FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】今回のCoincheck(コインチェック)のハッキングした国は〇〇!?補填が88円な理由とは?補填に税金はかかる?情報についてまとめてみた

Coincheck(コインチェック) ハッキング 補填 仮想通貨

今回は、今回のCoincheck(コインチェック)のハッキングした国は〇〇!?補填が88円な理由とは?補填に税金はかかる?情報についてまとめてみました。

Coincheck(コインチェック)のハッキングした国の有力候補

Coincheck(コインチェック) ハッキング 国

Coincheck(コインチェック)のハッキングした国の有力候補ですが、

・ロシア

・北朝鮮

この2つが有力候補に上がります。

特に北朝鮮などが一番考えられますね。

もし、北朝鮮に核ミサイルのテロとして資金が流れたとすると、世界各国で日本の大バッシングが考えられます。

そうなると、為替と株価が暴落する可能性も考えられます。

北朝鮮の一発あたりのミサイル発射の費用は数億〜数十億円ぐらいなので、

ミサイル数十発〜数百発分相当が流出したことになりますね。

Coincheck(コインチェック)のハッキングの填が88円な理由

Coincheck(コインチェック) ハッキング 補填

Coincheck(コインチェック)のハッキングの補填が88円な理由ですが、

1XEMあたり88.549円だと総額は460億円ほどです。

つまり返ってくるのは不正送金前の約8割ということになります。

では、残りの2割は?と疑問になりますが、これがもしかすると営業再開のための資金としてこの2割が当てられるのではないかと予想がつきます。

これをどう捉えるかは各々の判断ではありますが、営業を再開させるために仕方ないことなのか、それともしっかり支払うのが筋だと考えるのか。

難しい判断ですね。

Coincheck(コインチェック)は買い手先を探している?

Coincheck(コインチェック) ハッキング 補填

Coincheck(コインチェック)は買い手先を探していると思います。

この現状をCoincheck(コインチェック)のみで打破するのは不可能だと思います。

となると、考えられるのは、bitflyer(ビットフライヤー)などの取引所だったり、

銀行系の大手メガバンク、もしくはIT企業のSBIやソフトバンクなどですね。

金の卵ではありますが、問題が山積みなので買い手先などは見つかりにくいかもしれませんね。

Coincheck(コインチェック)のハッキングの填に税金はかかるのか?

Coincheck(コインチェック) ハッキング 補填 税金

Coincheck(コインチェック)のハッキングの補填に税金はかかるのかは多くの人が考える部分ですが、

日本円での補填は課税対象になります。

つまり、利確したことと同じになり確定申告で雑所得もしくは事業所得になります。

もし仮に、税金が払えない場合でも、控除や救済処置はありません。

これは、かなり大きな問題になると思います。

まとめ

これは正式な答えではなく、あくまで私の推測になります。

それを理解しておいてください。

ですが、そういったことも考えられるというのも無きにしも非ずなので、今後の動向次第でCoincheck(コインチェック)だけの問題ではなく、

国全体での大きな問題にも繋がる可能性はあるので、そういったことも念頭において情報などもチェックする必要がありますね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE