FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)K-EVMのテストネット公開!!情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン)K-EVM テストネット 公開 仮想通貨

今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)K-EVMのテストネット公開!!情報についてまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とは

CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に関しては、下記の記事を参照してください。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)K-EVMのテストネット公開!!

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン)K-EVM テストネット 公開

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)K-EVMのテストネット公開されました。

Cardano(カルダノ)の最初のスマートコントラクトのテストネットになります。

K-EVMとIELE仮想マシンのテストネットは、

IOHKとアーバナ・シャンペーンのイリノイ大学の創業者であるGrigore Rosuが

Computer Scienceの教授を務める技術研究開発スタートアップ企業であるIOHKとRuntime Verification(RV)の協力の結果です。

ランタイム検証では、数学的に根拠のある原則に基づいてシステムを安全に設計し、

NASA、NSF、DARPA、ボーイング、トヨタ、デンソーなどの公共および民間部門との研究協力を行っています。

ランタイムベリフィケーションが開発した正式な解析と検証技術は、正式な仕様からVMを生成することから、

正式な方法でVMを生成することから、プログラムの機能的正しさを形式的に検証することまで、

あらゆるレベルのK-EVMとIELE仮想マシンに組み込まれています。

これらのVM上で動作します。

これらはすべて、第三世代のブロックチェーンの約束を果たすために不可欠です。

この数学的に厳格なアプローチを採用することで、人的プログラミングミスのリスクが排除され、

より安全で堅牢なスマートコントラクトを作成することができます。

IOHKは、第3世代のブロック鎖の開発をリードする研究およびエンジニアリング会社です。

同社はいくつかの大学と提携しており、研究者はブロックチェーン技術で採用される新しい研究を記述したピアレビュー論文を作成しています。

ソフトウェア設計へのアプローチでは、IOHKは第一の原則から出発します。

航空宇宙や医療などのミッションクリティカルな業界で見られる正式な手法が開発プロセスに採用されています。

IOHKはCharles HoskinsonとJeremy Woodによって創設され、

チームは分散システムからゲーム理論やプログラミング言語設計までの専門家で構成され、世界中に拠点を置いています。

以下のリンクから詳細を見ることが可能です。

https://testnet.iohkdev.io/goguen/

Goguenのアップデートとは?

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のGoguenのアップデートについて詳しくまとめてみた
今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のGoguenのアップデートについて詳しくまとめてみました。

テストネットとは?

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン)テストネット

テストネットは開発者がまだ開発中の新しいソフトウェアを試すために使用できるブロックチェーンです。

テストネットでは、コードが想定どおりに実行されていることを確認し、パフォーマンスに関するフィードバックを得ることができます。

KEVMおよびIELEテストネットによって提供されるテスト環境では、仮想マシン(VM)とテストトークンを使用して、

スマートコントラクトのテストと検証を行います。

これは、開発者がメインネット上で作業せずに実験することができ、実際のトークンをテストに使用する必要がないことを意味します。

テストネットは、ユーザーのデスクトップ(Windows、Mac、Linux)にインストールできるウォレットを提供します。

ユーザーはこのWebサイトからウォレットをダウンロードできます。

KEVMとIELEテストネットは、IOHKが開発したEthereum ClassicのフォークであるMantisクライアント上で動作します。

MantisはさまざまなVMで使用できるように設計されており、プラグイン可能なコンセンサスモデルで設計されているため、

ユーザーはネットワークに最適なアルゴリズムを選択できます。

Ethereum仮想マシン(EVM)で契約を使用する開発者は、KEVMテストネット上でそれらを実行することができ、

これらの契約はほとんどの場合、Solidityで書かれます。

開発者はIELE VMテストネット上で契約を結ぶことができ、Solidityで書かれていることを推奨します。

スマートコントラクトをIELEに直接書くことは可能ですが、コードは低レベルですが管理しやすくなります。

IELEは、セキュリティとパフォーマンスの向上という点で代替案を提供し、

開発者は両方のプラットフォームでスマートな契約をテストすることで比較を行うことができます。

IOHKは、各テストネット上でスマートコントラクトを実行することに関するユーザーからのフィードバックを収集したいと考えています。

VMの機能と全体的なパフォーマンスを向上させるために、このテクノロジで見つかった問題を解決します。

K-EVMとは

KEVMは、Mantis Ethereum Classicクライアント用のテストネットをホストするために使用されます。

KEVMは、言語Kで書かれたEthereum Virtual Machine(EVM)の変種です.KEVMは実行可能です(Kは実行可能であるため)。

つまり、公式のEthereumテストスイートで仕様をテストし、正しいことを確認できます。

EVMの実装者は、KEVMを参照として使用できます。このVMは、K仕様とKフレームワークの正式な意味定義によって自動的に導出されます。

KEVMは、Protobuf APIによってMantisノードに接続されています。

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のIOHKから支援を受けたKEVMがICS-Ethereum Crypto Boot Campで受賞したことについてまとめてみた
今回は、Cardano(カルダノ)のIOHKから支援を受けたKEVMがICS-Ethereum Crypto Boot Campで受賞したことについてまとめてみました。

IELE仮想マシンとは

IELE仮想マシン(VM)は、IELEクライアント用のテストネットをホストし、2018年7月に開始されます。

このVMはIELEプログラムを実行することができ、IELE言語の正式な意味定義によって自動的に導出されます。

これは、IELE言語のKフレームワークの正式な定義を使用し、

構築による言語の正式なセマンティクスに拘束されるIELEインタープリタを使用することによって達成されます。

IELE言語の正式セマンティクスの一部は、ブロックチェーンとIELE VM(KEVMと同様)の状態の抽象化であり、

この抽象化を使用してトランザクションを送受信し、それに応じて状態を更新します。

このVMは、EVMからIELEに変換されたEthereumテストスイートの一部でテストされています。

シンプルなユニットテストから、Solidity-to-IELEコンパイラを使用して

IELEにコンパイルされたERC20トークンやマルチシグネチャウォレットなどの実世界契約に至るまで、何千ものSolidity契約でもテストされています。

Weiss Ratings社の格付け更新でCardano(カルダノ)がB-からBへランクアップ!!

Weiss Ratings 格付け 仮想通貨 Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン)

Weiss Ratings社の格付け更新でCardano(カルダノ)がB-からBへランクアップしたようです。

A:無し

B: EOS、ADA、DCR

B-:BTC、ETH、XRP、XLM、TRX、NEO、ZIL、ONT、STEEM、BTS

という感じですね。

つまりライバルはEOS(イオス)になりますね。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の今後について

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン)K-EVM テストネット 公開

チャールズホスキンソン氏によると、今年の夏と秋には、システムの主要コンポーネントである

・RENA

・Treasury Cardano

・Ouroboros Hydra

と協力してADA技術チームの計画を参照する特別な発表が行われる予定です。

ここで何が発表されるのか非常に期待しています!!

https://desencriptando.com/uncategorized/actualizaciones-cardano/

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に関するその他の情報

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がCryptopiaとCryptomateの2つに上場!?情報についてまとめてみた
今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がCryptopiaとCryptomateの2つに上場!?情報についてまとめてみました。

まとめ

BYRON→SHELLEY→GOGUEN

という感じで少しずつ進化していますね。残すところはBASHOとVOLTAIREです。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)は本当に期待している銘柄なので頑張ってもらいたいところですね!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE