FX-EA System Project
FX-EA System Project

【初心者必見】実は会社員よりもフリーランスや独立したほうがチャレンジしやすい!?

会社員 フリーランス 独立 チャレンジ 大学生&社会人

実は会社員よりもフリーランスや独立したほうがチャレンジしやすいということについてまとめてみました。

会社員とフリーランスや独立はどちらのほうがチャレンジしやすい!?

会社員 フリーランス 独立 チャレンジ

会社員とフリーランスや独立はどちらのほうが良いかですが、

一般的な考え方は、

会社員:大企業であれば挑戦して失敗したとしても収入に直結しないから大胆にいろいろなことをチャレンジできる

フリーランス独立:挑戦した失敗が収入に直結するから守りに入りやすいのでチャレンジできない

と思われるんですが、これは全くの逆なんですね。

なぜ逆なのかを説明していきます。

会社員よりもフリーランスや独立のほうがチャレンジしやすい!?

会社員 フリーランス 独立 チャレンジ

会社員

会社員は、失敗すると社内で信頼を失います。

すると、今後仕事などでも大きな企画を任されにくくなるので、必然的に出世や昇給に直結していくので、挑戦しにくいです。

フリーランスや独立

フリーランスや独立している人は、仕事を複数のプロジェクトに分散してリスクヘッジできます。

仮に失敗してたとしても、収入へのダメージも部分的でかつ一時的なので再度挑戦しやすいです。

つまり、会社員のほうが保守的に考えるので、

フリーランスや独立したほうが遥かにリスクヘッジできいろいろなことにチャレンジできます。

これからの時代はいかに自分でリスクを取っていけるか

リスク 許容度

やはり、これからの時代はいかに自分でリスクを取っていけるかが大切だと思っています。

FXなどでも資金管理で言われるのが、

『リスク許容度』

です。

このリスク許容度というのは、自分がどれだけのリスクを取ることができるかという指標です。

リスクとリターンは相対であると私は考えているので、リスクが取れない人というのは必然的にリターンもまったくないわけです。

つまり、自分がどれだけのリスク許容度が大きいかにより、多くのリターンを得ることができるということです。

もちろんリスクを取るということは、その分失敗なども増えます。

そのリカバリーが会社員よりも遥かにフリーランスや独立したほうが高いんですね。

これからの時代というのはいかにリスクを取っていけるかが非常に重要になってくると思います。

まずは小さいリスクを取れるようになる

リスク 許容度

とはいっても、いきなり一世一代の大博打をしろということではないです。

それは、あなたのリスク許容度を遥かに超えるからです。

まずは、あなた自身が抱えられるリスクの許容範囲で取っていくことが大切です。

もちろん失敗もしていきますが、その失敗も経験につながるので成功する確率は高くなっていきます。

リスクを取れば必然的にリターンも今まで以上に増えるので自分が取れるリスクも大きくなっていくわけです。

つまり、小さいリスクを取っていくうちにどんどんあなたは成長して大きなリターンも得ることができるようになるわけです。

まとめ

結局今の時代はリスクを取っていける人が強いです。

サラリーマンは何かチャレンジしても一度の失敗で評価が落ちるのでチャレンジしなくなり、必然的にリスクを取ろうとしなく

リスク許容度が低い人になってしまいます。

もちろん働き方や生き方は人それぞれだと思いますが、これから生き残るのはリスクを取れる人だということはお忘れなく。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE

タイトルとURLをコピーしました