FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の4月のロードマップでアップデートされた情報についてわかりやすく説明してみた

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン)4月 ロードマップ アップデート 仮想通貨

今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の4月のロードマップでアップデートされた

情報についてわかりやすく説明してみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とは

CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に関しては、下記の記事を参照してください。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の4月のロードマップでアップデートされた情報

今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の4月のロードマップでアップデートされた情報についてわかりやすく

説明したいと思います。

新しい追加されたものは下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が4月5日にロードマップ更新される!?情報についてまとめてみた
今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が4月5日にロードマップ更新される!?情報についてまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の4月のロードマップは以下のリンクから見ることができます。

https://cardanoroadmap.com/jp/

ペーパーウォレットの導入

Cardano(カルダノ)   ADACoin(エイダコイン) ペーパーウォレット

暗号化のためにユーザーにペーパーウォレットを導入することは非常に大切です。

ペーパーウォレットはCardano(カルダノ)の保有者のために保管されたADACoin(エイダコイン)のセキュリティを保証します。

これらのペーパーウォレットはオフラインウォレットのアドレスを含む印刷可能な証明書になります。

現在このペーパーウォレットのアップデートは33%完了しています。

ハードウェアウォレットの導入

Cardano(カルダノ)   ADACoin(エイダコイン)   LedgerNano S(レジャーナノS)

Cardano(カルダノ)の開発チームはLedgerNano S(レジャーナノS)のハードウェアウォレットのサポートを構築しています。

このアップデートの第一段階ではハードウェアウォレット自体で実行できるCardano(カルダノ)のアプリケーションを作成しています。

この新しいプロジェクトは既存のADA(エイダ)ウォレットであるDaedalus(ダイダロス)とのさらなる統合を追加しようとしています。

このupdateが完了すれば、Cardano(カルダノ)ユーザーは安全なコールドストレージプロセスを使用して

ADACoin(エイダコイン)をオフラインで保存が可能です。

【仮想通貨】ハードウェアウォレットであるLedger Nano S(レジャー・ナノS)を安心で安く購入する方法についてまとめてみた
今回は、ハードウェアウォレットであるLedger Nano S(レジャー・ナノS)を安心で安く購入する方法についてまとめてみました。

新しい経理パラダイム

Cardano(カルダノ)   ADACoin(エイダコイン) CCL CSL

Cardano(カルダノ)は様々な層に新しい会計モデルを導入しようとしています。

例えば、Cardano(カルダノ)の計算層(CCL)はイーサリアムのアカウントベースのスタイルを使用するのに対して、

UtxO形式の会計はCardano(カルダノ)の決算層(CSL)に使用されます。

Cardano(カルダノ)の開発チームは、Cardano(カルダノ)ユーザーの特定の要件に対してこれら2つの会計スタイルを

切り替える仕組みを作成しようとしています。

このアップデートは現在50%完了しています。

ここでCCLやCSLなどの用語が出てきたので、解説しましょう。

Cardano Computation Leayer(CCL)

CCLは分散型アプリケーション(DApps)やスマートコントラクトを実行する中で個人を断定しコンプライアンスを補助します。

CCLはERCトークンの様に独自のトークンを発行する為であったりAML/KYCといった様々なコンプライアンス部分なども

個別にカスタマイズ対応できます。

Cardano Settlement Layer(CSL)

CSLは数あるアカウントを保持し会計台帳となり、ADACoin(エイダコイン)の送受信などが可能です。

ADA保持者は、PoSアルゴリズムによって高速かつトランザクション能力の高い

CSL上での取引でビットコイン同様のプライバシー保護が受けられます。

Plutus Coreの実装

Cardano(カルダノ)   ADACoin(エイダコイン)Plutus Core

Plutus Coreは、現在使用されているもっともシンプルで安全なプログラミング言語の1つになります。

Cardano(カルダノ)チームは計算層にこの高性能な言語を実装しようとしています。

Plutus Coreは、様々な検証手法を可能にするための決算層でも使用されます。

このプロジェクトは現在12%完了してます。

Plutus Core

Plutus Coreは、スマートコントラクト用プログラミング言語の構築になります。

Plutus Coreは数学的な部分が強い言語なので正しさを数学的に証明するのに適している言語です。

IELE仮想マシンの開発VI

Cardano(カルダノ)   ADACoin(エイダコイン) IELE仮想マシン

この新しいバージョンのIELE仮想マシンは、より高度な言語を翻訳してスマートコントラクトを実行できる

より低いレベルの統一されたプラットフォームとして機能します。

この更新されたIELE仮想マシンは、全ての言語に渡って均一なパラダイムを提供します。

つまり、IELE仮想マシンはセキュリティで保護されたスマートコントラクトの作成が容易になります。

この開発は現在50%完了しています。

IELE仮想マシン

IELE仮想マシンは、既存の汎用的なプログラミング言語を使用することができます。

つまりエンジニアは自分の得意なプログラミング言語でスマートコントラクトを書くことが可能になります。

まとめ

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)は非常に技術的な要素が多いので、一般の人から見ると

ちんぷんかんぷんで、なかなか良いものかが伝わりにくいです。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のロードマップのアップデート似寄り

ホルダーセキュリティ面やブロックチェーンの開発のソリューションなどをしっかりと行っています。

間違いなくCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)は他の銘柄とは違う技術力の高い銘柄だと確信しています。

マーケティング要素が好きであれば、あまりCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に対してピンとこないと思いますが、

技術ベースで考えてみればCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)は投資するべき対象だと思っています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE