FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】今すぐ買うべきオススメのeSports(eスポーツ)系の仮想通貨の銘柄3選まとめ

今すぐ買うべき オススメ eSports(eスポーツ)系 仮想通貨 銘柄 仮想通貨

今回は、今すぐ買うべきオススメのeSports(eスポーツ)系の仮想通貨の銘柄3選についてです。

eSports(eスポーツ)とは

今すぐ買うべき オススメ eSports(eスポーツ)系 仮想通貨 銘柄

e-Sportsとはエレクトリック・スポーツの逆で、競技性の高いゲームの事です。

例えば格闘ゲーム、FPS、RTS、MOBAなどが概要します。

ただ、e-Sportsの定義はやや曖昧で、プロ競技として成立しているかどうかも重要だと考えます。

日本ではやっと格闘ゲームがプロ競技として成立するようになってきました。

Newzooはe-Sports市場が2020年までに15億ドルに達し,ブランドのスポンサーシップと広告をリードするとの見通しを発表しています。

それだけ大きな市場であるということです。

今すぐ買うべきオススメのeSports(eスポーツ)系の仮想通貨の銘柄1:unikrn(ユニコーン)

unikrn(ユニコーン)とは、esports(ゲーム)に特化したギャンブルプラットフォームになります。

なんと、アシュトン・カッチャーやマーク・キューバンそして、有名なSNSである、SnapchatやTwitterなども投資しているベンチャー企業です。

【ICO】esports(ゲーム)に特化したギャンブルプラットフォームの仮想通貨「unikrn(ユニコーン)」についてまとめてみた
今回は、esports(ゲーム)に特化したギャンブルプラットフォームの仮想通貨の unikrn(ユニコーン)についてまとめてみました。

今すぐ買うべきオススメのeSports(eスポーツ)系の仮想通貨の銘柄2:Global Open League(GOL)

Global Open League(GOL)とはブロックチェーン上に築いた分散型のトーナメントプラットフォームの仮想通貨です。

Global Open League(GOL)は24時間利用可能でバーチャルロビー内で対戦相手を探すこともできます。

Global Open League(GOL)は、

・リーグ・オブ・レジェンド

・Dota 2

・Counter-Strike: Global Offensive

・PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS

・Overwatch

などの人気タイトルを数多く取り揃えていく模様です。

これらのゲームをプレイすることによって,報酬であるGOLT(GOLトークン)が得られる仕組みになっています。

Global Open League(GOL)のメリットは、プレイヤーが信用でき完全自動化された透明性の高い分散型プラットフォームであることです。

AIの機会学習と統計的なアプローチのよりプレイヤーのマッチングが最適化されるようです。

また,ゲーム,eスポーツ,テクノロジーなど,さまざまな専門知識とネットワークを有するチームにより,

プラットフォームが管理されているのも特徴です。

Global Open League(GOL)がブロックチェーンを使う理由として仲介業さがなくマッチングが迅速で信頼性が高いところです。

さらに公開された検証可能な取引であること,詐欺を防ぐこと,機構の干渉を受けないことも独自のメリットです。

【仮想通貨】eスポーツのトーナメントプラットフォーム「Global Open League(GOL)」についてまとめてみた
今回は、eスポーツのトーナメントプラットフォーム「Global Open League(GOL)」についてまとめてみました。

今すぐ買うべきオススメのeSports(eスポーツ)系の仮想通貨の銘柄3:First Blood(ファーストブラッド)

First Blood(ファーストブラッド)とは、eSportsにおける、P2Pのゲームプラットフォームを提供する

ICOのプロジェクトになります。

First Blood(ファーストブラッド)はイーサリアムのブロックチェーン上の分散型データベースで構築されます。

First Blood(ファーストブラッド)でeSportsを行い際には、対戦相手とFirst Blood(ファーストブラッド)のトークンが必要になります。

ゲームに参加するユーザーは互いにFirst Blood(ファーストブラッド)のトークンをベットすることでゲームが開始されます。

最初のプレイ時にFirst Blood(ファーストブラッド)トークンを払い出せばそれ以降は、

ゲームプレイに対してFirst Blood(ファーストブラッド)トークンをベットする必要はありません。

その中でユーザーはユーザー自身に観戦者はそれぞれの結果にベットすることができます。

First Blood(ファーストブラッド)は将来的に他の仮想通貨を同じプラットフォーム上で取り扱っていきたいそうです。

Witnessノードがゲームの審判役になって勝者を判断して審判役の人には報酬が支払われます。

この際に、試合の結果に争いがみられる場合はJVPと呼ばれる陪審員制度で審議が行われ、どちらかの結果に投票されます。

このJVP審判役・陪審員役は無造作にランダムに選出され、審議結果が決定した後に報酬が支払われます。

【面白い】eSportsのゲームプレイのための仮想通貨「First Blood(ファーストブラッド)」についてまとめてみた
今回は、eSportsのゲームプレイのための仮想通貨「First Blood(ファーストブラッド)」についてまとめてみました。

 まとめ

eSports(eスポーツ)市場は日本ではまだあまり浸透していないですが、世界ではかなり盛り上がっているので

eSports(eスポーツ)市場が日本でどんどん浸透していけば面白いなと思っています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE