【お金について】お金儲けは悪なのか!?日本人の清貧思想の価値観についてまとめてみた

【お金について】お金儲けは悪なのか!?日本人の清貧思想の価値観についてまとめてみた

今回は、お金儲けは悪なのか!?日本人の清貧思想の価 […]

【若い人必見】マルクスの資本論から学ぶ!!資本主義社会で生き残る大切な教養!!

【若い人必見】マルクスの資本論から学ぶ!!資本主義社会で生き残る大切な教養!!

今回は、マルクスの資本論から学ぶ!!資本主義社会で […]


【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のDaedalus(ダイダロス)ウォレットがアップデート!?インターリーダー取引の実装を研究中!?情報についてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Cardano(カルダノ) Daedalus(ダイダロス)ウォレット Cardano SL 1.1.0 アップデート

Cardano(カルダノ)のDaedalus(ダイダロス)ウォレットがアップデート!?インターリーダー取引の実装を研究中!?

情報についてまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のDaedalus(ダイダロス)ウォレットがCardano SL 1.1.0にアップデート

Cardano(カルダノ) Daedalus(ダイダロス)ウォレット Cardano SL 1.1.0 アップデート

Cardano(カルダノ)のDaedalus(ダイダロス)ウォレットがCardano SL 1.1.0にアップデートされました。

の特徴は以下の通りです。

・サポート要求機能

新しい「サポート要求」機能により、ユーザーは問題を報告し、Daedalusから直接ログを添付することができます。

この機能は、ネットワークに接続中に遅延が発生したり、ブロックチェーンの同期が停止したりすると、

メインのユーザーインターフェイスと読み込み画面からアクセスできます。

この機能は、開発チームがユーザーが経験している問題を調査し解決するのに役立ちます。

・同時の時刻が不一致の場合エラーメッセージを表示

Daedalusは、ユーザーのマシン上の時刻がグローバル時刻と同期していないときを検出し、

ユーザーに問題の修正を求めるエラーメッセージを表示します。この機能を追加する前に、20秒以上の時間差があった場合、

Cardanoノードはネットワークに接続してブロックチェーンを検証することができず、

Daedalusは「ネットワークに接続中」メッセージこの機能は、時間差の問題のために

ユーザーがローディング画面に保持されるという問題を解消します。

・ウォレットを復元するときの処理の改善

ウォレットを復元するときの処理の改善:ウォレットが回復フレーズから復元されているときに、ユーザー・インターフェースをブロックする代わりに、操作が進行中であることを示すフレンドリーな通知が表示されます。

・ウォレットを復元するときのリカバリー・フレーズ自動入力制御化

ウォレットを復元するときに、リカバリー・フレーズを入力するためのテキスト入力ユーザー・インターフェース制御が、

自動入力制御に置き換えられ、より簡単で素早く単語を入力できます。

・ロゴが両方表示される

読み込み画面が更新され、CardanoとAdaの両方のロゴが表示されます。

・接続/切断状態の処理が改善

接続/切断状態の処理が改善され、失われたインターネット接続が検出され、

ユーザーはウォレットが現在動作していないことを示す読み込み画面に移動します。

・Cardanoのバージョンとビルド番号がDaedalusのバージョン番号とともに表示

‘About’ダイアログが更新され、Cardanoのバージョンとビルド番号がDaedalusのバージョン番号とともに表示されます。

https://github.com/input-output-hk/daedalus/releases

Cardano(カルダノ)はスケーラブルなサブネットワークとサイドチェーンという概念を使って互いに通信する方法インターリーダー取引の実装を研究中

Cardano(カルダノ) インターリーダー取引 実装

Cardano(カルダノ)はスケーラブルなサブネットワークとサイドチェーンという概念を使って

互いに通信する方法インターリーダー取引の実装を研究中とのことです。

以下は本文を翻訳した内容です。

カルダノ(ADA)からインターリーダー取引へ

Cardano [ADA]の創設者であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)のCEOと

インタビューを行った英国の有力なニュース筋によると、カルダノ氏の事業における

真のスケーラビリティとインターリーダーのピアツーピア取引を実現する将来の計画が明らかになりました。

ホスキンソン氏は、データを分離して瞬時に転送する優れた方法を見つけることで、

データセット全体をダウンロードして同期またはアクセスする必要がないようにすることを目指しています。

Cardanoは、ットワークを再帰的インターネットワークアーキテクチャ[RINA]を使用してサブネットワークに分割しようとしているようです。

しかし、データはテラバイト単位とペタバイト単位であるため、最終的にどこかに格納する必要があり、

複雑なデータのプルーニングとパーティションを使用してデータ量を最小限に抑えることでCardanoはそうしたいと考えています。

また、ネットワークデータを細かくする方法を開発しているので、

すべてのユーザーが同じデータセットにアクセスできるわけではありません。

カルダノ氏の研究は、スケーラブルなサブネットワークと、サイドチェーンという概念を使って互いに通信する方法についての研究です。

これはホスキンソンが「interledger transactions」と呼ぶのが好きなものです。

カルダノのブロックエクスプローラ

Cardanoには独自のブロックエクスプローラがあります。

これは、Cardanoブロックチェーン上で発生したトランザクションの履歴を確認するのに使用できる便利なツールです。

カルダノ・ブロック・エクスプローラは、現在実行中のカルダノ・テストネットと、

すぐに開始されるネットワークの実際のバージョン上のトランザクションをチェックするのに役立ちます。

(カルダノテストネットは、実際のネットワークの立ち上げ前に、

エンジニアがスムーズかつ確実に動作していることを確認するためのテストを実行しているネットワークのパイロットバージョンです。)

開発者はカルダノ・ブロック・エクスプローラの機能を構築しており、

統計、チャート、その他多くの機能を含む完全なリソースになる予定です。

ステークマイニングの証拠

CardanoはOuroborosと呼ばれる新たなステーク・アルゴリズムの証明を使用します。

これは、個々のノードがネットワークについてコンセンサスに達する方法を決定します。

このアルゴリズムは、Ada暗号化をサポートするインフラストラクチャの重要な部分であり、ブロックチェーン技術の主要な革新です。

Ouroborosは、仕事のプロトコルのエネルギーを必要とする証拠の必要性を排除します。

これは、より広範な用途のためにスケールアップするための障壁となっています。

IOHKのチーフサイエンティストであるAggelos Kiayias教授のチームを設計したOuroborosは、

数学的に安全であることが明らかにされた最初の証明プロトコルであり、最初の暗号化であるCrypto 2017会議。

Ouroborosによって証明されたセキュリティのレベルは、決して妥協されていないBitcoinのブロックチェーンのレベルと比較されます。

それでは、ステークの証拠は何ですか?

仕事の証明として、鉱夫はコンピューティング力を投資して、次のブロックを作って報酬を得るリーダーとして選ばれるように競う。

対照的に、ステークの証拠では、次のブロックを形成するステークホルダーは、ブロックチェーン元帳によると、

自分が所有するステークのサイズに比例してランダムに選択されます。

「証拠」とは、取引のブロックが合法であるという証拠を有することを意味します。

「ステーク」は、ノード上のアドレスによって保持される相対値を意味します。

「相対値」は、特定のノード上のウォレットが保持する値をすべて、システム内の合計値で割ったものです。

これらのプロトコルには欠陥があり、安全性が証明されていませんが、他のクリプトカルトによって複数の試みが行われています。

ブロックチェーンを安全にするためには、ブロックを作る利害関係者を選択する手段は本当にランダムでなければなりません。

リーダー選挙プロセスのランダム性を生み出すためのOuroborosの革新は、

コインフリッピングプロトコルの安全で多面的な実装によってこれを行うことです。

https://oracletimes.com/cardano-ada-into-interledger-transactions/

・解説

専門用語がちらほら出てくるので、解説します。

・今回の技術はどこに使われるのか?

データセット全体をダウンロードして同期またはアクセスする必要がないようにすることを目指しているこれは、

今のダイダロスウォレットの問題を解決しようとしているのでしょう。

要するに、今のダイダロスウォレットは、取引全体のデータを全てダウンロード及び同期してから行っているので、

あまり起動などを頻繁に行っていないものは、大量のデータをダウンロードの同期を待たなくてはいけません。

これを、改善を目指しています。

データを分割してうまく起動を早める方法を模索しているということですね。

・再帰インターネットアーキテクチャ(RINA)とは

再帰インターネットアーキテクチャ(RINA)のインターネットアーキテクチャの意味は、

インターネットの基本設計や共通仕様、思想という意味です。

再帰インターネットアーキテクチャ(RINA)は

コンピュータであるネットワークアーキテクチャ統合分散コンピューティングで通信を行うという意味合いですね。

RINAは本質的にモビリティ、マルチホーミング、Quality of Service 余分なメカニズムを必要とせずに、

安全でプログラム可能な環境を提供し、より競争の激しい市場の動機となり、シームレスな導入が可能になります。

・パーティション・プルーニングとは

パーティション・プルーニングとは、データ・ウェアハウスの重要なパフォーマンス機能です。

パーティション・プルーニングでは、

オプティマイザによりSQL文のFROM句とWHERE句が分析され、

パーティション・アクセス・リストを構築するときに不要なパーティションが削除されます。

結果として、Oracle Databaseは、SQL文に関連するパーティションに限定して処理を実行できるようになります。

パーティション・プルーニングを行うと、ディスクから取得するデータ容量が大幅に削減され、

処理時間が短縮します。このため、問合せのパフォーマンスが向上し、リソース使用率が最適化されます。

本文に出てきた、データはテラバイト単位とペタバイト単位と言う膨大なデータ量の処理時間を短縮できるということですね。

・スケーラブルのサブネットワークとは

サーバーが扱うデータ量が増えていきます。

そうするとサーバーのハードディスクを増やすもしくは、処理能力を落とさないためにCPUやメモリーを増やす必要が出てきます。

このように、コンピュータ・システムの規模を大きくできることを「スケーラブル」とか「スケーラビリティ」という言葉で表すことが多いです。

・サイドチェーンとは

サイドチェーンの導入により、今まで複数の仮想通貨が持っていた独自のブロックチェーンが相互に結ばれ、

仮想通貨全体を一つのブロックチェーンとして転送することが可能になります。

・結論

ダイダロスウォレットは大量のデータを全体受信していて時間がかかる。

そこで、新しいネットワークの設計を考えている。

方法1:再帰インターネットアーキテクチャ(RINA)を使う

方法2:データをパーティション・プルーニングして縮小させる

方法3:サブネットワークの処理能力を落とさないようにCPUやメモリを増加

方法4:サイドチェーンを使って複数のブロックチェーンで転送する

これらをinterledger transactionsとチャールズホスキンソンは呼んでいるよってことです。

かなり高度な技術が必要になると思いますが、これを実現させちゃおってのが、ギーク集団IOHKですよねwwww

本当に凄まじいエンジニアリング力を持っています。

Cardano(カルダノ)のCoincheck(コインチェック)事件を解決案に対してチャールズホスキンソンのコメント

Cardano(カルダノ) Coincheck(コインチェック) チャールズホスキンソン

Cardano(カルダノ)のCoincheck(コインチェック)事件を解決案に対してのコメントの記事がありました。

以下は本文の引用文です。

仮想通貨は、その急騰劇や取引所のコインチェックへのハッキング攻撃により、一時は異様なほどの関心の高まりを見せた。

事件発生当時に580億円を超えたとされる被害額について、現在も補償問題を絡めた神経質な議論が続いている。

今後の動きについて、関係者はどう見ているのか。

仮想通貨「Cardano」の開発を手掛けるIOHKの創設者で最高経営責任者(CEO)を務めるCharles Hoskinson氏に、

今後の仮想通貨やブロックチェーンの動きについて展望してもらった。

–はじめに、所属するIOHKについて教えてください。

われわれはブロックチェーンのオープンソースソフトウェア(OSS)プロジェクトであるCardanoの開発を手掛け、

暗号化通貨のプラットフォームを公平に管理できるよう努力している。

OSSコミュニティーとしての側面と、ビジネスパートナーとしての側面を両立させながら、収益を上げている珍しい業態だ。

東京工業大学やスコットランドのエジンバラ大学、ギリシアのアテネ大学と共同研究している。

IBMのような研究開発、コンサルティング企業が旧だとすれば、

暗号化通貨の基盤開発を管理することで事業者の商業的な成功を支援する新たなタイプの存在だ。

–日本で大きな問題となったコインチェック事件に、どのようにみていますか?

事件自体は起こることは避けがたいものだ。解決については、失われれたお金をどう補償するかについて、

社会に与えられる印象が論点になる。

海外でもハッキング事件は起こってきたが、今回金融庁など、日本の関係者による対応策を世界中が見守っている状況だ。

自分なら、取引所の保険制度を提案する。今回のような事件が起きたときに、

一般の投資家がお金を取り戻せる保険の仕組みを整えるのだ。日本も導入可能なアイデアとして、

金融庁が暗号通貨のライセンサーなどから一定額の供託金を募りプールすればいい。

その際、金融庁は、自らハッカーの団体を抱え、取引所に仮想的なセキュリティ攻撃を仕掛ける。

セキュリティが試される環境をつくった上で、それに屈せず安全性を担保できたライセンサーには、

プールした供託金の一部を戻すような仕組みだ。

これによりセキュリティの水準を上げ、透明性も担保できる。金融業界と大学が連携すれば、大学からハッカーを募ることも可能だ。

コインチェック事件については、金融庁が主導し、情報を開示して、一般の方の取引所への信頼を取り戻すことが重要と考えている。

–仮想通貨については、ブロックチェーンの特徴でもある自律分散型の思想が重要とする考え方があり、

以前起きたイーサリアムのハッキング被害でも論点になりました。

金融庁が介入し過ぎると、中央集権的になり、分散型ではなくなるとの批判もあります。

歴史は完全に一致せずとも、似た特徴を持ちながら繰り返す。

国家として米国が樹立した際に、George WashingtonやAlexander Hamiltonは強い政府、

すなわち中央主権を志向し、Thomas Jeffersonなどは非中央集権を目指した。この議論はいまだになされている。

ブロックチェーンは、プログラム自体に「分散化」を書き込める特徴がある。

また、中央集権と非中央集権のどちらかを決めるのではなく、

1~10までのように徐々にその特徴を実装できる(Spectrumである)点も強みだ。

–仮想通貨の相場が乱高下していますか、それについてはどのように見ていますか。

これまで6年ほど市場を見てきた。ビットコインが1ドルから10ドルになり、6ドルに落ちてから20ドルになった際は、

みな一喜一憂していた。それが先日2万ドルになった。下がれば新たな投資家が参入してくるという特徴があり、

5年前の日本や韓国もそうだった。今後、インドや南米の新市場により、新たな投資家が生まれるかもしれない。

–ブロックチェーン技術について、仮想通貨以外に、どんな応用が可能と考えますか?

1つは不動産の登記だ。昔の知り合いが米国の石油会社の人だった。

米国のような先進国でも地中にある石油のようなものの権利には曖昧さが生じる。

米国中部の小さな村で、土地の権利書はその保有者もはっきりせず、記録自体が不完全なことも多い。

そういった用途に、書き換えができないブロックチェーンをインフラとして採用すれば、資産を効果的な管理することができる。

もう1つは投票のプラットフォームへの採用だ。現在、米大統領選挙にロシアが介入したかが問題になっている。

さまざまな投票行為に、ブロックチェーンを採用することで、公平性と信頼性を担保できる。

また、デジタル化により正当な仲介者を呼び込むことも可能だ。われわれはアフリカでのビジネス展開も検討しており、

5月に私はエチオピアに行く予定だ。そこでは、ホテル、レストラン、さらに誰を信頼するべきかということまで、

分からない領域がたくさん存在する。ブロックチェーンによってデジタル化された情報があれば、その助けになるかもしれない。

発展途上国などにおける金融「マイクロレンディング」は、金利が30~80%にもなると言われている。

ブロックチェーンを使えば、もっと安価に、安全に送金ができる。そうした面でも、有用性があるだろう。

–現在、30歳ということですが、今後の夢はありますか?

Forbesで5億ドルの価値があるとして紹介された。大統領や実業家のElon Musk氏にも会った。

ブロックチェーン技術は世界をつなぐものだ。世界で一番裕福な人から、貧しい人までが使えるプラットフォームになり得る。

自分のようなごく普通の人間が、世界経済の価値を左右できると考えると、謙虚にならざるを得ない。

ブロックチェーンの技術に敬意を払っている。社会的な物理法則のようなものを見つけ、実装したい。

少しこわいが、楽しい仕事でもある。現在は、このまま歩み続けたいと思う。

https://japan.zdnet.com/article/35115621/

まとめ

Cardano(カルダノ)のインターリーダー取引は非常に面白そうですね!!

深く私も勉強していきます!!

そして、Daedalus(ダイダロス)ウォレットがCardano SL 1.1.0にアップデートしましたね!!

今後、PoSの実装もされるので、楽しみですね!!

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

Youtuberが広めるICO←ピンハネされて詐欺師の養分に。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に5600名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE