【必見】グローバル化が進み今後日本も「完全実力社会」の時代がやってくる

【必見】グローバル化が進み今後日本も「完全実力社会」の時代がやってくる

今回は、グローバル化が進み今後日本も「完全実力社会 […]

【必見】これから到来する「人生100年時代」のために若い人達がやっておくべきこと

【必見】これから到来する「人生100年時代」のために若い人達がやっておくべきこと

今回は、仮想通貨の情報ではなく、今後日本は「人生1 […]


【仮想通貨】Cardano(カルダノ)の新しいRoad Map(ロードマップ)がついに公開!!NEMやMoneroを抜きさり時価総額ランキング9位に浮上!!情報についてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) Road Map(ロードマップ)

今回は、Cardano(カルダノ)の新しいRoad Map(ロードマップ)がついに公開!!NEMやMoneroを抜きさり時価総額ランキング9位に浮上!!情報についてまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とは

CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に関しては、下記の記事を参照してください。

Cardano(カルダノ)の新しいRoad Map(ロードマップ)がついに公開!!

Cardano(カルダノ)の新しいRoad Map(ロードマップ)が12月1日公開されました!!

https://cardanoroadmap.com/jp/

詳しくRoad Map(ロードマップ)について書いてある記事があったので、その事の引用文です。

・ウロボロスのオープンな委任機能を導入

Proof of Stakeに関するものですね。 自分のStakeを他人に委任する機能の導入に関してです。

これはNEM(XEM)のハーベストの委任機能を想像するとわかりやすいでしょう。

通常はブロック生成の報酬を得るためには、自分のノードがオンラインであり続けなければいけません。

Daedalusウォレットを起動し、24時間PCをつけっぱなしにしないといけないわけですね。

なかなかそれは難しいことです。

そこで、「ステークプール」と呼ばれるグループの概念が登場します。 ステークプールに参加することで、

サーバのように通常は電源がつけっぱなしのノードに代わりになってもらい、報酬を受け取ることができます。

これがないと何が困るかというと、サーバのような設備をもっている人だけが報酬を得ることは、Proof of Workのように中央集権化に繋がるからです。

それを委任によって誰もが参加できるようにし、防止しているわけですね。

・マルチシグのトランザクション

マルチシグでは、鍵を複数に分割します。 これによって、ウォレットを複数人で共有できるようにします。

そして、ウォレットの使用には複数人の持つ鍵が必要、というようにすることができます。

これによって、ウォレット共有する誰かが不正をすることと、誰かの鍵が流出し資金が盗難されることを防止することができます。

・ウォレットバックエンド

Daedalusウォレットのバックエンド(裏側の部分)の再設計ですね。

Daedalusは後にアプリを実行可能になるのですが、サードパーティ(アプリ製作者)がDaedalusを1から理解するのは大変です。

再設計により、アプリ製作を容易に可能とする仕組みを作ろうとしているということですね。

・コンセンサスのインセンティブと手数料

報酬と手数料のシステムの構築ですね。 報酬に関しては、例えばステークプールの運用者が委任者よりも高い報酬を受け取るべきか、そうでないかという観点がありますね。

高い報酬を受け取れるのであれば、ステークプールの運用者は増えてネットワークの維持には良い影響を与えますが、中央集権化を招きます。

かと言って委任者と報酬が同じでは、ステークプールを運用するメリットがなくなってしまいます。 手数料に関しては大きすぎても少なすぎてもいけません。

手数料が少なすぎればステーキングの報酬が減り、旨味がなくなるので活動的なステークプールの数を減らしてしまうことになります。

逆に手数料が多すぎれば送金コストによってCardano自体が使い物にならなくなってしまいます。

これらは技術というよりは参加する人々が納得する条件を見つけ出す、経済学・ゲーム理論の観点が大きいわけです。

Cardanoは技術だけでなく、こういった点にもしっかりと力を入れていることがわかりますね。

・耐量子コンピューター電子署名方式

過去の記事でも取り上げた、量子コンピュータ対策ですね。 莫大な計算能力を持つ量子コンピュータが実現してしまうと、暗号通貨の仕組みが破綻してしまいます。

そうならないような仕組みが、Cardanoには導入されるわけですね。

・ライトクライアントの対応

Daedalusウォレットの新しいモードですね。 多くの人が、Daedalusウォレットを初めて起動する際または久しぶりに起動する際に、

長時間ブロックの同期に待たされたのではないでしょうか。

これは、ジェネシスブロックと呼ばれる最も最初のブロックから最新のブロックに至るまでチェーン上のすべてのブロックを読み込んでいるからですね。

そこで、ライトクライアントモードのためにチェックポイントが導入されるわけです。 ある一定の場所でチェーンを区切ってしまい、そこから先だけを読み込むようにするのです。

こうすることで、短時間でウォレットを起動することができるわけですね。 画像から、チェックポイントは自分が信頼する提供元を選択できるようです。

・可読性の高いアドレス

Cardanoのアドレスは、ビットコインに比べて長く、あまり人間の目にはやさしくありません。 これを短く縮めるための仕組みを作ろうとしているわけですね。

・ネットワーク

分散型ネットワークレイヤーの構築ですね。 現在のCardanoネットワークは完全に分散型になっておらず、まだ中央集権化された部分のある状態のようです。

これをP2P、完全な分散型ネットワークとして構築しなおす、ということですね。

・投票センター

Cardanoの未来を投票によって決める民主主義システムですね。

ADAコインの保有者は、その保有量に比例する投票権を手に入れ、Cardanoの未来を決める投票に参加することができます。

このシステムによって、ビットコインのように分裂を起こすことがなくなるわけですね。

・ペーパーウォレット

説明不要ではないでしょうか。 ウォレットを紙に印刷することができるようになります。

・リリース戦略

リリース(新バージョンを利用可能にすること)に対する戦略の更新ですね。 下記のブログに詳細が書かれています。 アジャイルと呼ばれる開発手法をとることが書いてありました。

アジャイルとはPDCAサイクルを極めて短いスパンで回すイメージですね。 また、再びテストネットを稼働させることで効率的に試験を進めていくようです。

これらにより、利用者のもとに新機能が届くスピードがアップするわけですね。 まとめてではなく完成した機能からどんどん出していけるようにします、ということですね。

http://cardano.hatenablog.jp/entry/2017/12/01/095812

この中でも、注目すべきは、

・コンセンサスのインセンティブと手数料

・耐量子コンピューター電子署名方式

ステーキングについては多くの仮想通貨を保有している人にはメリットが大きいと思います。

最初の半減期2.4年後まで年利9.13%ADACoin(エイダコイン)が入れておくだけで増えます。

量子コンピューターが日本でも海外でも開発研究が進む中で、対策が取れるだけの技術のある仮想通貨というのは、

現状ほとんどないです。

つまり、量子コンピューターが普及されていくにつれて、対策の取れているADACoin(エイダコイン)の需要が大きくなります。

現状では、さほどメリットはないですが、将来的にはアドバンテージが取れるものですね。

次回のRoad Map(ロードマップ)は1月3日9時頃にアップデートされます!!

かなり凄い情報が出てくるだろうという期待感で胸がワクワクします!!

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が、再び時価総額ランキング9位に浮上!!

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が、再び時価総額ランキング9位に浮上しています。

Ethereum ClassicやNEO、Monero、NEMを差し置いてのランキング入りなので、かなり期待値としては高いです。

時価総額というのは、ある時点のトークンを評価した場合に、どのくらいの金額になっているかを表すのが時価総額です。

時価総額が高いメリットはこれらが挙げられます。

会社にとってはメリットしかないですね。

・企業買収を仕掛けられるリスクを軽減できる

・資金調達力が向上する

・会社経営が安定する

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) 時価総額

https://coinmarketcap.com/

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の現在の価格は?

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) 価格

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の現在の価格は、前日から14%高騰しており、12〜13円ぐらいになっています。

まだまだ上がるので、ガチホしておきましょう!!

https://coincap.io/ADA

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が11月30日に取引高が世界5位の中国の取引所であるBinance(バイナンス)に上場したことについてまとめてみた!!

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が11月30日に取引高が世界5位の中国の取引所であるBinance(バイナンス)に上場したことについてまとめてみた!!

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が前日から60%高騰で現在5円台に!?理由はオーストラリアのCoin Spotで上場?情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が一時取り扱い金額取引所のボリュームで1位になる!?ナスダックに記事が掲載も!?情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ)のIOHKがカジノのポーカーのプロトコルの新たな論文が学会で認められたことについてまとめてみた

Cardano(カルダノ)のIOHKがDaedalus wallet(ダイダロスウォレット)統合とマルチプラットフォームのスタンドアロンアプリを含むベータ版1.0.0-RC1をリリースする予定についてまとめてみた

CARDANO(カルダノ)のDaedalus(ダイダロス)ウォレットへADACoinを還元する方法まとめてみた

上場開始前に読みたいCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のすごいところまとめてみた

Cardano(カルダノ)がRowlingstoneウィークリーレポートで高評価なことついてまとめてみた

まとめ

・Cardano(カルダノ)の新しいRoad Map(ロードマップ)がついに公開

・Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が、再び時価総額ランキング9位に浮上

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に3950名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE