FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が新機能続々近日公開予定!?情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) 新機能 近日公開予定 仮想通貨

今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が新機能続々近日公開予定!?

情報についてまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が新機能続々近日公開予定

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) 新機能 近日公開予定

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が新機能続々近日公開予定のようです。

ソースはチャールズホスキンソンの2018年7月19日に公開された動画を元に書いていきます。

では近日公開予定の新機能について解説していきたいと思います。

詳しくは下記の記事を参照してください。

https://forum.cardano.org/t/19-07-2018/14293

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が近日公開予定の新機能:Prometheus(プロメテウス)

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) Prometheus(プロメテウス)

Prometheus(プロメテウス)とは、

・ブラウザウォレット

・ソフトウェアウォレット

・コマンドラインウォレット

などの複数のウォレットを管理するツールボックスです。

9月にリリースを予定だそうです。

Prometheus(プロメテウス)に関しては下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のチャールズホスキンソン氏が新たなPrometheusを近日公開!?情報についてまとめてみた
今回は、Cardano(カルダノ)のチャールズホスキンソン氏が新たなPrometheusを近日公開!? 情報についてまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が近日公開予定の新機能:Plutus

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン Plutus

Plutusとは、スマートコントラクトを書くための汎用言語です。

主な機能としてデータを複数のプラットフォームで安全に切り替えることを目的にしています。

Cardano(カルダノ)は独自のERC20スタイル基準も備える予定だそうです。

現時点では、ERC-20はIELEとKEVMを介してサポート可能です。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が近日公開予定の新機能:スマートコントラクト

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) スマートコントラクト

つまりスマートコントラクトとは、

プログラムによる契約の自動化する機能になります。

具体的には、契約の条件確認や履行までを自動的に実行させます。

Cardano(カルダノ)では2つのスマートコントラクトのテストネットを公開しました。

その大きなライブラリと体系的利点のために表面言語である

Solidity(ソリディティ)を使用していることを明らかにしています。

SolidityがIELEとテストネットである

KEVMの両方をテストするために使用されることが示されています。

7月と8月については、IELEとKEVMのテスト言語としてSolidityが使用されるとのこと。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が近日公開予定の新機能:サイドチェーン

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) サイドチェーン

サイドチェーンとは、優先度に関係なくブロックチェーン間でトークンを動かすことが出来る

ブロックチェーン技術になります。

現在議論される話題は主に2つで、

・Ouroboros Genesisの形式化とこれに関して必要とされるすべて

・実のプロトタイプ構築とサイドチェーンの形式化

のようです。

また、8月末に、多くの科学者と技術者が集合するようです。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が近日公開予定の新機能:Ledgerサポート

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) Ledger Nano S

ハードウェアウォレットのLedgerについてですが、

今後、より簡潔な新しいアドレス構造と、

すぐに導入される新しいHDウォレットスキームがあるようです。

Ledgerの更新は2つ存在しており

・Daedalusに対するもの

・コールドステーキングのような他の機能に対するもの

です。

コールドステーキングとは、Ledgerで支出キーを残している場合に、

委任に使用するためにDaedalusや

その他のウォレットにプロキシーキーを作成することができるものらしいです。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が近日公開予定の新機能:マルチシグネチャ

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) マルチシグネチャ

マルチシグとは、

1つのウォレットアドレスに複数の鍵を所有することです。

つまり、セキュリティーを高めるために秘密鍵を複数設定することを意味します。

Cardano(カルダノ)のマルチシグネチャでは、

信頼できるサーバーを使用して当事者とのアカウントを作成する際には、

ペンディングになっている署名がある人に実際に署名を追加するまで

ネットワークにブロードキャストしない旨を警告できるようにするか、

または、信頼できるサーバーがない場合、原則的な方法によって行うようです。

これらの機能をShelleyに組み込むよう計画されています。

まとめ

Cardano(カルダノ)は他の銘柄に比べてエンジニアの技術力が凄いので

基盤となるブロックチェーンや

今後の仮想通貨の発展を考えた新しい概念のそうぞなどを行っていき、

Cardano(カルダノ)だけではなく先頭に立って技術発展をして欲しいと思っています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE