FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の3月の最新情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) 3月 最新情報 仮想通貨

今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の3月の最新情報についてまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とは

CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に関しては、下記の記事を参照してください。

Cardano(カルダノ)の週間技術レポートが更新される

Cardano(カルダノ)の週間技術レポートが更新されました。

特にこの文章ですよね。

「今週、チームメンバーの一人が公式に直接の為替窓口担当として任命され、一つの取引所とコンタクトを取り、

インテグレーションチームはその取引所から質問リストを受け取りました。」

続々と取引所にも上場していきそうですね。

https://www.cardanohub.org/ja/weekly-technical-report-2/

3月8日号の週刊新潮の記事にCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が推薦される!?

3月8日号の週刊新潮の記事にCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が推薦されていました。

記事には、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が長期的に

1000倍〜1万倍になると記載されています。

今30円ぐらいなので、1枚30000円〜30万円になる可能性があるということです。

非常に楽しみですね。

Cardano(カルダノ)の開発者であるチャールズホスキンソンが東京理科大学でミーティング

Cardano(カルダノ) チャールズホスキンソン 東京理科大学 ミーティング

Cardano(カルダノ)の開発者であるチャールズホスキンソンが東京理科大学でミーティングを行っているようです。

Cardano(カルダノ)の開発者であるチャールズホスキンソンが日本で朝日・日経・Bloomberg・その他6社のインタビューを受ける!?

Cardano(カルダノ)の開発者であるチャールズホスキンソンが日本で朝日・日経・Bloomberg・その他6社のインタビューを受けたようです。

やはり、足りないのは認知度だと思うので、こうした広報的なことでよりCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が

広まると良いですね!

日本初のCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)で不動産が買えるサービスをスタート

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) JITホールディングス 不動産

日本初のCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)で不動産が買えるサービスをスタートしています。

JITホールディングス株式会社 (本社:東京千代田区) は、ADACoin(エイダコイン)で不動産購入が行えるサービスを、

ビットコイン不動産投資サービスに引き続きスタートいたします。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がこうした決済などにどんどん使われると良いですね!!

https://jithd.co.jp/ada/

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)は2018年が大きな変革な時である!?

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)は2018年が大きな変革な時であるという情報が入りました。

以下は本文を翻訳した内容です。

重要なところを黄色で太文字で現しました。

Cardano(ADA)の創設者であるCharles Hoskinsonは、

彼が開発したプロジェクトが今後BitcoinとEthereumの両方を上回ると確信しています。

開発者は彼の声明を支持するために重大な事実を提供する。

チャールズが最初に理解するのは、開発のスピードです。

EthereumのクリエイターはすでにEthereum CasperでPoSコンセンサスの新しいメカニズムを3年間開発していますが、

カルダノの開発者はこのコミュニティに実証的な検証証明ネットワークを提供するのに1.5年かかりました。

第2に、Cardanoは多くのブロックチェーンネットワークと互換性モードで動作できることに注意してください。

このように、Ethereumプラットフォーム上で作成されたスマートコントラクトをCardanoブロックチェーンに配置することができます。

これにより、作業をスピードアップするだけでなく、コストを大幅に削減します。

また、ADBブロックチェーンで使用されている技術であるOuroborosは、バグのほとんどない、脆弱が最も少ない1つと考えられています。

2018年はプロジェクトの大きな変革の時です。

2018年の半ばに、OuroborosはShelleyプロトコルに置き換えられ、

秋にはスマートコントラクトの実装のためにプラットフォームに新しいレイヤーが導入されます。

このようなプラットフォームの迅速かつ有望な開発は、Ethereumスマート契約の所有者の注目を引き付けることができ、

将来Bitcoinの支持者を引き付けることもできます。

http://cryptoconsulting.info/2018/news/cardano-is-the-future/

この記事を読むと、

Ethereum(イーサリアム)はPoSのコンセンサスアルゴリズムを作るのに3年かかっていますが、

Cardano(カルダノ)は1.5年で作成しています。

驚くほど技術力が高いということですね。これはどの銘柄持っている人でも認めざるおえない事実だと思います。

また、多くのブロックチェーンネットワークと互換性モードで動作できるというのは、

クロスチェーンを指していると思います。

今の時点ではそれぞれの銘柄に対してブロックチェーンが存在しています。

例えば、使っているブロックチェーンが現在のように異なると、

・情報や価値の送信にけっこうな手数料が掛かる

・セキュリティ上のリスクが増える

・面倒

という弊害があります。

クロスチェーンという技術は、こうした問題を解決します。

記事の中には、Ethereumプラットフォーム上で作成されたスマートコントラクトをCardanoブロックチェーンに置き換えるなどもできるので

より利便性や拡張性に繋がっていくと思います。

これも重要ですよね、Ouroborosは、バグのほとんどない、脆弱が最も少ない1つと考えられています。

Ouroborosのコンセンサスアルゴリズムも評価としてされているので、技術力が相変わらず高いなという印象を受けました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とCentra(セントラ)ウォレットが提携

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) Centra(セントラ)

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とCentra(セントラ)ウォレットが提携しました。

ソースはツイッターです。

Centra(セントラ)については下記の記事を参照してください。

【ICO】世界初のマルチブロックチェーンデビットカードの仮想通貨「Centra(セントラ)」についてまとめてみた
今回は、世界初のマルチブロックチェーンデビットカードの仮想通貨 Centra(セントラ)についてまとめてみました。

原文:

The #Centra Wallet has now launched #Cardano $ADA as a spendable asset.

Deposits and Withdrawals are open immediately. @CardanoStiftung @Cardano_ @ADAcoin_

翻訳:

#Centra Walletは、#Cardano $ ADAを費用のかかる資産として開始しました。

預金と引き出しはすぐに開かれます。 @CardanoStiftung @Cardano_ @ADAcoin_

ビットコイン投資プラットフォームSpendherの創設者であるSkye Dunworth氏はCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が50ドルに達すると予測

ビットコイン投資プラットフォームSpendherの創設者であるSkye Dunworth氏は

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が50ドルに達すると予測しています。

以下は本文を翻訳した内容です。

今日の大部分のcryptocurrencyの価格は、2018年の大胆な予測のいくつかを検討しました。

Bitcoin投資プラットフォームSpendherの創設者であるSkye Dunworthは、$ 50のカルダノの価格予測を行っている。

今日のCardano価格0.33ドルから、15,051%の潜在的利益が得られます。

「カルダノのスケーラビリティと相互運用性には大きな可能性があります。彼らがより広範に普及していくことができれば、

今年は幾分指数関数的な上向きの動きが見られるでしょう」とダンワー​​ス氏はFinder.comに語った。

Cryptocurrency News Today(2018年2月27日)

地方税のシーズンを経て、Coinbaseは13,000件以上の口座の税務記録を内国歳入庁(IRS)に送付していると発表しました。

この発表は、暗号化交換が税務当局によって提出された大手の裁判所の判例を失った後に行われた。

暦年に$ 20,000以上のcryptocurrenciesで取引している人は、IRSの精査の対象となります。

一方、グローバル投資大手BlackRock(NYSE:BLK)は、月曜日に暗号侵害セクターに関する強気な報告を発表した。

ブラックロックのグローバルチーフ・インベストメント・ストラテジスト、リチャード・ターニル氏は次のように述べています。

「市場が成熟するにつれて、クリプトクロスが将来広く利用される可能性が高いと考えています。

しかし、現在のところ、潜在的に完全な損失を抱える可能性がある人だけが考慮されるべきだと考えている。

同様に、ブロックチェーンは、有望な未来に到達するためには大きなハードルを克服する必要がある。

以下は、ESTの午後3時にトップクリプトカレンシー価格の要約です。

ビットコイン:$ 10,745.00、+ 4.10%

イーサリアム:$ 881.56、+ 1.61%

リップル:$ 0.95、-0.44%

ビットコインキャッシュ:$ 1,231.18、-0.06%

ライトコイン:217.12ドル、-2.18%

現在のすべての物価動向を知るようになった今、これらのcryptocurrenciesを動かしてきたのは…

今日のCryptocurrency Markets

火曜日に、グローバル暗号暗号部門の時価総額は、456億ドルとなった。

このスペースの今日のトップパフォーマーはBlockNetで、これは21.3%以上を獲得しました。

DigixDao(20.03%増)、OmiseGo(14.98%増)、Aeternity(11.09%増)、Nano(10.81%増)、Binance Coin(8.71%増)、

IOTA (8.19%増)、NEO(5.73%増)、EOS(5.60%増)となった。

VeChain(-6.54%減)、RChain(-3.91%減)、Lisk(-3.11%減)、Status(-3.17%減)、QTum(-2.77%減)などの

時価総額上位100社からの最悪のパフォーマーは、 、Litocoin(-2.18%減)、ICON(-2.14%減)、Verge(-2.09%減)などが挙げられる。

Bitcoinの「クリエイター」が勝つ

オーストラリアの投資家でBitcoinを発明したと言われるCraig Wrightは、

元ビジネスパートナーの家族からオーストラリアドルで100億ドルで訴えられています。

Dave Kleimanの家族は、Wrightが数十万のビットコーを盗む計画に従事していると主張する。

読んでおく必要があります:これは、Atari Tokenよりも利益を上げるでしょう

この話の奇妙な点は、裁判所の判決が進むと、

WrightはBitcoinの作成者であると主張する証拠を提出しなければならない可能性があるということです。

Litecoin価格はLitePayの発売にもかかわらずリトリート

Litecoinの価格は遅れて支払い処理システムLitePayの発売に浸った。

新しい支払い処理担当者は、最近のクレジットカード会社による暗号化の購入を制限する決定を引用して、

消費者ロールアウトを延期することに決めました。

その結果、ライトコインの価格は下がり、LTCの価格は1週間で10%以上も下がっています。

しかし、これは一時的なもので、懸念する理由はないようです。

LitePayプラットフォームは、ライトコインを6大陸の製品やサービスの支払いとして受け入れることができます。

https://moneymorning.com/2018/02/27/this-cardano-price-prediction-sees-prices-reaching-50/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+moneymorning%2FjOLe+%28Money+Morning%29

Cardano(カルダノ)のEmurgo(エマーゴ)のネット配信が3月2日の19時からスタート

Cardano(カルダノ)のEmurgo(エマーゴ)のネット配信が3月2日の19時からスタートする模様です。

チャールズホスキンソン氏がCardano(カルダノ)次期バーションShellyに関して話す模様です。

チェックしておきましょう!!

3月5日にCardano(カルダノ)のロードマップ更新

3月5日にCardano(カルダノ)のロードマップ更新されます。

毎月こうしたロードマップの更新をしてくれる、Cardano(カルダノ)は勤勉だと思います。

どんな内容が発表されるか楽しみですね!!

まとめ

いろいろと長くなりましたが、現状はこんな感じでどんどんCardano(カルダノ)も進化していますね。

今後に期待です!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE