FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のIOHKがPoSベースのサイドチェーンの論文を発表!?情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ) 2019 仮想通貨

Cardano(カルダノ)のIOHKがPoSベースのサイドチェーンの論文を発表!?情報についてまとめてみた

2019年はCardano(カルダノ)の年になるかも

Cardano(カルダノ) 2019

2019年はCardano(カルダノ)の年になるかも知れませんね。

技術が後追いでどんどん発表されており、

他の仮想通貨の技術レベルと比べ物にならないところに来ています。

今回は、Cardano(カルダノ)のIOHKがPoSベースのサイドチェーンの論文を発表などの

最新情報についてご紹介したいと思います。

Cardano(カルダノ)の1月のロードマップ更新!!

Cardano(カルダノ) 1月 ロードマップ

Cardano(カルダノ)の1月のロードマップ更新されました。

https://cardanoroadmap.com/jp/

日本語翻訳を設定するとわかりやすく解説しているのでご覧ください。

Cardano(カルダノ)はIOHKへの依存度が今後低くなる!?

Cardano(カルダノ) IOHK 依存度

Cardano(カルダノ)はIOHKへの依存度が今後低くなるようです。

以下は本文を翻訳した内容です。

新年の直前に、EmurgoはTrezorの統合の成功に関して発表しました。

ハードウェアウォレットの統合は、2018年の大部分のために、

コミュニティが求めていたものの一部であることを考えると、大きな動きです。

しかし、この統合について際立っているのは、IOHKの関与なしに行われたということです。そ

れが動きをするためにそれがCardano(ADA)のIOHKの入力への依存の減少に合図するので、

これは大したことです。では、なぜこれが重要なのでしょうか。

最も重要な理由は、IOHK契約が終了した後でも

Cardanoが保証された継続性を示していることです。

IOHKの契約は、2020年に終了する予定です。

IOHKの契約後に自分自身を広めることができなければ、

カルダノプロジェクトは失敗するでしょう。

したがって、この動きはそれを安全な長期的な保留にします。

それはまた、完璧であるだけでなく、

直接の入力なしで完璧に実行することができる

プロジェクトを構築する彼らの能力に対するIOHKチームの信頼を植え付けます。

創設組織に大きく依存しているプロジェクトが非常に多くあるため、

それらのチームが失敗した場合、プロジェクト自体は惨めに失敗します。

これにより、IOHKへの依存度を低くすることが重要であり、

それがセキュリティであるという2つ目のポイントになります。

ブロックチェーンテクノロジの背後にある全体のアイデアはセキュリティです。

そのセキュリティには2つの方法があります。

まず、ノードが分散されているため、プロジェクトに単一障害点がありません。

2つ目は、その背後にあるチームのいずれかが失敗しても、

プロジェクトが危険にさらされることは決してないということです。

IOHKへの依存度が低いため、Cardanoは後者を達成しており、

今四半期中にShelleyのリリースで前者を達成するでしょう。

1つのチームへの依存度が低いことの重要性は、

Ethereum Classic(ETC)で明らかです。

Ethereum Classic(ETC)がETCDEVに大きく依存していたのであれば、

プロジェクトはもう間もなく終了するでしょう。

しかし、Ethereum Classic(ETC)は、

複数のチームが取り組んでいる非集中型プロジェクトであるため、

ETCDEVの開発中止に成功し、その価値を維持し続けています。

実際、弱気市場向けではなかったとしても、

ETCLabsからのパイプラインの中のプロジェクトのおかげで利益が上がるでしょう。

その継続性と永続性が保証されているので、

投資家がカルダノを判断するためのもう1つのパラメータは、

その技術的能力と採用の可能性です。

これらの分野では、カルダノはかなり良いです。

それは(Ouroborosのおかげで)エネルギー効率が良く、

拡張性があり、取引コストが低いです。

これにより、分散型アプリケーションの開発に

最適なプラットフォームブロックチェーンになります。

強気の勢いが回復すれば、これはカルダノに大きな価値プッシュを与える可能性があります。

Cardanoは、crypto FOMOとその強力な実用性の両方から、

現在市場に出回っているほとんどのプラットフォームの

ブロックチェーンには匹敵しないプッシュを得るでしょう。

新しい暗号のBull Runで、Cardanoは簡単に新しい高値を付けることができました。

それは多くの可能性を秘めたプロジェクトの1つで、

4セントで取引するときには過小評価されています。

https://cryptorecorder.com/2019/01/02/cardano-ada-now-relies-less-on-the-iohk-a-sign-of-growing-project-strength/

Cardano(カルダノ)はIOHKがPoSベースのサイドチェーンが論文を発表!!

Cardano(カルダノ) IOHK PoS サイドチェーン 論文

Cardano(カルダノ)はIOHKがPoSベースのサイドチェーンが論文を発表しました。

12月31日にCardano(カルダノ)の元マイクロソフトR&Dであり、

現EMURGOのSebastian Guillemot氏は、

IOHKのリサーチチームが「ステークオブステーク・サイドチェーン」

という論文を発行した事をツイートしました。

https://eprint.iacr.org/2018/1239

そもそもサイドチェーンとは

Bitcoin(ビットコイン)に端を発したパブリックブロックチェーンの側鎖となる概念です。

サイドチェーンは複数の仮想通貨が持っている独自のブロックチェーンが相互に結ばれて

仮想通貨全体を一つのブロックチェーンとして転送することが可能になります。

また親チェーンから再度チェーンへの資産移動が簡単かつ自由に行われます。

まとめ

今後、2019年の第1四半期末までにShelleyによって

Cardano(カルダノ)はPoSシステムに移行されます。

いやーこれは2019年面白くなっていきそうですね!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE