FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のGoguenのアップデートについて詳しくまとめてみた

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) Goguen 仮想通貨

今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のGoguenのアップデートについて詳しくまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とは

CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に関しては、下記の記事を参照してください。

Goguenとは

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) Goguen

Goguenとは、既存のCardano(カルダノ)のスマートコントラクトを強化するように設計されています。

公式サイトにはこのように記載されています。

次世代仮想マシンであるIELE及びユニバーサルプログラミング言語フレームワークはブロックチェーン技術のコアインフラストラクチャとして利用されます。

形式手法と最先端のプログラミング言語理論に基づいて提案された技術は、ブロックチェーンシステムに大幅な信頼性及び安全性をもたらすと共に、

ハッキング攻撃につながる脆弱性を生み出すリスクを減らすことができます。

https://cardanoroadmap.com/jp/#goguen

Goguenについて

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) Goguen

サイドチェーン:ブロックチェーン間のトークンを優先的に移動します。

アカウンティング:UTXOおよびアカウントベースのトランザクションをサポートします。

複数の通貨:1つの元帳に複数の暗号化通貨

Plutus:スマートコントラクトを書くための汎用言語。

Marlowe:金融取引用に設計されたスマートな契約言語

IELE:スマート契約トランザクションのための汎用言語フレームワークを備えた仮想マシン。

エンドユーザー:ユーザーがスマートな契約を実行できるようにします。

開発者:スマートな契約を開発するためのツール。

Goguenの開発状況

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) Goguen

Goguenの開発状況ですが、現在、会計、マルチ通貨、サイドチェーンに関する調査を完了しています。

Plutusのエンジニアリングも完了しました。Marloweのバージョン1.2を学術論文と共にリリースしています。

開発グループでは今、Solinity to IELEトランスレータに取り組んでいるようです。

Cardano(カルダノ)の2つのテストネット

Cardano(カルダノ) テストネット

Cardano(カルダノ)は現在2つのテストネットを計画しています。

・K-EVM

・ELA仮想マシン

になります。

ではそれぞれ説明していきたいと思います。

K-EVM

K-EVMとは、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(UIUC)が開発したフレームワークです。

世界で初めて完全な実行可能なEthereum(イーサリアム)仮想マシン(EVM)の正式セマンティクスをモデル化し、

EVMスマートコントラクトの正式な実行、分析、検証を可能にするKEVMフレームワークを製作しました。

K-EVMは、Ethereum(イーサリアム)仮想マシンでセマンティクスの実行形式であるスタックベースのマシンです。

K-EVMは、KとK-フレームワークを使用します。

K-EVMにより、EVMベースのスマートコントラクトのプロパティを正式に、建設コストとコスト効率の高い方法で正式に検証することができます。

Ethereum(イーサリアム)のユーザーは、ソフトウェアのバグによる財政的損失を防ぐために、

正式な検証を保証する必要があるため重要なフレームワークになります。

IOHE VMとK-EVMで動作するようにIOHKによって作成されたAdapt Mantisと呼ばれるEthereum(イーサリアム)クラシッククライアントが開発されました。

最初のテストネットでK-EVMがリリースされます。

K-EVMは、開発者は、仮想マシンとのやりとりや強固な契約の実行によって、正式なセマンティクスの実用的なアプリケーションを理解することができます。

最初のテストネットは2018年5月28日に公開されます。

ELA仮想マシン

ELA(Enterprise License Agreement)とは

組織が変化するビジネスニーズに対応し、必要なものを必要な時に最適な価格で購入できるようにすることで、

コスト管理をお手伝いしますよってことです。

仮想化という言葉を聞きなれない人のために説明すると、

「物理的な環境に囚われず仮想的な環境を作り出すこと」

です。

では次に、仮想マシンとは何か?

これは、

「仮想的に作り出されたハードウェア」

を指します。

つまり一台の物理サーバに対し複数の仮想サーバを作り出し稼働させるのが仮想マシンです。

では、仮想マシンのメリットなんですが、

通常の稼働では余剰してしまうハードウェアのリソース(CPUやメモリなどの資源)を有効的に活用できます。

これまでの「一つのハードウェアに一つのアプリケーション」というスタイルでは、

リソースに余剰が出て、ハードウェアの性能を20%も引き出すことができませんでした。

しかし、仮想マシンを作り出すことでリソースを分割しハードウェアの性能を最大限に引き出すことが可能となるのです。

2番目のテストネットはELA仮想マシンで、IELE VMに触発されたレジスタベースのマシンになります。

これは、K、Kフレームワークも使用されます。

このテストネットは、スタックベースのVMとレジスタベースのVMの比較に役立ちます。

2番目のテストネットのリリース日はまだ確認されていません。

まとめ

他の銘柄と違ってCardano(カルダノ)は本当にギークな銘柄なので、エンジニア上がりの私でもついてこれない部分が非常に多いです。

ですが、スマートコントラクトやスケーラビリティにおいては他の銘柄とは違い非常に高い知識や技術力を持っているので

長期的に見ると非常に価値のある銘柄だと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE