FX-EA System Project
FX-EA System Project

【古株】匿名性と取引のスピードが売りの仮想通貨「DASH(ダッシュ)」についてまとめてみた

dash 仮想通貨 仮想通貨

今回は、匿名性と取引のスピードが売りの仮想通貨の

DASH(ダッシュ)についてまとめてみました。

DASH(ダッシュ)とは

DASH(ダッシュ)とは2014年1月に公開された仮想通貨で、

ダークセンド(Darksend)と呼ばれる匿名性の高いトランザンクション形式を使っていたことで、

当初はダーク(Dark)コインと呼ばれていました。

2015年に即時取引ができる「InstantX」という呼ばれる機能を導入したことによって

スタートダッシュなどで素早いイメージがあるDASH(ダッシュ)に改名されたと言われています。

ビットコインの21百万とほぼ同じの22百万で匿名性と取引時間のスピードの速さで人気があります。

取引のスピードの速さをBitcoin(ビットコイン)と比べると

ビットコインの送金には最短でも10分という時間を要します。

それに比べてDASH(ダッシュ)は1秒です。

DASH(ダッシュ)の特徴

DASH(ダッシュ)の特徴について説明していきます。

・取引のスピードが早い

DASH(ダッシュ)は、Bitcoin(ビットコイン)が送金の承認に10分近くかかるのに対して、

instantXという技術を採用しているので1秒以内に送金の承認ができます。

DASH(ダッシュ)は送金スピードが早く、ヨーロッパやアメリカでは決済手段として幅広く利用されています。

・匿名性

DASH(ダッシュ)は、MoneroやZcashと同様に高い匿名性が挙げられます。

Darksendという技術を用いており、誰から誰にどれくらい送ったのかがわからなくなっています。

非常に匿名性が高いことでも有名です。

・マスターノード

DASH(ダッシュ)はマスターノードと呼ばれる無作為の選ばれたマイナーに承認作業が行われます。

Bitcoin(ビットコイン)は、一番早くトランザクションの計算を行ったものが承認を行います。

DASH(ダッシュ)とマネーロンダリングの関係性

DASH (ダッシュ)は匿名性を重視していることによって

マネーロンダリングに利用される懸念もあります。

ただし、取引をあまり公開したくない企業間取引などではビットコインよりも有効な側面はあります。

なので、一概に「匿名性」=「悪い仮想通貨」と言うことではありません。

その懸念材料がこれからどうなるか期待出来る仮想通貨になります。

DASH(ダッシュ)は既に海外で利用されている

DASH(ダッシュ)は、承認スピードが早いインスタントセンド取引と言う即時決済方法を使います。

DASH(ダッシュ)のスピード決済により、

海外ではDASH(ダッシュ)で買うことの出来る自動販売機が存在してます。

飲み物の支払い方法は、自動販売機に記載されている、送金アドレスに送金するだけで完了します。

金額を間違えてしまってもDASH(ダッシュ)を返金してくれるシステムが導入されているのも安心です。

また、最近は

DASH(ダッシュ)は、Lamassu社と業務提携契約を行いました。

Lamassu社は仮想通貨専用のATMを提供している企業です。

Lamassu社は仮想通貨のATMで世界で30%のシェアを獲得している有名な企業です。

また、DASH(ダッシュ)に対応したATMは、

日本でも東京の西麻布や六本木にATMが設置されています。

そして、DASH(ダッシュ)を日本でも決済に採用している企業や店舗があるのです。

通販サイトのAmazonでもビットコイン同様にDASH 通貨でギフトカードが購入できるようになっています。

仮想通貨が現実の世界で現金同様にものすごいスピードで取引出来るようになっています。

DASH(ダッシュ)もその仮想通貨のひとつになります。

DASH(ダッシュ)の公式サイト

https://www.dash.org/

まとめ

DASH(ダッシュ)非常に実用性の高い仮想通貨です。

ですが、匿名性が高いことによって悪いことにまで利用できてしまうことが欠点なので、

この部分を解消することができれば益々DASH(ダッシュ)の価値は高騰する期待が持てます。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE