〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【仮想通貨】分散型の社会がこれからの時代トレンドになる!?猿でもわかるように説明してみた

分散型社会 仮想通貨

今回は、分散型の社会がこれからの時代トレンドになる!?猿でもわかるように説明してみました。

中央集権と非中央集権(分散型)の違い

中央集権 非中央集権(分散型) 違い

中央集権とは、物事やシステムなどを支配や操作が可能な人物が一人または集団として存在しており、システムの基盤を

独断で操作できる権限を持つ人が1人以上いるシステムです。

そのシステムを利用している一般人や管理者ではないものは操作などに関わることができません。

非中央集権とは、システムの基盤を支配や操作ができる権力や権限が特定の人や団体に集中しておらず

分散している個人や全体がその役割を担うことです。

または、まったく権限を持つ人は存在せず、基盤のシステム自体がその役割を担うことです。

非中央集権(分散型)のメリット・デメリット

非中央集権(分散型)のメリット

・権威や権力が全員に権限が与えられる

・データやアカウントが共通化される

・イノベーションが促進される

非中央集権(分散型)のデメリット

・意思決定が遅い

・責任の所在が不明確

ブロックチェーンの技術は分散型である

分散型 blockchain(ブロックチェーン)

ブロックチェーンとは、インターネット技術の上に構築される価値交換の分散型のインフラ技術です。

分散型のインフラ技術とは、価値交換の仕組みを特定の事業者(例えば銀行や取引所)ではなく、

不特定多数により運営されるインフラ技術として実現されるということです。

インターネットが、世界中の様々な主体の連携により、世界規模での情報交換を可能にしたのと同じように、

ブロックチェーン技術は不特定多数の運営者の連携により、世界規模での価値の交換を可能にするものになります。

社会も中央集権から非中央集権(分散型)へとシフトする

分散型社会

現在の中央集権は、誰しもが同じ情報などを共有することができないです。

このような社会は、どこか一つに中心を作り、どこか一カ所に中心をつくり、

そこに情報を集めて誰かが代わりに指示を出す形が、最も効率的なアプローチの方法でした。

ですが、この情報を掌握し、全員に業務を命令することのできる「代理人」がこの時代は権力を握っていましたが、

情報の非対称性が崩れていくことで、分散型の社会へと移行する可能性が高いです。

分散型の社会では中心が存在しない社会システムであり、中央集権の社会のように代理人に情報を集約させなくても、

それぞれのノード同士ですぐに情報の伝達ができるのであれば、中心となるポジションが必要なくなります。

むしろ、中心に情報を集約させるほうが、コストがかかります。

非中央集権(分散型)の社会になることでこれまでつながっていなかったノード同士が相互に結びつくことで、

情報の中心であった代理人の力が徐々に失われていく可能性があります。

より個人と個人が結びつく社会へ進んでいきます。

プラットフォームのビジネスモデルは終わりを迎える

中央集権 非中央集権 プラットフォーム

プラットフォームとは、商品やサービス・情報を集めた「場」を提供することで利用客を増やし、

市場での優位性を確立するビジネスモデルです。

プラットフォームは中央集権的なビジネスモデルになりますね。

例えば身近な例で言えば、iPhoneなどのappStoreはプラットフォームです。

appStoreの売り上げのうちAppleが30%などを手数料としてとっています。

こうしたプラットフォームに依存する形はもちろん市場を独占できるので利益は大きいですが、

今後はこうした仲介手数料で稼ぐことは難しくなります。

ブロックチェーンの技術などでよく仲介業者をなくしたモデルがよくあります。

つまり、今後のトレンドはこうした仲介業者を排除する方向に進化していく可能性が高いので、

プラットフォーム最強時代は幕を閉じる可能性があります。

つまり、中央集権的なビジネスモデルは今後は非中央集権(分散型)へとシフトしていきます。

俺がルールという独占したルールを今後は世界全体での共通のルールへとシフトします。

これが、分散型の社会の一歩ですね。

 

分散型の社会では個人がどんどん輝きを増す

分散型 個人

プラットフォームは終焉を迎えれば既得権益はより分散されて個人に報酬が渡る可能性があります。

分散型の社会では誰しもが権威や権力の権限が与えられ市場がオープンな形になるのでイノベーションが起きやすいです。

例えばIOSやAndroidという枠組みをシームレス化してどの端末でも動くような分散型のモデルが生まれて

誰でも好きなようにアプリを開発できる環境が与えられれば優秀な人がどんどん面白いアプリを生み出していきます。

今でもPDFのファイルはIOSだろうが、AndroidだろうがWindowsだろうがMACだろうが開くことができますよね。

そうしたPDFのようなどの端末でも開ける共通したルールがもっと大きな規模で起きるので、

より個人がその共通ルールの元で輝く時代がくるのかなと思っています。

 

まとめ

今後、より中央集権型のモデルから非中央集権の分散型な社会へ構造がシフトする可能性があります。

分散型の社会になれば組織ではなく優れた個人がどんどん光る時代になっていきます。

既存の会社という組織形態や生き方まで全てが180°変わってくる社会になりますね。

ですが、それを望む人間と今の社会を守ろうとする人間とで反乱が起きると思います。

明治維新やフランス革命のように歴史をなぞれば起きる事象なんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました