ネットビジネス極めるならコピーライティングを学べ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コピーライティングのスキルは商品を売りたい。

このコピーライティングこそ爆発的に売るために欠かせない要素になります。

 

コピーライティングやキャッチコピーと呼ばれるスキルが、

商品の販売においてどれほど重要かは、急成長を遂げた企業を見てみると明らかです。

 

・ドミノピザ:「30分で届かなければ代金はいただきません!」

・マスターカード:「お金で買えない価値がある、買えるものはマスターカードで」

・ニトリ:「お、値段以上。」

 

不思議な事に急成長を遂げた企業は他社に比べて、

圧倒的に良い商品を持っているという訳ではないんです。

 

なのになぜ飛び抜けて圧倒的に売れるようになったのか?

理由はひとつだけ、セールス力が飛び抜けてうまいからです。

 

時間があれば、成長している会社の広告やチラシなどを集めてみてください。

そしてよ~く観察してみると、単純に購買意欲を刺激される感覚が、他社の倍以上に感じるから面白い。

 

つまり、単純にコピーライティングがハンパ無く巧いんです。

 

今日ご紹介するのは、そんなコピーライティングの技術です。

あなたが「多くの人に使ってもらいたい!」と心から思っている商品を持っているのに、

売上が伸び悩んでいるのならお役に立つはずです。

コピーライティングとは、簡単に言ってしまえば「言葉の力」です。

文章力だけでどれだけの人に興味を持ってもらえるか、コピーライティングで振り向かせることができるか・・・

また、どれだけ多くの人に商品を買ってもらうことができるか。

 

購買意欲をかき立てる事が出来るかを決めるのがコピーライティングの能力です。

今までに雑誌の広告や新聞の折込、通販のチラシなどを見ているうちになぜか商品が欲しくなったことはありませんか?

また、テレビのCMやweb上で流れてきた映像を見ているうちに、

「今度あの店に行ってみよう」と思ったことが一度や二度だけではなく数えきれないほどあったと思います。

 

文章や音声、映像の違いはありますが、どれも「言葉の力で人を行動させる」という意味では全てコピーライティングになります。

映像は言葉や音楽より10倍以上の情報量を伝えられると言われていますが、

途中に流れるテロップの力は知らず知らずのうちにあなたに大きな影響を与えています。

 

コピーライティングをマスターして使いこなせるようになれば、ビジネスでもそれ以外でも大きなメリットがあります。
例えば学生の場合、サークルに新入生を集めるためにチラシを配ったり、学園祭などで多くの人を集めるのに役立ちますし、

ビジネスなら他社との差別化を図る効果を、わざわざ説明するまでもないでしょう。

 

もしかしたら好きな人にメールを送ってアプローチする時など、

どれも文章によって相手に行動を促そうとします。

基本的にメールで文章のやり取りをするビジネスでは、

メール一本で相手をクロージングする事も不可能ではありません。

文章で人を動かすスキルはどこに行っても必須の能力となりますね。

 

特にネットの世界では基本的に「文章」か「話し」の二種類しかありません。

映像も画像も、写真一枚では言いたい事は伝わりませんからね。

つまり、コピーライティングをマスターすればネットビジネスでは何でも出来てしまいます。

なにより、文章を直せば商品の売上が10倍以上変わり、集客も出来て商品まで売ることができます。

 

コピーライティングという言葉はとても難しい技術のように聞こえますが

実どこにでもある、ありふれたかなり身近な存在なんです。

前置きが長くなりましたが、早速コピーライティングを学ぶ上で、

どのようなコピーライティングがあるかを確認していきましょう。

コピーライティングには、基本的に2種類に分けられます。

モノを売るためにコピーライティングと、イメージを伝えるコピーライティングです。

 

モノを売るために使うコピーライティングを【セールスコピー】

イメージを伝えるコピーライティングを【イメージコピー】と言います。

 

セールスコピーとは言葉の通り営業トークです。

例えばドミノピザのキャッチコピーをもう一度ご覧ください。

 

見ましたか?

一瞬で内容が分かる、お客様の問題を解決する言葉がセールスコピーです。

ピザの配達は時間がかかるという「いらだち」をわずか3秒で解決してしまいました。

 

では、イメージコピーは何か?

マスターカードがイメージコピーの例になります。

 

「お金で変えない価値がある。」確かにその通りです。

このまでは良くある気づきみたいなものです。

 

そこに「買えるものはマスターカードで。」という言葉が入る事で、

買い物をする際はマスターカードが便利ですよというイメージを植え付けようとした訳です。

モノを売るコピーライティング【セールスコピー】

先ほども言いましたが、言葉の通りモノを売るためのコピーライティングです。

セールスコピーとも言われ、一般的には縦長のランディングページに用いられる事が多いですね。

イメージコピーとは違い直接の反応が求められる場所、通販サイトなどで必ず使われるものです。

 

商品を売るなら必ず伝えないと行けない事がありますが、

如何でコピーライティングを行う上で絶対に必要な3要素を書いておきます。

 

商品の特徴を説明する

商品には必ず特徴があります。

一般的な特徴からその商品独自の特徴などを説明します。

 

アドバンテージをしっかり書く

アドバンテージとは、簡単に言えば効果・効能のことです。

商品のもつ特徴によって、どんな効果があるのかをコピーライティングで示す必要があります。

分かりやすい商品なら深く説明する必要はあまりありませんが、

使い方や効能が特殊、新しすぎるものに対してはライティングで十分な説明がいるでしょう。

 

分かりやすいベネフィットを示す

ベネフィットとは、お客さんにとってメリットとなる結果のことです。

その商品の特徴によって 「購入した結果どうなるのか?」

「結果どんなメリットがるのか?」「生活がどう変化するのか?」「問題がどう解決しどう変わるのか?」

ということをライティングで説明しているのがベネフィットです。

 

覚えておく事としては、お客さんは決して特徴を買っているわけないということです。

お客さんが欲しいのはベネフィットであり、その特徴がもたらしてくれる結果・変化になります。

 

なので、まずはともかくベネフィットをアピールしましょう。

特徴しか記載していない広告やコピーライティングより、

ベネフィットのアピールに書き換えるだけで反応が向上します。

 

 

■イメージを伝えるコピーライティング

イメージコピーはセールスコピーとは逆に、面白く、鮮やかな言葉で読者の注意を集め、

広告する商品の良いイメージを広める為に使われます。

 

一般的にコピーライティングと言われてイメージするのは、こっちのイメージコピーの方だと思います。

イメージコピーは広告から直接の反応(購入など)を必要としない、ブランディングに使われます。

 

華やかさもありますし、見ていて考えさせられる物があるので、

不思議と記憶に残るキャッチコピーが多いですね。

 

街中の看板などに使われているのは、大体イメージコピーになります。

 

イメージコピーの代表的な人をあげるなら、糸井重里さん。

あの大ヒットのジブリ作品、魔女の宅急便の『おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。』とかが有名ですね。

 

他にも、ジブリ映画で知らない人はいない

「となりの・・・」ときたら何を思い浮かべますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、「山田君」ですね!

すみません「トトロ」です。

 

 

「そうだ。◯◯」     →  京都行こう。

「暮らし感じる、◯◯」  →  変えていく。

「全部◯◯」       →  雪のせいだ。

 

などもイメージコピーとして記憶に残っていませんか?

 

このように、コピーライティングに2種類のコピーが存在し、

それぞれ混同しないように使い方を分ける必要があります。

 

どちらか一方しか使わないのでは無く、

ブランディングを意識したときと、販促につなげたいとき。

コピーライティングは使うタイミングで分けてみましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

*