【仮想通貨】仮想通貨市場が全体的に暴落中!?理由は韓国の規制や禁止などによるもの!?情報についてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 暴落 1月11日 理由 韓国 規制 禁止

今回は、仮想通貨市場が全体的に暴落中!?理由は韓国の規制や禁止などによるもの!?情報についてまとめてみました。

現在仮想通貨市場が全体的に暴落中!!

仮想通貨 暴落 1月11日 理由 韓国 規制 禁止

現在仮想通貨市場が全体的に暴落しています。

これにより、新参者の人は慌てて売ったりなど、相場がパニック状態になっています。

韓国は仮想通貨全面禁止になる!?

韓国は仮想通貨全面禁止になるという情報から売りが強くなり相場が暴落している模様です。

韓国法務部が取引所を閉鎖する方針を明らかにしたことにより、企画財政部(日本でいう財務省)はパニック状態です。

理由としては事前通告や合意がなく突然発表されたことや、企画財政部は仮想通貨に税金を払わせる方案を検討しているためだといいます。

法務部の暴走がどうなるか注目ですね。

以下は本文の引用です。

[ソウル 11日 ロイター] – 韓国の朴相基(パク・サンギ)法相は11日、

仮想通貨の取引所取引を禁止する法案を法務省が準備していることを明らかにした。

これとは別に、警察・税務当局が今週、複数の国内大手取引所を脱税の疑いで捜索したことも明らかになった。

一連の発表を受けてビットコイン相場が急落するなど、内外の仮想通貨市場に混乱が広がった。

法務省によると、朴法相は会見で「仮想通貨を巡る強い懸念があり、法務省は基本的に、取引所を通じた仮想通貨の取引を禁止する法案を準備している」と述べた。

法務省の報道官は仮想通貨の取引禁止法案について、企画財政省や金融規制当局など他の組織と「十分な議論」を行った上で発表したと説明した。

法案が作成されても立法化には国会(定数297)で過半数の支持を得る必要があるため、成立まで数カ月あるいは数年かかる可能性もある。

韓国のビットコイン相場は法相の発言を受けて21%急落した。

ただそれでも他国の水準を30%近く上回っている。

ビットスタンプ取引所のビットコイン相場<BTC=BTSP>は一時10%超下落した。

株式市場でもビットコイン関連株の下げがきつく、

韓国最大のビットコイン取引所に出資するビデンテ<121800.KQ>とオムニテル<057680.KQ>はともにストップ安を付けた。

こうした中、韓国の警察・税務当局は今週、コインワンやビッサムなど複数の国内大手仮想通貨取引所を脱税の疑いで捜索した。

NHインベストメント・アンド・セキュリティーズの仮想通貨アナリスト、

Park Nok-sun氏は、韓国の仮想通貨市場でみられる群集行動を巡り懸念が高まっていたと指摘。

「取引を始める投資家がなお増える中、一部の当局者は一段の規制強化を求めている」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000045-reut-bus_all

韓国の仮想通貨全面禁止に対して金融委員会が否定!!

韓国の仮想通貨全面禁止に対して金融委員会が否定しています。

以下は本文の引用です。

韓国では全ての仮想通貨の取引きが禁止されるとの説が浮上したが、パニックになる必要はないようだ。規制当局はこの噂を否定した。

今回の騒ぎは、政府関係者が仮想通貨の禁止を“検討中である”との発言を引用した、地元メディアの報道を受けてのもの。

韓国では李洛淵(イ・ナギョン)首相が、若者たちが仮想通貨に熱狂する状況が好ましくないと指摘し、「この問題に目を向けるべきだ」と発言していた。

韓国の金融委員会(FSC)代表のChoi Jong-kuは、当局が仮想通貨の取引きの規制範囲について話し合いを行っていると述べた。

参加メンバーの中からは、過剰な規制が仮想通貨やフィンテックのイノベーションの阻害になると懸念する声もあがっているという。

ただし、Choiは仮想通貨の取引き禁止は、明確な法的根拠無しでは実現不可能だと明言した。

しかし、韓国では新規仮想通貨公開(ICO=Initial Coin Offering)は禁止されている。

また、今後は仮想通貨の取引所に対し、利用者の本人確認やマネーロンダリングへの利用防止策を義務づける措置の導入も検討されている。

ブルームバーグは「韓国ほどビットコインに熱狂する国はない」と報じた。

韓国でビットコインは他の諸国と比べ、20%以上の割高で取引されている。

https://forbesjapan.com/articles/detail/18924

韓国の仮想通貨全面禁止に対して現地報道は?

