FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】スマートコントラクトにおける技術上の課題を解決することを目的にした仮想通貨「ChainLINK(LINK)」についてまとめてみた

ChainLINK(LINK) 仮想通貨 仮想通貨

今回は、スマートコントラクトにおける技術上の課題を解決することを目的にした仮想通貨「ChainLINK(LINK)」についてまとめてみました。

ChainLINK(LINK)とは

ChainLINK(LINK)とは、Smart Contract社が開発しているブロックチェーンのミドルウェアの仮想通貨になります。

このミドルウェアであるChainLINK(LINK)を利用することで、イーサリアムなどの様々スマートコントラクトをオフチェーンの

外部リソースと繋ぐことが可能になります。

現在は、イーサリアム、ビットコイン、Hyper Ledgerの3種類のスマートコントラクトに対応したChainLINK(LINK)が開発されています。

ChainLINK(LINK)をざっくり説明すると、ブロックチェーンに繋がれていないもの同士をChainLINK(LINK)を利用することで

繋ぐことができ、ブロックチェーンをより活躍できる幅が広げることを目的にしています。

既存のブロックチェーンを新たに作るのではなく、ChainLINK(LINK)を使って拡張することでより利便性が追求されます。

ChainLINK(LINK)の特徴

・スマートコントラクトにおける技術上の課題を解決することを目的にした仮想通貨

・LINKネットワークを利用することで外部のデータへアクセスやオフチェーンでの支払い、API機能を安全に提供できる

・Swift(国際銀行間通信協会)と提携している

ChainLINK(LINK)のLINKネットワーク

ChainLINK(LINK)を利用して形成されたネットワークをLINKネットワークと呼びます。

このLINKネットワークは外部のデータへアクセスやオフチェーンでの支払い、API機能を安全に提供できる

などの特徴をもち分散型Oracleネットワークになります。

このLINKネットワークを利用する人はLINKトークンと引き換えにスマートコントラクトに直接提供できるようになり、

開発者として特定のAPIを使用してノードオペレーターになればLINKトークンをもらうことができます。

ChainLINK(LINK)はSwift(国際銀行間通信協会)と提携している

ChainLINK(LINK)はSwift(国際銀行間通信協会)と提携していることも特徴の一つです。

2016年のSibosをきっかけにSwiftと契約を結び、

SmartContract社とSWIFTがChainLINK(LINK)を使ってブロックチェーンの実証実験をし成功しました。

 

今後、Swift(国際銀行間通信協会)の提携によりChainLINK(LINK)の活躍がどんどん大きくなる可能性がありますね。

ChainLINK(LINK)の公式サイト

ChainLINK(LINK)の公式サイトは下記のリンクになります。

https://www.smartcontract.com/link

ChainLINK(LINK)のホワイトペーパー

ChainLINK(LINK)のホワイトペーパーは下記のリンクになります。

https://link.smartcontract.com/whitepaper

まとめ

ChainLINK(LINK)は私も保有していますが、こうしたブロックチェーンをメインで計画された企画は

今後将来的に需要が高くなると考えています。

まだまだ日本に浸透していない銘柄なので、先回って購入するのも良いと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE