FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とRipple(リップル)は2018年どっちを買うべき!?情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) Ripple(リップル) 仮想通貨

今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とRipple(リップル)は2018年どっちを買うべき!?情報についてまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とRipple(リップル)はどっちを買うべき!?

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とRipple(リップル)はどっちを買うべきかという情報が海外で取り上げられていたので、

下記は本文を翻訳した、内容になります。

XRPとADAの価格はどちらも現在屋根を通過していますが、その可能性は最も高いのですか?

過去48時間の間、リップルとカルダノの両方が30%以上急上昇しました。Rippleは現在、Ethereumを引き継ぐ時価総額に基づいて2番目に大きい仮想通貨であり、

CardanoはLitecoinを渡した後で5番目に大きい仮想通貨です。

カルダノの最近のスパイクは、次のイーサリアムになることを期待して、来週のリリース予定のプラットフォームのための次の主要なアップデートのために来た。

Rippleはアジアで新たなパートナーシップを発表した後、カード決済にXRPが使用される可能性があるとの見事な成長を見せています。

リップルが潜在的な理由

Rippleの潜在的な可能性は、現在銀行が国際取引に使用している古いSWIFTシステムを、銀行や金融機関に預けることができるかどうかにあります。

Rippleは、SWIFTよりもはるかに高速かつ安価にトランザクションを処理でき、数日ではなく数日で処理できます。

米国では、リップルはAmerican Expressとの提携を11月下旬に発表しました.

Ripple のブロックチェーンネットワークを通じて American Expressのビジネス顧客をFXIPプラットフォームで開放し、

支払いをルーティングしています。リップル氏は、XRPは「後で」支払いをスピードアップするためにアメリカン・エキスプレスとともに使用されると付け加えた。

このパートナーシップは、英国の銀行サンタンデールとリンクしており、瞬時に米国から英国への支払いが可能です。

Rippleと日本の金融サービス会社であるSBI Holdingsの合弁会社SBI Ripple Asiaは、

今週初め、Rippleなどの分散元帳技術がカード決済で果たす役割を調べるコンソーシアムを作成すると発表しました。

このコンソーシアムは、電話番号またはQRコードを使用してRippleを通じて支払いを可能にする技術を既に開発しています。

アジアの企業はすでに75以上の大グループがRippleをサポートするために登録しており、それ以上のことはしていない。

世界のトップ50の銀行のうち15社もリップルと何らかの形で協力してきました。

CoinbaseとXRPを取り上げている他の主流暗号化ブローカーの噂が真実であれば、引き続き価格の上昇を見通すことができます。

同様に、より多くの銀行が国際取引のためにリップルとパートナーシップを続け、

SWIFTから引き継ぎ始めると、それ以上のスパイクが発生する可能性があります。

適切なパートナーシップが成立し、銀行が引き続きこの技術を採用すれば、

来年末までに5ドル、10ドル、または20ドルに達する可能性があります。

しかし、そのすべてはパートナーシップに依存します。

なぜカルダノに潜在力があるのか

Bitcoinを第二世代の第一世代暗号であるEthereumと考えるならば、Cardanoは第三世代の仮想通貨となる。

持続可能性、スケーラビリティ、相互運用性という現在のコインの3つの最大の課題を解決したいと考えています。

Cardanoの最大の利点は、Bitcoinと異なり、2つのレイヤーで構築されていることです。

あなたは、より効率的なビットコインとして機能するCardano決済レイヤーと呼ばれる最初のレイヤーを持っており、残高台帳と基本的な取引面を処理します。

それはCardano計算層と呼ばれる2番目の層を持っています。

これは、Cardanoで構築された分散アプリとスマートコントラクトが基盤となり、CSLレイヤとは別に動作できる場所です。

これらの複数のレイヤーは、フォークなしでプラットフォームに変更を加えることもできることを意味します。

Cardano自体は、ピアレビュー学術研究によって開発され、非常に安全と見なされ、

コードを検証するための正当性の数学的証明を使用するHaskellプログラミング言語に基づいています。

カルダノは、分散型アプリケーション開発とスマートコントラクトの新しいデフォルトになる可能性があります。

これは、トランザクションをより高速に処理して処理できるためです。プラットフォームはまた、EthereumのSolinity言語で書かれたスマートな契約もサポートします。

2018年にはどれが大きくなるでしょうか?

リップルやカルダノが長期的には大きくなるかどうかは分かりませんが、今後12ヶ月でリパールがカルダノを凌駕するはずです。

リップルの技術はすでに開発されており、2018年には世界中で新しいパートナーシップ契約を結んでおり、XRPの価値も高まるはずです。

アメリカン・エキスプレスとサンタンデールとの提携の成功は、世界中の金融機関が可能な解決策であるかどうかを見ていく中で、重要となるだろう。

現在の価格はUS $ 2を超えているため、2018年末までにUS $ 5またはUS $ 10に達するとは思えません。

カルダノは、バケツに潜在的な負荷があるが、まだ完成したプラットフォームではない。

年に一度の更新が予定されていますが、現実世界でそれ自体を証明する必要があります。

現在、ADAトークンは0.70ドル前後で、次の月には1ドルを超える可能性がありますが、カルダノのプラットフォームが稼動して実行されるまでは、それはどれくらい高いかわかりません。

https://www.finder.com.au/ripple-or-cardano-which-should-you-buy

まとめ

どちらも私個人は期待している通貨なのはまちがいないので、長期的に保有し続ける通貨の2つになります。

私自身のポートフォリオ的にもこの2つが上位を占めていますね。

ADACoin(エイダコイン)とRipple(リップル)は長期的に期待しています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE