お金について学びたい

学びに投資し続ける人が更に稼げてしまう法則

ネットビジネスって本当に素敵だと思えます。

一個人が多種多様な媒体を使用し、販売する事ができる。

組織に依存せず、一個人で大きな売上、収益を上げる事ができる。

このスキルを身につけてれば、一生食いっぱぐれる事
はない。

だけど、ここを勘違いしないで欲しい。

一発屋が多いのも事実。

彼ら、彼女らは、一発大儲けした事によって、
有頂天になってしまい、その後の学びを怠っているわけです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

これから学生に持ってもらいたい大切なスキル

学生の皆さんは、就職や進学など様々な道に行かれると思いますが、

学生の皆さんに大切なスキルを教えておきたいと思います。

このスキルさえ備わっていれば、な時代でも生き抜くことができる非常に価値あるものです。

学校の授業や大学の講義では絶対に教えてもらえません。

なぜこのようのな記事を書こうと思ったのかと言いますと、非常に多くの学生の皆さんから

相談を受けることがあり、

今の時代何をすればいいですか?将来が不安です。資格を持っておけば安泰ですか?など

非常に多くの質問を貰うからです。

私が今の時代最も大切になるスキルを皆さんに教えます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「他主」「束縛」から「自主」「自由」へ

お金の悩みを持つ方が増えている昨今、

その背景をお聞きしていくと、

共通の罠」が垣間見えます。

その物の本当の価値が分かっていないのに、

ブランド物の高級品を持つ。

1円でも収入を上げたいと願いながらも

ATM手数料でお金をたくさん捨てている。

高額療養費制度などを知らずに

掛け捨ての生命保険を払い続ける。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

売り手よし、買い手よし、世間よし

海外の大衆的なお店では、物を買っても

お礼を言われることは少なく、

ぞんざいな扱いをされることさえあります。

また欧米では、

サービスがお金の対価として提供され、

チップやサービスチャージなどの習慣が

一般的に広がっています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

高校生でもインターネットで稼げる時代

最近だと高校生の半分以上がインターネットでお小遣いを稼いでいます。

とてもすごい時代ですよね。

正確なデータで言えば

・男子高校生の79.6%

・女子高校生の68.9%

がネットでお小遣い稼ぎの経験があるらしく、毎月の平均収入は

1万円未満だと回答したそうだ。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

稼げない人が考えている思考

どうも、こんにちは

今回は、稼げない人が考えている思考についてお話ししようかなと思います。

何パターンかあるのでもしこれが当てはまってしまえばあなたは稼げない思考を持っているので

しっかりと改善していきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「投資」が人生を変え、世界を変える

ソフトバンクが国内男子バスケットボールの

ネーミングライツ(命名権)を30億円で取得し、

日本のスポーツ界を変えていきます。

熱狂的なファンが多いバスケットボールは、

本来、エンタテイメントとしても魅力があり、

ビジネスチャンスも多くあるというのが、

関係者の共通見解です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ネットにある「高額塾」は詐欺なのか?

最近インターネットでは、

20万や30万する教材や塾が

たくさん販売されています。

ビジネスノウハウやナンパ技術、

トレーニング技術から英語学習ノウハウまで

様々なものが売られているわけです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

学ぶ事に意欲的でない人間は何をしても成功しない

学ぶ事に意欲的でない人間は何をしても成功しない。

いくら学ぶことに意欲的であっても貧乏だとこれも意味がないと思います。

二つが相まって物事が進む訳で、

例えば僕には二年も前から、

ビジネス教えて下さい。」と

言って来てるどうしようもないダメ人間がいます。

誰かから何かを学ぶとき、そこにはお金が発生します。

無料で教えている人がいる事も確かですが、

ほぼお金はかかります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

貧乏人は自己規制ルールが多い

ある記事に貧困者について
書かれていまいた。

 

そこでは、

 

貧困者ほど「こうあるべき」という
自己規制ルールが多い傾向にある
ということでした。

 

しかも、そのルールの内容は
決して理にかなったものではなく、
親や友人に教えられたものである様子でした。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0