FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のチャールズ・ホスキンソンとGoogle(グーグル)との会合の詳しい情報について

Cardano(カルダノ) チャールズ・ホスキンソン Google(グーグル) 会合 仮想通貨

今回は、Cardano(カルダノ)のチャールズ・ホスキンソンとGoogle(グーグル)との会合の詳しい情報についてまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とは

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)については下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が9月30日にBittrex(ビットレックス)で上場!!
今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が9月30日にBittrex(ビットレックス)で上場についてまとめていきます。

Cardano(カルダノ)のチャールズ・ホスキンソンとGoogle(グーグル)との会合

Cardano(カルダノ) チャールズ・ホスキンソン Google(グーグル) 会合

Cardano(カルダノ)のIOHK代表である、チャールズ・ホスキンソンが

Google(グーグル)から招待状を受けて5月15日に会合が開かれていました。

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のIOHKがGoogle(グーグル)の本部で研究など議論!?情報についてまとめてみた
今回は、Cardano(カルダノ)のIOHKがGoogle(グーグル)の本部で研究など議論!?情報についてまとめてみました。

今回このCardano(カルダノ)とGoogle(グーグル)との会合の

話した内容について公式ツイッターが記事を紹介していました。

https://twitter.com/cardanocom/status/1012354541453561856

この会議では多くの議論があり主な内容は、

IOHKは7月に予定されている業績と開発について話していました。

この記事について自分が関心のあった内容だけピックアップしました。

全内容に関しては下記の記事を参照してください。

https://iohk.io/blog/iohk-make-a-visit-to-googles-london-offices/

ステークプール

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)はステークプールの事前登録で

βテストの応募者を100人募っていましたが、なんと1500件の応募が合ったようです。

スマートコントラクトをより書きやすくする

現在世界のエンジニアを見てもスマートコントラクトの

コードを書くことができる人はごくわずかです。

理由としてはブロックチェーンを書く言語が決まっていることを問題として言っています。

Cardano(カルダノ)では、後方互換性があり100%EVMを実行していきます

ということを言っています。

オープンソースでCardano(カルダノ)のブロックチェーンが使われるには、

エンジニアがソースを書きやすくできる環境が必要だと考えているようですね。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)は将来匿名通貨になるのか?

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)は

MoneroまたはZcashのスタイルでプライベートトランザクションを実装する予定があるかという

質問に対して、

いくつかの選択肢を考え出し、それらを民主的に検証するようです。

最終的にADAのホルダーの投票で決めるとのことです。

そして、日本は、プライバシーコインをすべてリストから外すつもりであると発表しており、

日本市場に進出を考える上で匿名通貨などのスタイルの受け入れるには、

日本の取引所でADAが上場する可能性は低くなるということも言っていますね。

現在も金融庁がマネロンに対して強化していることもあるので、匿名通貨にしてしまうと

日本では取り扱いができなくなる懸念材料も語っています。

トランザクションについて

1つののブロックチェーンが

毎秒10万〜20万のトランザクションを実行するシステムを構築する必要はないと言っています。

トランザクションの誇大宣伝が懐疑的であるようです。

理由としては、その処理能力を持っていてもデーターをどのように動かすのか?

またネットワークを管理する必要があり、データを保管することもGoogleやNSAぐらいでなければ

保管は極めて困難だと言っています。

チャールズ・ホスキンソンはサイドチェーンを持った

多層モデルを作ることが最も理にかなっているといっています。

特に注目しているのはデータシャーディングの概念のようです。

Cardano(カルダノ)とGoogle(グーグル)は協力する可能性が高い!?

Cardano(カルダノ)とGoogle(グーグル)は協力する可能性が高いのではないかと思います。

そもそもGoogle(グーグル)自体がチャールズ・ホスキンソンを招き入れての会合であり

ADACoin(エイダコイン)の魅力や理念についても語っています。

将来的には仮想通貨やブロックチェーンの発展や新技術のために協力する可能性が

高いのではないかと思います。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)にとっては非常に期待できる両社ですね。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のその他の情報

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がMidexでADA/JPYの通貨ペアが!?情報についてまとめてみた
今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が MidexでADA/JPYの通貨ペアが!?情報についてまとめてみました。
【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がCoinroom(コインルーム)で上場!?情報についてまとめてみた
今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が Coinroom(コインルーム)で上場!?情報についてまとめてみました。
【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がSNSトレードプラットフォーム「eToro」に追加!?情報についてまとめてみた
今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が SNSトレードプラットフォーム「eToro」に追加!?情報についてまとめてみました。

まとめ

Cardano(カルダノ)とGoogle(グーグル)の会合内容は非常に気になっていたので、

内容がわかってとてもおもしろかったです。

内容を理解するのには初心者には難しいですが、

ぜひホルダーは一度記事を見たほうがいいと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE