FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】John Macfee(ジョン・マカフィー)が推奨する眠れる巨人と称している仮想通貨「DigiByte(デジバイト)」についてまとめてみた

DigiByte(デジバイト) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、John Macfee(ジョン・マカフィー)が推奨する眠れる巨人と称している仮想通貨「DigiByte(デジバイト)」についてまとめてみました。

DigiByte(デジバイト)とは

DigiByte(デジバイト)とは、ビットコインでも採用されたSegwit(セグウィット)が最初に採用された仮想通貨です。

このSegwitを採用したことでトランザクション速度(送金スピード)が上がっています。

通貨単位はDGBで発行総量は210億DGBです。

DigiByte(デジバイト)の特徴

・5つのアルゴリズム

DigiByte(デジバイト)の最も大きな特徴として言われるのは、『マイニングをするのに5つのアルゴリズムを採用している』点です。

・DigiShield

DigiShieldによりブロック生成の際に直前のブロック生成におけるハッシュレートからdifficulty調整を行うため、高すぎず低すぎない採掘難度を維持できます。

つまり、Bitcoin(ビットコイン)で懸念されるブロック報酬減少を低く抑えることができ半減期による価格下落リスクを下げることができます。

・Segwit(セグウィット)が最初に採用

egwit(セグウィット)が最初に採用通貨がDigiByte(デジバイト)です

・DIGUSIGN(ディグサイン)

DigiByte(デジバイト)はDIGUSIGN(ディグサイン)という、Ethereum(イーサリアム)のスマートコントラクトの機能も持っています。

医療・政府記録・法的書類・契約書などでの導入が考えられ、DigiByte(デジバイト)が仮想通貨以外での用途が非常に開かれており汎用性があるものだと言えます。

・トランザクション速度の拡大

DigiByteは2年ごとにブロックサイズを2倍にする特別なコードを導入しています。

2017年に560トランザクション/秒

2019年に1,120トランザクション/秒

2021年に2,240トランザクション/秒

2035年に280,000+トランザクション/秒

DigiByte(デジバイト)の概要

ティッカー: DGB

取引開始日:2014/01/12

承認アルゴリズム:Proof of Work(Scrypt / SHA-256 / Qubit / Skein / Groestl)

発行上限:21,000,000,000DGB

現在の流通量:約8,100,000,000DGB

ブロック生成サイクル:約15秒

John Macfee(ジョン・マカフィー)がDigiByte(デジバイト)を眠れる巨人と称した!?

John Macfee(ジョン・マカフィー) DigiByte(デジバイト)

John Macfee(ジョン・マカフィー)がDigiByte(デジバイト)を眠れる巨人と称しました。

John Macfee(ジョン・マカフィー)は、アメリカ合衆国のコンピュータプログラマでマカフィーの創業者です。

アンチウイルスソフトウェア・デザイン・ウイルススキャナ開発の先駆者になります。

DigiByte(デジバイト)の送金のスピード、マイニングシステム、アルゴリズムが優れていると評価しており、

現在、DigiByte(デジバイト)が高騰中です。

John Macfee(ジョン・マカフィー) DigiByte(デジバイト)

DigiByte(デジバイト)の公式サイト

DigiByte(デジバイト)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://www.digibyte.co/

まとめ

今後、もしかすると、注目を浴びてくる可能性があるので、DigiByte(デジバイト)の動向をチェックした方がいいですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE