FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Coincheck(コインチェック)が2月13日に日本円の出金再開!?金融庁がGMOコインとZaifに立ち入り!?情報についてまとめてみた

Coincheck(コインチェック) 2月13日 日本円 出金 再開 仮想通貨

今回は、Coincheck(コインチェック)が2月13日に日本円の出金再開!?金融庁がGMOコインとZaifに立ち入り!?情報についてまとめてみました。

Coincheck(コインチェック)が2月13日に日本円の出金再開!?

Coincheck(コインチェック)が2月13日に日本円の出金再開するという情報が入りました。

以下は本文の引用です。

大手取引所の「コインチェック」で巨額の仮想通貨が流出した問題で会社は、

顧客から預かっている資産のうち「日本円」の引き出しについてはシステムの安全性が確保できたとして来週13日にも再開する方針を固めました。

一方、被害者への補償の時期や、顧客から預かっている「仮想通貨」の引き出しのめどは依然として立っていません。

大手取引所の「コインチェック」では、先月26日、外部からの不正なアクセスで580億円相当のNEMと呼ばれる仮想通貨が流出しました。

これを受けて会社は、顧客から預かっている「日本円」と「仮想通貨」の引き出しや、

ビットコインを除く仮想通貨の売買を停止し、原因の究明やシステムの安全確認などを進めています。

こうした中、関係者によりますと、「日本円」の引き出しについてはシステムの安全性が確保できたとして、来週13日にも再開する方針を固めました。

利用者はコインチェックに開設した口座に「日本円」を預け、

それを元手に「仮想通貨」を売買する仕組みになっていますが、流出問題が起きて以降、預けたお金を突然、出金できなくなる状態が続いていました。

ただ、「仮想通貨」の引き出しや売買については、

多くの種類の仮想通貨を扱っていることなどからシステムの安全性の検証にまだ時間がかかるとして再開のめどは立っていません。

また、焦点となっている被害者への補償時期も依然としてめどが立っていないということです。

コインチェックは、先月29日、金融庁から業務改善命令を受け、再発防止策などをまとめた報告書を来週13日までに提出することにしていて、

この中で、被害者への補償などについて今後の方向性をどう示すかが注目されます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180209/k10011321801000.html

要点まとめ

・日本円の引き出しは13日にも再開

・補償時期、仮想通貨の引き出し、売買再開のめどは立たず

・再発防止策などをまとめた報告書を2/13までに提出

金融庁がGMOコインとZaifに立ち入り!?

現在、金融庁がCoincheck(コインチェック)以外の取引所でも立ち入り検査をするようです。

以下は本文の引用です。

金融庁は8日、取引所「コインチェック」での仮想通貨「NEM(ネム)」の巨額流出問題を受け、資金決済法に基づき、

国内のすべての仮想通貨取引所への立ち入り検査を検討していることを明らかにした。

コインチェックには2日から立ち入り検査を始めており、

新たな対象は金融庁の登録業者と登録審査中の「みなし業者」計31社。

セキュリティーや財務内容などを詳細に調べることで、仮想通貨取引所全体の管理体制強化につなげる。

金融庁は8日、大手で登録業者の「テックビューロ」(大阪市西区)と「GMOコイン」(東京都渋谷区)に職員を派遣し、立ち入り検査に着手した。

昨年9月の登録時にテックビューロはネムやビットコインなど15種、

GMOコインはイーサリアムなど5種の仮想通貨を取り扱うとしていた。週明けからは検査官が常駐し本格的に調べる。

金融庁は1月29日、コインチェックに業務改善命令を出し、2月2日に立ち入り検査を始めた。

コインチェック以外の31社には2日を期限に説明を求める報告徴求命令を出していた。

https://mainichi.jp/articles/20180209/ddm/001/020/161000c

まとめ

日本円は出金できそうですね。

ですが、一斉に出金した時に間違いなくごった返すと思います。

あとは、Coincheck(コインチェック)の公式声明ではないので、おそらく今後同じアナウンスがされると思います。

早く取引を再開して欲しいです。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE