マインドセットを高めたい

「保証」を求めてしまう、自分の弱さ

人生とは、轍さえない道を歩むようなもので、

一寸先は闇」だと捉えるべきだと思います。

その闇の中を、それぞれの経験を踏まえ、

次の一歩を見付け出して進んで行く人が、

大きなことを成し遂げられるのです。

しかしながら、多くの人は、

誰かが先に歩んでいる道を進み、

ちっぽけな安心を手にしようとします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

読書への「投資」と「サンクコスト」

本を買うと、全部読まないともったいないと

無理して読了される方がいらっしゃいますが、

それは「消費」的な考え方だと思います。

読書は、「消費」ではなく、「投資」です。

原資は本の代金と自分の時間であり、

利益となるのは、得られる知識、感動、そして、

心と脳の成長による収入の拡大などですね。

原資でより意識したいのは、

1500円前後である本の代金ではなく、

自分の時間」の方です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

前進を日々意識しよう

どんな人生を生きるかは人それぞれ自由です。

そのため、毎日ダラダラして、

家族や会社や国に助けてもらって

のんびり暮らしていても別に良いわけです。

実際のところ、世の中にはそういう人だらけかもしれません。

ところが、もしあなたが、

より多くのことをできるようになりたいのであれば

日々前進を意識して行動すると良いと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

人の「根っこ」を大切にしたい

人を「」に例えると、地面から上の部分、

つまり、「」や「」や「」にばかり、

注目が集まっているような気がします。

見た目や持ち物、地位など、

表面だけを見て、比較されてしまうのです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「幸運者」と信じて疑わない心が道をひらく

松下幸之助さんが成功の秘訣を聞かれた際、

しばらく考えて、

・・・運ですな

と答えたという逸話は有名です。

運に見放されているようでは、

経済的にも、精神的にも、豊かになる道は

途中で頓挫してしまうのです。

そして、一般的には、

運なんて、自分ではどうしようもない

と考えられているかと思いますが、

実はそうではありません。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

現代に生きる「幸せ」と「不幸」

動物にとっての本来の「幸せ」とは、

親と同じように生きること」です。

親になれずに命を落とす確率の高い生物は、

親になって自分も沢山の子を作ることが、

幸せ」なのです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「アウェー」で活性化する脳

居心地の良い「ホーム」の活動だけでは、

脳もマンネリ化してしまいます。

会社と自宅だけの往復、

限られた人とだけのコミュニケーションなど、

長年単調な毎日を過ごすことは

脳の成長にプラスの影響を与えません。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

インターネット上にある「最高学府」

最高学府」と言うと、東大やハーバードを

思い浮かべるのが一般的かと思いますが、

今やインターネット上に、

本当に素晴らしい学びが溢れています。

最先端の論文や哲学書が数多く掲載されていますし、

TEDなどでは、多くの方の成功例と失敗例を

本人の生の声で学ぶことができます。

無料で得られる「学びの量」が、

明らかにインフレを起こしているのです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

学びに投資し続ける人が更に稼げてしまう法則

ネットビジネスって本当に素敵だと思えます。

一個人が多種多様な媒体を使用し、販売する事ができる。

組織に依存せず、一個人で大きな売上、収益を上げる事ができる。

このスキルを身につけてれば、一生食いっぱぐれる事
はない。

だけど、ここを勘違いしないで欲しい。

一発屋が多いのも事実。

彼ら、彼女らは、一発大儲けした事によって、
有頂天になってしまい、その後の学びを怠っているわけです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

成功確率「1%」でも挑戦するべきか?

人は、成功確率が低ければ低いほど、挑戦することを躊躇います。

50%の確率で成功すると分かっていても、

それはつまり、50%の確率で失敗すると捉え

挑戦しない道を選ぶのです。

これは、人間が命の危険から逃れる歴史の中で

DNAに刻み込まれた不変の性質ですから、

脱却することは極めて難しいものです。

しかし、何もしなければ、何も変わらないということも、

頭では理解しているはずです。

ここで、確率論において良く例えに出される

野球のバッターの打率で考えてみましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0