FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】インドネシア中央銀行やメトロポリタン銀行、ウクライナが仮想通貨に対して規制や禁止を呼びかけ!?情報についてまとめてみた

インドネシア中央銀行 メトロポリタン銀行 ウクライナ 仮想通貨 規制 禁止 仮想通貨

今回は、インドネシア中央銀行やメトロポリタン銀行、ウクライナが仮想通貨に対して規制や禁止を呼びかけ!?情報についてまとめてみました。

インドネシア中銀が仮想通貨売買を行わないよう国民に呼びかけ!?

インドネシア中銀が仮想通貨売買を行わないよう国民に呼びかけしている模様です。

以下は本文を翻訳した内容です。

インドネシアの中央銀行であるインドネシア銀行が13日、プレスリリースの中で、インドネシア国民に向けて仮想通貨の売買をしないよう呼びかけた。

同声明によると、インドネシアでは仮想通貨による決済は認められていない。

同行は昨年9月にもビットコインを決済手段として見なさないとし、これを受けた同国仮想通貨取引所のビットバヤールとトコビットコインが自主閉鎖していた。

インドネシア銀行は仮想通貨がマネーロンダリングとテロ金融に悪用される可能性を懸念している。

「仮想通貨はバブルになるリスクが高く、マネーロンダリングとテロ金融にも使用されやすい。

金融システムの安定に影響を及ぼしたり社会に金融的ダメージをもたらす可能性がある。」

現状インドネシアにおいてビットコインは正式に禁止されているわけではないが、今回のインドネシア中銀による声明はこれまでよりも厳しいスタンスをとっている。

現在一部の国では仮想通貨の売買を違法とする動きがみられる。

アルジェリアでは今年、同国内での仮想通貨の所有や取引を違法とする金融法が通過する可能性がある。

また今月に入ってからもエジプトの最高イスラーム法官である

シャウキー・アッラーム氏もイスラム法の見地とマネーロンダリングとテロ金融への懸念を根拠にビットコインを違法としている。

https://jp.cointelegraph.com/news/central-bank-of-indonesia-warns-against-all-cryptocurrency-use-cites-high-risk

メトロポリタン銀行が仮想通貨関連する電信送金を即座に停止すると発表

メトロポリタン銀行が仮想通貨関連する電信送金を即座に停止すると発表しています。

以下は本文を翻訳した内容です。

メトロポリタン・バンク・ホールディング・コーポレーションは、幅広い影響を持つ動きの中で、

フォーチュンの報告書によれば、すべての暗号違反関連の電信送金を即時に停止した 。

この情報は、銀行が「すべての国際暗号化関連電信送金を中止する」と通知されたメトロポリタン顧客の声明から来たものです。

この決定は、暗号侵害産業にとって非常に重要です。フォートゥンによると、

メトロポリタン銀行はBitcoinに優しいという評判を得ており、株価に影響を与える可能性が高い。

たとえば、Metropolitanは、米国に本拠を置くCryptocurrency Exchange Coinbaseの主なサービスプロバイダの1つです 。

将来の規制の兆候

銀行の公式的な立場はまだ明らかにされていないが、国際的な暗号化トランザクションの検証ができないリスクが生じているようである。

満たす必要がある あなたの顧客(KYC)知っ規制が増加のための潜在的な増加している 規制を現在緩いcryptocurrency気候に。

金曜日、 米財務長官スティーブンMnuchinは cryptocurrencyで転送を制御し、管理するための国際的な取り組みが今後の可能性があることが示されました。

https://cointelegraph.com/news/metropolitan-bank-halts-all-cryptocurrency-related-wire-transfers

ウクライナはビットコインを規制し、国の仮想通貨の発表を考える

ウクライナはビットコインを規制し、国の仮想通貨の発表を考えているようです。

以下は本文を翻訳した内容です。

クライナ当局は、主要な政府の監視機関、当局、中央銀行からなるワーキンググループを結成し、暗号侵害セクターの「包括的な規制」を導入した。

昨日、ウクライナの安全保障理事会が発表した声明は、国家の安全保障と防衛に関連する問題に焦点を当てた会議中に、

ウクライナの暗号輸送の出現に関する長期にわたる議論を明らかにする。

国家安全保障・防衛庁長官オレクサンドル・ティルチノフを含むこの会議の参加者は、

具体的には「ウクライナの非支配的循環の循環に関連する問題の複雑さを考慮した。

Turchynovは、クリプトカルトの使用に対する監視の欠如が、「経済と国家の安全に脅威を与える」と明言した:

「世界の暗号化通貨の急速な発展を考えると、この問題は国家の注意を逸らすことはできない」

この目的のために、ウクライナの上級管理職は、暗号化通信を規制する法的に互換性のある提案を作成するための市場規制当局、

金融当局およびウォッチドッグのワーキンググループを設立し、暗号暗号市場の幅広い監視を行い、

cryptocurrencyトランザクションで。さらに、ワーキンググループは、課税対象となる加入者が暗号侵害支払いで収入を得られるように働きかける予定です。

さらに、当局は、法律によって確立された期間内に、すべての取引に関する情報を保存する義務を被告人に課す義務を負って、

法廷執行機関に暗号侵害取引のデータを確実にアクセスさせる仕組みを開発するよう配属された。

動機付けされた要求に関する顧客情報の開示」と述べています。

ワーキンググループは、具体的には、ウクライナの国立銀行、ウクライナの財務省、国家証券とウクライナの株式市場委員会、

SSU、ウクライナの国家警察、ウクライナの国家金融監視サービス、

国家の代表から構成されますウクライナの財政サービスとウクライナの特別通信と情報保護のための国家サービス。

声明には、

「これらすべての措置の開発と実施には、クリプトカルトの流通に関する包括的な規制を確立し、この部門の犯罪を回避するための国際協力の強化も含まれる」と述べた。

不思議なことに、この声明はまた、州の暗号侵害の発生を示唆した。

それは読んで:

“ウクライナ国立銀行は、独自のcryptocurrencyを確立することの妥当性を検討している。

ウクライナの中央銀行は、「Bitcoinの法的地位とその規制に関する共通の立場を発展させる動き」として、

中東の中央銀行からの通知を読んで、その国のcryptocurrenciesの決定的な枠組みを確立する意向をすでに確認している。 2017。

https://www.ccn.com/ukraine-will-regulate-bitcoin-considers-issuing-state-cryptocurrency/

まとめ

各国で仮想通貨に対する規制が続いていますね。

私個人的な意見は、仮想通貨は国だけで規制かけても意味がないと思います。

現に、中国なども規制などをかけましたが、結局動いていますし、これは規制をかけてももう動き出した歯車です。

確かに国の規制で悲観されるとは思いますが、それ以上に自由でエキサイトしている市場なので、もう、無理です。

国がどうので止められないと思います。

日本はうまく仮想通貨と向き合って欲しいなと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE