FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】20万DL越えの仮想通貨アプリ「コイン相場」がブロックチェーンベースのアプリ内トークンを発行!?情報についてまとめてみた

コイン相場 アプリ トークン 発行 仮想通貨

今回は、20万DL越えの仮想通貨アプリ「コイン相場」がブロックチェーンベースのアプリ内トークンを発行!?情報についてまとめてみました。

コイン相場とは

コイン相場とは、日本発のICO検索エンジン「COIN JINJA(コイン神社)」が提供しているアプリになります。

コイン相場は、仮想通貨取引に関する主要な機能を網羅しているアプリになります。

仮想通貨関連のアプリでは2位にランクインして、

仮想通貨取引所の公式アプリを除く仮想通貨ツールアプリでは1位にランクインしています。

かなり使い勝手の良い、アプリです。

私も個人的に愛用をしています。

IOS→ダウンロード

Android→ダウンロード

20万DL越えの仮想通貨アプリ「コイン相場」がブロックチェーンベースのアプリ内トークンを発行!?

20万DL越えの仮想通貨アプリ「コイン相場」がブロックチェーンベースのアプリ内トークンを発行しようと企画しているようです。

今回のトークンは、プロダクトとユーザーの関係性の再構築を企図しています。

これまでのプロダクトとユーザーの関係性は、経済的な恩恵は基本的にプロダクト側が享受して、

プロダクトがもたらす利便性をユーザーが享受するような限定的な関係性がありました。

今回、トークンを活用することで、この垣根をなくして、プロダクトの成長がユーザーに対して経済的な側面と

利便性の両方を持たらす仕組みを実現します。

コイン相場が作るトークンエコノミーとは

コイン相場が作るトークンエコノミーは仮想通貨取引に対して興味や関心や情熱を持っている人に対する

コミュニティとも言い換えられます。

ユーザーがプロダクトの成長に対して意図的にもしくは、み意識にとった行動がトークンとして還元されて、

このトークンの価値の最大化やプロダクトの成長が、プロダクトの運営側にとってもユーザーにとっても価値のある

win-winの状態を作ります。

これは、今ままでの会社の形態に対する新しいプロダクトのあり方を持たらす挑戦ですし、

それと同時に、資本家に利益を還元することが目標となってしまう、企業の現在の仕組みを変える試みにもつながります。

資本家、会社、ユーザーの3者が役割がより曖昧になる一方で、トークンの価値の工場という共通の目的に向かっているコミュニティを

形成します。

コイン相場が作るトークンの実装などは?

 

コイン相場が作るトークンの昨日実装については、3月の中旬をめどにリリースを実施する予定だそうです。

コイン相場がこれまで平均週二回のアップデートを繰り返してきた開発スピードを生かして

随時機能追加を繰り返していくようです。

まとめ

トークンエコノミーは新たな経済圏を作っていくと思うので、こうした働きは非常に楽しみです。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE