人の感情を揺さぶるコピーライティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人の感情を揺さぶり、行動を起こさせるコピーライティング。

今、ビジネスの大小を問わず必要とされている技術ですが、残念ながら、

難関大学の経済学部でも学べませんし、大手企業の研修で学べるものでもありません。

ほとんどの人が独学で、また、手探りで学んでいるのが現状です。

私の経験からいうと、優れたコピーが書ける人は、文章を書くスキルはもちろん、

セールスやマーケティング、社会心理学、行動経済学など、幅広い知識をもっています。

つまり、セールスライティングの腕を磨くには、

幅広く学ぶことが重要になるのですが、山ほどある専門書を見て、

「さて、何から読めばいいのか?」

と、手に取るべき一冊を選べずに困った経験のある人も多いでしょう。

セールスライティングを学ぶポイントは、大きく分けて3点。

・コピーライティング(どうやって、商品を魅力的に伝えるか?)

・マーケティング(どのように売れる市場を見つけ、見込み客を集めるか?)

・購買心理(どうすれば、「今すぐ欲しい!」と思わせられるか?)
これらをバランスよく学ぶことです。

コピーの世界では、海外のノウハウを盲目的に信仰している傾向もありますが、

私は、とてもこれが正解であるとは思えません。

なぜなら、海外から輸入された「効果実証済み」と言われるノウハウが、

日本でくり返しテストされ続けたノウハウに及ばなかった事例も見てきたからです。

このような経験から、新しいもの、輸入されたもの、古典、

日本独自のもの、すべてから学ぶことが大切であると考えています。

ノウハウの源流を学ぶことが重要であることに疑いの余地はありませんが、

知識が片寄ることでバイアスにとらわれてしまうのが、一番よくありません。

「この人から学べば、他はいらない!」

「この本だけ読んどけば、もう完璧!」

そんなことは、決してあり得ないのです。

もしあなたが一からコピーライティングを学びたいのであれば

LINE @GXA0299Lまで

連絡してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

*