています。

取引処理をおこなうスーパーノードは21ブロックごとに変化してその都度どのスーパーノードが取引処理を行うのか

トークンホルダーが投票して決定します。

スーパーノードはブロックチェーンに新しいブロックを追加すると新規発行のトークンを報酬として受取が可能です。

EOS(イオス)のスーパーノードになるために50を超えるマイニングプールが立候補中!?

EOS(イオス) スーパーノード Antpool(アントプール)

現在、EOS(イオス)のスーパーノードになるために50を超えるマイニングプールが立候補中です。

スーパーノードはEOS(イオス)のコミュニティにより選ばれます。

候補者は自身がどれだけEOS(イオス)のネットワークに貢献できるかをアピールする必要があるようです。

ちなみにジハンが率いるアントプールもスーパーノードの候補の一つです。

スーパーノードになるためには効率よく取引処理を行えるだけの大量のハードウェアが必要になります。

海外大手の仮想通貨取引所がEOS(イオス)を全面的バックアップ

EOS(イオス) Binance(バイナンス) Bitfinex(ビットフィネックス)

EOS(イオス)のネットワークには未知数な部分がありますが、

海外大手の仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)やBitfinex(ビットフィネックス)はEOS(イオス)を全面的にサポートをすると表明しています。

海外大手の仮想通貨取引所がバックアップしていますし、今後のEOS(イオス)の期待度が高いですね。

EOS(イオス)のメインネットローンチにより高騰し時価総額5位に浮上!?

EOS(イオス) メインネット ローンチ 高騰 時価総額 5位

EOS(イオス)のメインネットローンチにより高騰し時価総額5位に浮上しています。

EOS(イオス)は日本円で2245円程度です。前日比+13%の高騰中です。

https://coincap.io/EOS

まとめ

EOS(イオス)の勢いが非常にすごいですね。

EOS(イオス)はICO後上場直後に持っているので非常に期待のできる銘柄の1つだと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE