FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のOuroboros(ウロボロス)の改善版「Ouroboros Praos」の論文が学会に承認!?IntelとARM提携を結ぶ!?情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ)Ouroboros Praos 論文 承認 仮想通貨

今回は、Cardano(カルダノ)のOuroboros(ウロボロス)の改善版「Ouroboros Praos」の論文が学会に承認!?IntelとARM提携を結ぶ!?情報についてまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とは

CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に関しては、下記の記事を参照してください。

Ouroboros(ウロボロス)の改善版「Ouroboros Praos」の論文が学会に承認!!

Cardano(カルダノ)Ouroboros Praos 論文 承認

Ouroboros(ウロボロス)の改善版「Ouroboros Praos」の論文が学会に承認された模様です。

チャールズホスキンソン氏がTwitterでアナウンスをしていました。

下記のリンクの67番目に、「Ouroboros Praos: An adaptively-secure, semi-synchronous proof-of-stake blockchain」という名前が記載されています。

学会に承認されている技術なので、やはりIOHKの技術力は高いですね。

学会などを通すことで実社会や国レベルといったものにブロックチェーンなどの技術を使う時には信頼が必要になるので、

こうした学会で承認がされているというのは、より実用的な社会に向けて動いているということが考えられます。

https://eurocrypt.iacr.org/2018/acceptedpapers.html

では今回の、EuroCryptという学会がどれだけすごいのかというと、コンピュータセキュリティ会議のランクでは、ランク1にいます。

Cardano(カルダノ)Ouroboros Praos 論文 承認

それだけ、大学とかで論文を書いたことがある人ならわかると思いますが、論文はそれなりにしっかりとした内容でなければ、

承認されることもないですし、ランク1に入る学会で承認されたのは技術的に素晴らしいということです。

http://faculty.cs.tamu.edu/guofei/sec_conf_stat.htm

今回のOuroboros Praosの論文は下記のリンクから閲覧することが可能です。

https://eprint.iacr.org/2017/573.pdf

Cardano(カルダノ)はARMとIntel(インテル)と提携を結ぶ!?

Cardano(カルダノ) Intel(インテル) ARM 提携

しれっと書いてあり、気づきませんでしたが、Cardano(カルダノ)はIntel(インテル)と提携を結ぶようです。

今後2018年後半から2019年にかけてARMとIntel(インテル)と提携を結ぶことを前提としているようです。

ARMとは、半導体市場で影の主役として君臨する企業です。

Cardano(カルダノ) Intel(インテル) ARM 提携

スマートフォンに搭載される半導体の約9割にARMの技術が使われるなど、圧倒的な存在感を誇っています。

また、ARMはソフトバンクが3.3兆円で買収を決めている会社のようです。

http://diamond.jp/articles/-/95972

Intel(インテル)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーです。

Cardano(カルダノ) Intel(インテル) ARM 提携

この2つの観点を見ると、Cardano(カルダノ)は半導体メーカーとの兼ね合いがあるのではなかと思います。

最近だと、ブロックチェーンスマホ開発をしているSirinLabsと提携するという話が出ていましたが、ソフトウェアではなく、ハードウェアの方にも

力を入れているのではないかと予想ができますね。

みなさんの生活にも半導体はなくてはならないものです。

Cardano(カルダノ) Intel(インテル) ARM 提携

例えば、パソコンやゲーム機、TV、スマートフォン、そして自動車など、

半導体はそれらの製品で、情報を記憶する、数値を計算する、というような人間の頭脳にあたる役目を担っています。

こうした、半導体メーカーとCardano(カルダノ)とのブロックチェーンの技術を使うというビジョンが見えますね。

株式会社EMURGO(エマーゴ) が仮想通貨Cardano (カルダノ)のブロックチェーン開発者や技術者の交流を目的とした交流会を開催!!

EMURGO(エマーゴ) 仮想通貨 Cardano (カルダノ)

株式会社EMURGO(エマーゴ) が仮想通貨Cardano (カルダノ)のブロックチェーン開発者や技術者の交流を目的とした交流会を開催する模様です。

株式会社EMURGO(エマーゴ) とは2017年、カルダノに特化したブロックチェーン技術の提供および投資・育成事業を目的に設立されています。

カルダノブロックチェーン技術を用いたベンチャー企業への投資および技術提供を通じて

業界にイノベーションを起こすビジネスパートナーへ発展させ、カルダノエコシステムを構築して参ります。

https://emurgo.io/

以下は本文の引用です。

株式会社EMURGO(エマーゴ) (東京都渋谷区、代表取締役社長・児玉健)は、2018年2月5日から、

仮想通貨Cardano (カルダノ)のブロックチェーン開発者や技術者の交流を目的としたMeet Up(交流会)を開催致します。

「EMURGO Meet Up for Developers & Enterprises」では、カルダノブロックチェーンの活用に特化し、

カルダノにおけるDAppsやスマートコントラクト構築、ブロックチェーン技術の最新情報を知りたい開発者や企業を対象として開催いたします。

初回のMeet Upには、韓国SPES社(EMURGO子会社)の最高技術責任者―Andy Byungchul Lee(アンディー・ビュンチュル・リー)、

およびEMURGOの技術者による「カルダノと他のブロックチェーンの違い」や

「スマートコントラクトの構築や応用」など、カルダノブロックチェーンについて解説いたします。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000030305.html

株式会社EMURGO(エマーゴ)のサイトから見るCardano (カルダノ)の技術の応用

株式会社EMURGO(エマーゴ)のサイトにはCardano (カルダノ)の技術の応用について記載されていました。

Cardano (カルダノ)の技術がどういうものが出来上がるのかというビジョンがあまりありませんでしたが、このサイトを見る限りだと

金融業界、法律、物流業界などに参入してくことがわかりました。

おそらく、他の分野にも活用幅があるとは思いますが、こうした分野にCardano (カルダノ)のブロックチェーンなどの技術が活用されるというわけですね。

金融業界

・銀行業界向けのスマートコントラクト

・資産取引および決済

・有形資産のデジタル化

・分散型電子金融システム

法律

・強制執行可能なスマートコントラクト

・身分証明書の電子化

・分散型の自律組織

・電子公証

物流業界

・サプライチェーン・マネジメント

・貿易金融

・原産地および真正性の検証

・分散ドキュメント管理

Cardano (カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がワシントンポストに掲載!!

Cardano (カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がワシントンポストに掲載されました。

要点としては、

・Bitcoinの競合として認知

・次世代ブロックチェーン

・売上の倍率が投資としても魅力

以下は本文を翻訳した内容です。

Bitcoinが12月16日に19,000ドル以上のピークに達するように、Bitcoinが2017年に14倍以上に上昇したとき、それは総額3290億ドルの市場価値をもたらした。

これは南アフリカの国内総生産またはアイルランド。

同じように驚くべきことに、おそらくBitcoinの価値は、Bitcoinの(多くの)アップと(時折の不快感を含む)ダウンと

主にロックステップで動いた次の最大4つの暗号化されたマーケットキャップの組み合わせによって消え去っている。

デジタルマネーを信じる者にとって、競合するコインの出現は、多くの場合特殊な用途を持ち、フィールドの成熟の兆しです。

懐疑派にとって、Bitcoinはバブルの中にいるという別の兆候です。

1. Bitcoinの最大の競合相手は何ですか?

時価総額で最大の4つは、

Ether(またはEthereum、よく呼ばれる)、

Ripple(別名XRP)、Bitcoin Cash、Cardanoです。

これらのうちの1つは、Bitcoinからリーダーシップを取り戻し、将来の事実上のデジタルコインになる可能性があります。

集合的に、非Bitcoinコインはaltcoinsとして知られています。CoinMarketCap.comによると、このようなコインやトークンは7,500以上あり、

そのうちの約5分の1が本格的なデジタル通貨とみなされています。

https://www.washingtonpost.com/business/these-digital-coins-soar-or-fall-with-bitcoin-quicktake-qanda/2018/01/16/2a72ffc4-fad3-11e7-9b5d-bbf0da31214d_story.html?utm_campaign=buffer&utm_content=buffer8bcee&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_term=.3b1fb6b8b21e

Cardano (カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が新たに韓国の取引所であるOKCOINkr上場予定!?

Cardano (カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が新たに韓国の取引所であるOKCOINkr上場予定です。

OKCOINの韓国版が、OKCOINkrでおそらくそこに上場するのではないかと思います。

理由としては、公式サイトにもCardano (カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のマークが記載されているので、

間違いないと思います。

UPBITやOKCOINkrと韓国に力を入れているのがわかりますね。

OKCOINkrの取引所は下記のリンクになります。

http://okcoinkr.com/

まとめ

Cardano (カルダノ)のことが今回自分で調べていて、より深くなっていきました。

正直、Cardano (カルダノ)の取り組んでいることが壮大なので、ぴんとくる人が少ないのですが、長い年月をかけて

進化してほしいなと思いました。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE