FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が格付けで堂々の1位に!?情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) 格付け 1位 仮想通貨

今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が格付けで堂々の1位に!?情報についてまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とは

CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に関しては、下記の記事を参照してください。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が格付けで堂々の1位に!?

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が格付けで堂々の1位に輝きました。

この格付けは、DarpalRatingが作った格付けのようです。

90.4は完全に他の銘柄を群抜いた数字なので、日本よりも海外の方がCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に対して

評価されていることがわかりますね。上位にはやはりdapps系の銘柄が多いです。

Cardano(カルダノ)  ADACoin(エイダコイン)  格付け 1位

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の下落や今後の相場予想について

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の下落や今後の相場予想について海外情報サイトに記載されていました。

以下は本文を翻訳した内容です。

重要部分は太字で記載しておきます。

カルダノ(ADA) -長い間、カルダノ(ADA)は急速に減少しています。

2017年12月と2018年1月の最高時以来、暗号市場全体が統合されてきたが、

Cardanoの下降トレンドは間違いなく上位10通貨の中で最も積極的なものであった。

しかしカルダノ社とEOS社の主要な上昇傾向は、20%以上の急上昇を遂げた24時間の上昇でトップ10をリードしています。

これは、市場が先週の下向きの雪崩から回復しようとするとき、すべての暗号化通信の非常に重要な週です。

Cardano(ADA)のコインは非常に速く0.14セントから0.19セントになっています。

これらの技術の真の可能性を証明するのはこれらの時です。

ブロックチェイン技術の疑念は日常的に間違っていると判明し続けています。カルダノは0.12ドル安の48%上昇した。

今週の週末は、私たちが40%近く下落したいくつかの暗号化通信回線で一年中見られた最も痛烈な勢いを経験しましたが、

月曜日に市場が「緑色のゾーン」に住んでいます。

カルダノはすばらしいたった一日で0.05ドル以上のジャンプがあった場合、

大きな利益にはしばしば大規模な後退が続くことに注意することが重要です。

cryptocurrency市場は非常に揮発性です。

コインが上下するかどうかにかかわらず、この現在の価格は、過去最高の1.22ドルからまだ遠く離れています。

次は何ですか?

この利益の原因を解読するのは難しいですが、バーゲンハンターが最低0.12ドルでできることをつかむ努力に過ぎず、

価格はここから非常にうまく上がる可能性があります。

1つのことが確実だとすれば、そのボラティリティは、物事を予測することをほぼ不可能にします。

過去数週間、ADAは大量の売り切れを経験していたため、価格はますます低下していました。

月曜日までは、購買の勢いが増し、1月初めに見たレベルを戻すことはなかった。

カルダノは24時間取引量で2億6,200万ドルを超えており、現在ほとんどのコインよりもはるかに多い。

カルダノは、特に韓国では依然として需要の高い主要なトークンであることは明らかです。カルダノ 時価総額表の6位にランクされています。

「カルダーノは単なるcryptocurrency以上のもの…それは、

現在、世界中の個人、団体および政府によって毎日使用する

財務アプリケーションを実行することができるであろう技術的なプラットフォームです。

プラットフォームはレイヤーで構築されているため、システムをより簡単に保守し、

ソフトフォークを使用してアップグレードすることができます。

Adaを実行する決済層が完成した後、

将来の商取引およびビジネスを支えるデジタル法的契約であるスマート契約を処理するために別のコンピューティング層が構築されます。

カルダノは分散アプリケーションやダップを実行し、単一のパーティでは制御されず、代わりにブロックチェーン上で動作します。”

カルダノプロジェクトは、ユーザーのニーズを考慮してよりバランスのとれた持続可能なエコシステムを提供することに全面的に焦点を当て、

暗号化の通貨の設計と開発の方法を変える努力として2015年に始まりました。

ユーザーのニーズと規制当局のニーズとのバランスをとることにより、

カルダノはプライバシーを規制に結びつけています。

オープンソースの暗号化領域のパイオニアであるカルダノは、白い紙ではなく、

基本とデザインの原則に基づいています。ここにいくつかの基本的なリストがあります:

会計と計算を別の層に分離する

ピアレビュー研究と競合する小規模の学者および開発者グループ

InfoSecエキスパートの早期利用を含む多分野のチームの多用

ホワイトペーパー間の高速反復、レビューおよびレビュー中に発見された問題を修正するために必要な新しい実装と実装

ネットワークを破壊することなく展開後のシステムをアップグレードする機能を構築する

将来の仕事のための分散型資金調達メカニズムの開発

ステークホルダーの操作とその暗号化の維持に近づける

同じ元帳内の複数の資産を考慮する必要性を認識する

意味のある機能を取り入れることで、ほぼ1,000のaltcoinから学ぶ

商取引の社会的要素を探る

Bitcoinから継承されたいくつかの基本原則を損なうことなく、規制当局が商取引とやりとりするための健全な中間地を見つけ出す

ほぼすべてのデジタル通貨がスケーラビリティを発揮する一方で、カルダノは最も高度なものの1つであることが証明されています。

安全で柔軟なプラットフォームは、何百万人ものユーザーが使用するために拡張可能です。

このトークンは非常に有用で効率的であることが証明されています。

Bitcoinのような第1世代のテクノロジーが経験した不可避の問題を解決するために特別に設計されたこの第3世代の宝石は、

すべてをより良いものに変えるかもしれません。

https://oracletimes.com/cardano-ada-price-is-going-up-rapidly/

内容の中で注目すべきは、韓国での取引量が多いということですね。

韓国は仮想通貨に対して活発的に行われる国であり取引量が多いことは良いことですね。

そして、財務アプリケーションを実行することができるであろう技術的なプラットフォームとして注目を浴びていることです。

ブロックチェーンの技術はどこの銘柄も開発を進めていますが、不完全な部分が多いのが現状です。

その中で、政府などの大きな規模でブロックチェーンを活用する際にCardano(カルダノ)のブロックチェーンは

学術論文でもしっかりとした成果を出しているので、国が使うブロックチェーンとして最適であります。

政府レベルで活用が認められれば間違いなくCardano(カルダノ)は高騰するでしょうし、その基盤となる

細かい部分をしっかりと技術的に詰めていけば間違いなく右に出る銘柄はないと思います。

ポジトークだと思われますが、良いものは良いと私は伝えるスタンスなので、Cardano(カルダノ)の技術は期待できると思います。

まとめ

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)は数多くの銘柄がある中でどこまで上を目指せるかとても期待しています。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE