FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】CARDANO(カルダノ)のIOHKがBlockchain(ブロックチェーン)開発の将来の標準基準「IELE」の設定を目指していることについてまとめてみた

CARDANO(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) 仮想通貨

CARDANO(カルダノ)のIOHKがBlockchain(ブロックチェーン)開発の将来の標準基準「IELE」の設定を目指していることについてまとめてみました。

IOHKとは

CARDANO(カルダノ) ADACoin(エイダコイン)

IOHKとはCardano(カルダノ)の開発を行なっているharles HoskinsonとJeremy Woodによって設立されたエンジニアリングおよびテクノロジー企業です。

IOHKは仮想通貨業界を牽引している研究開発会社であり、2020年までプラットフォームの開発を担う契約を結んでおります。

また、革新的なP2P技術を利用して30億人に金融サービスを提供することを約束しました。

IOHKは契約に基づき、2020年までカルダノ・プラットフォームの設計、構築、および管理を行います。

https://www.cardanohub.org/ja/team-2/

CARDANO(カルダノ)のIOHKがブロックチェーン開発の将来の標準基準「IELE」を設定する!?

CARDANO(カルダノ)のIOHKがブロックチェーン開発の将来標準を設定するといった記事が海外のサイトに情報が挙げられていたので、

以下は記事を翻訳して引用したものになります。

ランタイムの検証、コンピュータサイエンスの教授グリゴール・ロスによって設立されたイリノイ大学の起動、

および IOHK、大手blockchain研究開発会社は、

IELEと呼ばれる次世代の仮想マシンを設計するために提携しています将来のブロックチェーン技術のコアインフラストラクチャとして使用される

ユニバーサル言語フレームワークなどがあります。正式な方法と最先端のプログラミング言語理論に基づいた提案された技術は、

ブロックチェーンシステムにはるかに大きなセキュリティと依存性をもたらし、ハッキングにつながる脆弱性のリスクを低減します。

IOHKの資金提供を受けているこのプロジェクトは、

Rosu教授が率いるイリノイ大学とIOHK研究開発チームの学生と緊密に協力する専門家チームによって実行されます。

Runtime VerificationのCEO Rosu教授は、次のように述べています。

「IOHKを使用してこの新しいプロジェクトを進めることは非常に喜ばしいことです。

ミッションクリティカルなソフトウェアのコンテキストで使用されてきた航空機グレードのソフトウェア解析技術が、ブ

ロックチェーンと暗号化通信であるスマートな契約に展開されるのは、ほぼ時です。

このプロジェクトで使用されている技術は、

アーバナ・シャンペーン校のイリノイ大学フォーマルシステム研究所でNSF、Nasa、Darpa、NSA、ボーイング、トヨタ、サムスン、

マイクロソフトなどの団体からの資金提供を受けて、ランタイム検証によって。

「ブロックチェインの技術とアプリケーションが成功するためには、数学的厳密さとプログラミング言語と基礎となる仮想マシンの優れた設計が不可欠です。

確かに、何十年もの蓄積された証拠によれば、コンピュータシステムの設計における正式な技術とその早期採用が、

そのようなシステムの安全性、セキュリティ、および信頼性を大幅に向上させる可能性があることを示しています。

さらに、数学的な複雑さを隠す優れたユーザーインターフェイスと組み合わせると、

そのような技術はコード開発の有効性、優雅さ、品質を高めることができます。

この方向の良い例は、関数型プログラミング言語と自動化された定理証明者または制約ソルバーの最近の成功です。

また、開発者は、C、Java、JavaScript、Solidity、Plutusなど、

Kで正式なセマンティクスを持つプログラミング言語で安全なスマートコントラクトを作成できるようにすることを目指しています。

このプロジェクトには、現在のものよりも少なくとも1桁は速いKの具体的な実行バックエンドを開発する計画も含まれています。

IOHKのチャールス・ホスキンソン最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。

「ランタイム検証でGrigoreと彼のチームと協力して、Kフレームワークとセマンティクスの両方を暗号化空間に組み込むことは大変光栄です。

カルダノの新しい仮想マシンであるIELEと並んで、これらの革新は、

最終的に開発者が選択したプログラミング言語と知っていて愛しているツールでスマートな契約を書くことを可能にします。

さらに、スマート契約が実験から企業や政府の採用に移っていく中で、セキュリティ、パフォーマンス、

信頼性を高めるために、RVチームとのスマート契約の正式な検証を検討することに非常に興奮しています。

https://paymentweek.com/2017-10-24-next-generation-virtual-machine-sets-future-standard-blockchain-development/

IELEとは

私もあまりに技術的に高度な上理解が出来る範囲でお伝えしますが、

ようは、ADACoin(エイダコイン)のCARDANO(カルダノ)の一つ上の上位層で動く仮想マシンが「IELE」です。

このIELEは、「K Framework」と呼ばれる技術により、C・Java・JavaScript・Solidity・Plutusなど、

あらゆるプログラミング言語によるスマートコントラクトのコーディングを可能にします。

プレスリリースによると、

航空機のシステムような高い信頼性の求められるプログラムを開発する手法の応用で開発を行い、企業・政府が実用化するのに十分なレベルを目標としています。

つまり、CARDANO(カルダノ)は、国家レベルのシステム環境が整えられるほどの技術力があるってことなんですよ。

普通じゃ考えられないです。

今までみたICOなどの企画などのレベルではないぐらいの強い技術力があることがわかります。

もし国家クラスのものがIELE実装されたということになれば、ADACoin(エイダコイン)自体も信頼性が増すのでより購入者も増えてくると思います。

結局通貨というのは信頼を表面的に表したものなので、CARDANO(カルダノ)の技術力に信頼性が増せばおのずとADACoin(エイダコイン)の価値も上がります。

ADACoin(エイダコイン)はPoSのステーキングでダイダロスウォレットに保管するだけでトークンが増える!?

仮想通貨には、ウォレットに保管しておくことで数量を増やせるものがあります。

Proof of Stakeというアルゴリズムを採用している通貨のことで、コインを保有することで報酬をもらう行為のことをステーキング(Staking)といいます。

ADACoin(エイダコイン)もこのPoSのコンセンサスアルゴリズムを採用しているので、保管するだけでトークンが増えます。

PoSとPoWについては下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】今更知らないとは言えない認証方式「Pow」と「PoS」の違いをまとめてみた
今回は、今更知らないとは言えない認証方式「Pow」と「PoS」の違いをまとめてみました。

ADACoin(エイダコイン)とは

ADACoin(エイダコイン)については下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が9月30日にBittrex(ビットレックス)で上場!!
今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が9月30日にBittrex(ビットレックス)で上場についてまとめていきます。

CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が韓国のUpbitで上場することについてまとめてみた

【仮想通貨】CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が韓国のUpbitで上場することについてまとめてみた
今回は、CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が韓国のUpbitで上場することについてまとめてみました。

CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が時価総額12位にランクインして価値が3円台に!!

【仮想通貨】CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が時価総額12位にランクインして価値が3円台に!!
今回は、CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が時価総額12位にランクインして価値が3円台に突入したことについてまとめていきたいと思います。

上場開始前に読みたいCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のすごいところまとめてみた

上場開始前に読みたいCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のすごいところについては下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】上場開始前に読みたいCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のすごいところまとめてみた
今回は、上場開始前に読みたいCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のすごいところまとめてみた。

Cardano(カルダノ)がRowlingstoneウィークリーレポートで高評価なことついてまとめてみた

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)がRowlingstoneウィークリーレポートで高評価なことついてまとめてみた
今回は、Cardano(カルダノ)がRowlingstoneウィークリーレポートで高評価なことついてまとめてみました。

CARDANO(カルダノ)のDaedalus(ダイダロス)ウォレットへADACoin(エイダコイン)を還元する方法まとめてみた

CARDANO(カルダノ)のDaedalus(ダイダロス)ウォレットへADACoinを還元する方法については下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】CARDANO(カルダノ)のDaedalus(ダイダロス)ウォレットへADACoinを還元する方法まとめてみた
今回は、CARDANO(カルダノ)のDaedalus(ダイダロス)ウォレットへADACoinを還元する方法まとめてみました。

まとめ

やはり、CARDANO(カルダノ)は技術力高いと思います。

ICOなどで上がっているベンチャーよりも相当な力のあるエンジニアが揃っていますね。

正直ここまで仮想通貨などのトークンが増えるとより技術力、将来的な価値が高いものが時価総額や使用されるので

ADACoin(エイダコイン)はより注目を今後浴びて行く可能性は高いですね。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE