マインドセットを高めたい

「感性を磨く時間」を大切にする

恋愛やビジネスが上手くいく方は、感性を磨いてる方が多いと感じます。

例えば、美術館で名画を眺めたり、海外の素敵な建築物を見に行くなど、

非日常の中で心に刺激を与え、心を磨くような時間を持っています。

また、日常の時間においても、青空や夕日を眺めたり、

映画や音楽を鑑賞するなどして、心に響くものと対話する時間を大切にしているのです。

このようにして感性を磨くことで、美しいものを美しいと感じる心が育まれ、

周囲の方と心を通わせることができるようになります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「被害者」意識を脱して、「創造者」へ

私達の成長を最も大きく阻むのは、「私は被害者だ」という意識だと思います。

誰かのせいにすることで、責任を逃れられたら、それはラクです。

しかし、そのラクな環境に甘えていると、いつまで経っても、人生は変わりません。

何か問題が起こるたびに、誰かのせいにして思考停止してしまうので、何も解決せずに、一歩も前に進まないのです。

仕事が無いのは、国のせいだ

自分の時間が無いのは、会社が悪い

こんなにストレスを抱えるのは、上司の責任だ

勝てないのはツールのせいだ

稼げないのは商材のせいだ

このような「被害者」ポジションにいると、人生は周囲の人の言動に依存することになり、

それらが変わらない限り、何も変わらないのです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「最短コース」の人生の善し悪し

毎日、同じ道で会社に向かい、最短距離で無駄なく通勤する方が多いと思います。

会社員はそのような生活で、季節の移ろいなどを感じる余裕などは全くないと思います。

それは一見、合理的な生き方ではありますが、

毎日、同じ景色しか見ていない人生とは、残念ながら、味わいのないものだと思います。

どこかに向かって進むということは、目的地に着くことだけが目的ではないはずです。

一歩一歩の充実が積み重なって、そこで多くのことを感じながら進むことが人生を豊かにすると思うのです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「愛される人」から、「愛する人」へ

力があるからこそ、何かができる

というのが、

論理的に正しい順番だと思いますが、

実際の人生の中では、

何かができた時、その力を自覚する

ということが多いですよね。

人は、自信があるから行動を起こすのではなく、

行動の積み重ねが、自信になるのです。

考えてみれば、ビジネスの現場でも全く同じです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「同質」と「異質」の矛盾に生きる

日本社会は少しずつ多様化してきていますが、

未だに、周囲と「同質であること」が求められているように感じます。

他人と同じでなければ、妬まれ、同じ場所にいるよう強制されるのです。

また、教育においては、「減点」が重んじられていて、得意分野を伸ばそうとせずに欠点にフォーカスしています。

つまり、平均点より劣っている部分を是正するような指導をすることで、

全員を「同質」にしようとしているのです。

しかし、本来は、「減点」ではなく、「加点」で考えていくべきです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ビジネスパーソンにとって大切な謙虚さ

この人は、ビジネスをやってるのではない、単に運任せのギャンブルをやってるだけ

そう思ってしまうような事をしている方がいます。

タチが悪いのは、本人がそれをギャンブルではなく、ビジネスと思い込んでいる事です。

それでは売れない」と思えるような酷い話になってたりすることがあり、

それを理解してもらうまでに骨が折れるケースって、意外と多くあります。

でも、こういった方々に話をする上で、ほとんど共通しているのが、『しっかりした根拠がない』という事なんですね。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

人間の深い層にある「愛」と「思いやり」

私達は大人になると、

お金」や「法律」に縛られた生き方をせざるを得なくなります。

ところが、本来、社会の根底にあるのは、「」や「思いやり」です。

この世に誕生した時は、ほとんどの方が、大きな愛に包まれ、命を守られてきたはずです。

人間ほど、生まれたばかりの状態が弱い存在はいませんから、

誰かに守ってもらわなければ、絶対に生きていくことができないのです。

ですから、今生きている人は、全員が、「」と「思いやり」で守られてきたことになります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

自分らしく、自分に恥じない生き方を

募金や救援物資に関して情報が錯綜し、混乱しているように思います。

他人に募金を強要するような言動も散見され、そこには行き過ぎた心を感じます。

どう生きるか、どう行動するかは、あくまでも自分で判断すべきであり、他人の目を気にして行うべきではありません。

例えば、

ビジネスは今は自粛すべきだ

というご意見も拝見しましたが、私は、そうは思いません。

生まれた収益の一部を募金させていただくことで、経済をまわしていくことが大切だと考えます。

それこそ、全員が仕事をやめてしまえば、取り返しのつかない大混乱に繋がります。

個々人が、自分にできることを考えて、自己責任で行動すべきですね。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

なぜ、人は労働から抜け出せないのか?

あなたは、労働しなければお金は入らないと思っているでしょうか?

もし、この考えに取り憑かれている間は、お金に嫌われてしまいます。

多くの人は、「労働=お金」と錯覚してしまうのですが、

これは、サラリーマン的発想です。

しかし、ビジネスは違います。

お金を払うお客様に価値を提供して始めてお金を頂くことができます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

頑張っても成功できない人に欠けている視点

最近、色々な人と話をする機会があります。

ただ、

その中でも、皆が口を揃えて言うことがあります。

それは、

勉強もしているし成果を出すための行動もしている

しかし、

成果がなかなか出ないというのです。

これは、

努力家のあなたも実感していることではないでしょうか?

勉強・・・定期的に知識を増やしている

努力・・・日々コツコツ頑張っている

行動・・・言われたことはやっている

成果・・・思うような成果を実感できない

ただ、

これらには、「共通点」があります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0