〜1000人限定でFXの自動売買のEAプレゼント中〜

【仮想通貨】Coincheck(コインチェック)がいつ営業再開するか予想してみた

CoinCheck(コインチェック) 営業再開 めど 暗号資産

今回は、Coincheck(コインチェック)がいつ営業再開するか予想してみました。

Coincheck(コインチェック)の抱えている問題点1:資金提携先

おそらく、Coincheck(コインチェック)は今回日本円を出金して現金がさほどないと思います。

つまり、資金提携先が決まらないことには営業再開は困難であるということです。

ですが、金融庁もCoincheck(コインチェック)は潰そうとは考えてはいなく、

資金提携先を早く見つけることが顧客保護に繋がっていくと考えていると思います。

なので、営業再開するのは、Coincheck(コインチェック)の資金提携先が見つからない限り

難しいと思います。

Coincheck(コインチェック)の抱えている問題点2:セキュリティ問題

今回、Coincheck(コインチェック)は金融庁から改善命令を受けました。

その中で、一番重要なのが、セキュリティ問題だと思います。

このセキュリティ問題を技術的に克服しなければ、営業再開は難しいと思います。

Coincheck(コインチェック)の抱えている問題点3:金融庁の認可

Coincheck(コインチェック)はもともと、金融庁の仮想通貨交換業者の申請を出してはいますが、

まだ、認可が降りていません。つまり、この問題も解決しないことには、営業再開は厳しいですね。

Coincheck(コインチェック)は倒産したくてもできない状況

Coincheck(コインチェック)自体は倒産をしたいと個人的には思っていると思います。

ですが、現状金融庁も張り込んでいたりなど顧客保護も最優先されていることから

強制的な営業再開をさせられている状況です。

Coincheck(コインチェック)のハッキングで被害にあったユーザーからしてみれば、良いことですが、

Coincheck(コインチェック)自体は結構大変だなと思っております。

Coincheck(コインチェック)の資金提携によりベンチャーではなくなりそう

Coincheck(コインチェック)はベンチャーでありましたが、今回の資金提携により

柔軟な経営は行えなくなるのかなと思っております。

大手メガバンクなども仮想通貨の取引所は喉から手が出るほど欲しいものだと思います。

結局は、大手の食扶持にCoincheck(コインチェック)はされてしまうのが未来的に容易に考えられます。

逆にいえばCoincheck(コインチェック)はこの3つの問題さえ解決できればスタートできる

逆に言えば、Coincheck(コインチェック)はこの3つの問題を解決すれば、営業再開すると思います。

確かにハードルは高いですが、問題を解決するために頑張っているので、温かい目で見てあげましょう。

まとめ

Coincheck(コインチェック)は私も被害者なので、なんとか早急な対応をして欲しいと思います。

個人的には目処は8月あたりに再開できるんじゃないのかなとは思っています。

タイトルとURLをコピーしました