韓国の仮想通貨全面禁止に対して現地報道は、今回の問題に対して

仮想通貨の口座調査出当局。取引所閉鎖は事実上不可能だと回答しています。

政府が仮想通貨の過熱を防ぐために仮想通貨取引所を閉鎖することは不可能となり、

これは銀行法などを適用して閉鎖することができる法的根拠が不足しているからであるとのことです。

以下は本文を翻訳した内容です。

政府が仮想通貨の過熱を防ぐために取引実名制など規制策を打ち出しているが、事実上の仮想通貨取引所を閉鎖することは不可能となった。

政府と金融当局は実名制を導入していない所にペナルティを適用する方針だが、

正式な金融取引に認められなかった仮想通貨取引所を銀行法などを適用して閉鎖することができる法的根拠が不足するからである。

これにより、政府と金融当局の相次ぐ制裁が何の効果がない、むしろ仮想通貨影取引のみ量産することはないかという懸念の声も出ている。

■仮想通貨の口座特別検査

7日、金融監督院は8日から、銀行の仮想口座を介してこれら取引所の実名制システム点検に乗り出すと発表した。

システムが準備されていないところは、仮想口座廃止も検討する強度の高い検査である。

しかし、金融業界の一部では実名制システムを準備していない所も閉鎖は不可能だという指摘が出ている。

仮想口座を発行受けず振込みや現金取引などの方式を使用して仮想通貨を取引することができるからである。

実名制不履行などの理由で、仮想口座を発行受けなくても、振込みなど他の取引手段を確保すると、その取引所は引き続き営業が可能である。

振込みは、取引速度が遅いが、仮想通貨の取引は不可能ではない。

金融当局の関係者は、「仮想通貨の取引のチェックをして、問題を発見した場合でも、仮想通貨が金融商品として認定されていないため、

銀行法などを介して処罰することができる根拠が頂けない」とし

「実名制導入で銀行の仮想口座を開設していなくても、他の方法(振込みオフライン取引など)で事業を継続すると、これを防ぐ難しいのが現実だ」と語った。

■仮想通貨圧迫実効か

実名制を避け取引を進行する所への制裁が難しい場合は、未成年者取引防止などの成果も得る難しくなる公算が大きいという分析だ。

仮想口座を利用していない所は、仮想通貨購入の本人認証サービスが正常に行われず、未成年者を区分して賭け難しい。

中小型の仮想通貨取引所のオフライン取引拡大される場合、このような問題はさらに大きくなることがあるという懸念も出ている。

仮想通貨代金を現金でお支払いして、オンラインの財布を使用して仮想通貨を譲渡する方法を利用すれば、入金の手順で仮想口座を開設する必要がないからである。

法曹界は法務部が設けている「仮想通貨取引所閉鎖特別法」も無意味だと指摘した。

仮想通貨取引所を金融取引主体と認めなければなら各種義務を課すことができ、かキャンセルや閉鎖などの措置をとることができるというものである。

法務法人同人所属移動局弁護士は「仮想通貨取引所を開設する際に、最も基本となる仮想通貨公開(ICO)でさえも、法令にはない。

資金洗浄などを摘発しても、その個人を処罰することができるだけで、仮想通貨取引所を閉鎖したり、制裁できる法的根拠を見つけるのは難しい」とし

「現在、一般の通信販売業として登録された仮想通貨取引所を閉鎖。制裁することは現実的に不可能だ」と説明した。

http://www.fnnews.com/news/201801071730396554

韓国最大の取引所のBithumb に国税庁と警察が訪問!?

韓国最大の取引所のBithumb に国税庁と警察が訪問した模様です。

国税庁と警察が訪問したことを認めたものの

「警察は去年から複数回来るが理由として仮想通貨取引を提供しているからではなく、ギャンブルをしていると思っている」と述べています。

また「国税庁は手入れに来た訳ではない」と否定しました。

以下は本文を翻訳した内容です。

新しい報告書によると、韓国政府は、同国のビットコイン取引に対する動きを強化している。

ロイター通信は、今夜、BithumbとCoinoneが水曜日と木曜日に警察と税務当局に襲撃されたと報じた。

韓国で最大規模の2つの取引所の従業員を挙げると、報道機関の報道によると、脱税疑惑の捜査の中で、当局は事務所を訪れたという。

Coinoneのある従業員は、「地元の警察も昨年から捜査を行っていたが、犯人が賭博だと考えている」と述べた。

従業員は交換所が調査に協力していると述べた。

Bithumbの代表はCoinDeskへの電子メールで、彼らが韓国税務当局に会ったことを確認した。

「国税庁がBithumbを訪問したのは事実だが、警察に襲われたわけではない」と述べた。

これとは別に、 韓国の司法省が、全国的な取引を完全に停止するための法案を準備する動きをしていると報じた。

「法務省は、バーチャルマネーブローカー自体を違法とみなし、完全に取引を終了し、

今週の本格的な省庁の討議を開始する予定の法案を作成する」と、翻訳によると、

その後のロイター通信の報道によると、法務省は法案が発効すると述べた。

「バーチャル通貨に関する大きな懸念があり、司法省は、

基本的に、交換を通じて暗号化取引を禁止する法案を準備している」と朴相基(パク・サンギ)は述べた。

このニュースは、韓国の監督当局による暗号交換スペースに適用される厳しい監視の重要な拡大を表しています。

今週初め、金融情報院と金融監督院は、無名の銀行6社 に対して、マネーロンダリング対策と顧客の知的財産に関する規制の遵守を検査していると発表した。

政府は昨年12月、匿名取引を抑制する動きなど、取引所での貿易量が増える中で、より厳しい監視を加えると宣言していた。

韓国の交換は、他の市場で見られる価格よりもずっと高い価格を一貫して見てきました。

実際、この週の初めに、ある普及しているデータサービスによる論争の的な変化が、その国の取引所の一部をその暗号侵害価格平均から除外し始めた状況がある。

https://www.coindesk.com/south-korea-reportedly-expands-crackdown-bitcoin-exchanges/?utm_content=bufferaddc5&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

まとめ

全体的に冷え込むとは思いますが、また回復してくると思います。

それまで耐えられるかどうかがガチホ勢のグリップの見せ所ですね!!

私は、どっちにしろ含み益なので、問題ないですのでひたすら持ち続けます。

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に4450名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE