FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がBitMEX(ビットメックス)に上場!?情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) BitMEX(ビットメックス) 仮想通貨

今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がBitMEX(ビットメックス)に上場!?情報についてまとめてみました。

この記事の目次

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とは

CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に関しては、下記の記事を参照してください。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がBitMEX(ビットメックス)に上場!?

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) BitMEX(ビットメックス)

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がBitMEX(ビットメックス)に上場したという情報が入りました。

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) BitMEX(ビットメックス)

BitMEX(ビットメックス)とは、2014年 11月にリリースされた信用取引所で、オーナーは香港の HDR Global Trading 社で、実稼働はセーシェル諸島で行われています。

BitMEX(ビットメックス)の主な特徴として、

・レバレッジは、×100、×50、×25、×5 の選択性

・取引対象は、BTC/USD や LTC/USD、ETH/BTC

・サクサク動く取引画面

・比較的低い取引手数料

・入出金は ビットコイン

・安心の実績とトレードしやすい出来高

・安心のセキュリティー管理

・安心の2段階認証

が挙げられます。

あくまでも、公式のアナウンスではないのでそこだけはご注意ください。

https://www.bitmex.com/app/seriesGuide/ADA

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)の最新のブログの内容

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン) Cardano(カルダノ)

Charles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)の最新のブログで、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)について語っていたので、

その内容を翻訳したものをいかに記載しておきます。

今年は20カ国以上の旅行国、数多くの会議、主要イベント、コミュニティが集まり、今年も挨拶をしてきたので、

私はついにCardanoプロジェクトの進捗状況と私が学んだ教訓。

正直なところ、ドラマ、ストレス、死、信じられないほど残酷な人々でいっぱいの私の人生の中で最も挑戦的な一年です。

また、何千人もの情熱的で親切なファン、技術者、科学者に会う機会を得て、最も報われて喜んでいました。

チャールズ・ディケンズが最高の時代と最悪の時だったというインスピレーションを見ることができます。

現実は、あなたがそれをあなたに得ることを許せば、インターネット、特に暗号解読空間は本当に毒性のある場所になる可能性があります。

ブログ投稿を読んだり、redditにコメントしたりして、この努力が価値があるかどうか真剣に疑問を呈したことがあります。

Mike HearnがBitcoinを去った理由を理解できます。

しかし、私は短期間ここにいたことはありません。

それは、常に世代前の夢だった技術を使っていない30億人の人々に金融サービスを提供する方法を見つけるという夢でした。

私たちはそこで大きな進歩を遂げていると思います。

2017年1月、Cardanoはまだほとんどが初期のアルファ段階にありました。

我々は、ハスケル、私たちのdevop、そしてOuroborosとScrapeのような新しいプロトコルを一緒にうまく組み合わせるには、非常に多くの工学的な困難があった。

むしろ、巨大なコミュニティの期待を管理しながら、

研究の3つの勇敢なドラゴン、分散されたチーム、エキゾチックなプログラミング言語を習熟させる方法の絶えざる学習曲線でした。

脇に、カルダノは最も成長が速く、最もインテリジェントなファンベースの1つを持っています。

私たちは正式な方法、ピアレビュー、機能的プログラミングを気にしている人々を積極的に招いて、私たちが取り組んでいることを見ています。

これらの人々は専門用語や点滅するマーケティングに左右されません。彼らは自分の寝室で馬鹿探知機で生まれた

私は、コミュニティとの交流から、士気に大きく力を発揮し、必要性を増強しました。

たとえば、あるメンバーがOuroborosの論文の証明をどのように検証しているかを尋ね、KawinのIsabelleリポジトリへのリンクを投稿しました。

ほとんどの人は、それがうまくいっていると言うでしょう。

このメンバーはコードを読む時間がかかっており、具体的な例を得るには長い道のりがあると述べました。

ほとんどの人にとって、Isabelleはミネソタの湖に続く名前です。私たちのコミュニティにとっては、実際にコードを読んだりコメントしたりすることができます。

それはまれな贈り物であり、この種の環境にいるのは生涯の特権です(私たちはコードにコメントした人を雇うことになります)。

数ヶ月を経て、カルダノはラボから一連のテストネットに移行し、

最終的に9月にリリースされました。これらの移行を扱うことで、

いくつもの異なるコンピュータとネットワーク構成が存在するかどうかについての新しい感謝を得ることができました。

私はほとんどウズウズの声で “私はあなたにそう言った”と囁く窓の力の幽霊をほとんど感じることができます。

私たちは、Cardanoが構築されている概念をテストするのに必要な最小の実行可能な製品であるByron(9月のCardanoリリース)を設計しました。

エポックが正しく機能することを確認するために、生産現場でOuroborosを実行したかったのです。

私たちは、エッジノードとリレーの両方を広範囲に記録して、ネットワークがどのように使用されているかを確認したかったのです。

私たちはAPIを使って第三者に遊んでもらうことを望んでいました。アップデートシステムを数回テストしたかったのです。

全体として、実験は非常に成功しています。ネットワークには数千のエッジノードが同時に接続されています。

私たちのソフトウェアを最も困難な方法で使用している複数の取引所や他の第三者がいます。

カルダノをより良くするためには、私たちが必要としていることをよりよく理解している豊富なデータがあります。

開始以来、私たちは既に3つのアップデートを無事にネットワークに送り込んできました。

サードパーティが簡単に統合できるように、ミドルウェアとその関連APIを非常に迅速に再設計しました。

私たちは、ネットワークスタックの一連のシステム上の改良を開始しました。これにより、Shelleyリリースでは大幅に改善されるはずです。

しかし、私が2018年頃に最も興奮するのは、カルダノが世界に開くようになっていることです。

委任とステーキングは、コミュニティと連携してQ1とQ2全体に展開されます。

まもなく私たちはIELEを実行するテストネットを用意して、開発者がスマートな契約モデルで初めて遊ぶことができるようにします。

Praosとの最初の検証済みのプロトコルを導入することで、正式な方法のコミュニティに従事します。

常に暮らしていて、今週の問題と引き換えにカルダノの広大な範囲を避けようとする傾向があります。

しかし、これまでに増え続けるホワイトボードシリーズを見ると、

スケーラビリティ、相互運用性、そして持続可能性の問題を解決する方法について、

毎朝どのように多くの素晴らしい人々が目を覚ますのかを実証しています。

これらは単に仮説的な講義ではありません。彼らは、フルタイムで働いている論文、資金、開発者によって支援されています。

それから新しいものがあります。

RosuとRuntime VerificationのKとセマンティクスベースのコンパイルに関する研究は、実際には賢く競争上の差別化ではなく、

文字通りプログラミング言語理論の分野全体の鎖を動かしています。

カルダノのプロジェクトは、仮想マシンからコンパイラまでの建設インフラストラクチャによって正しいインセンティブを作り出しています。

私たちの成功は、このコードを手書きで書く必要がなくなることを意味します。一般的な文脈で。

東京工業大学のMario Larangeira教授、Bernardo David教授の多分野計算による研究は、

これらのプロトコルを急速に実用化しています。

KaleidoscopeとRoyaleは、Ethereumが独自のドメイン内で数百万人の同時ユーザーの規模で、

低レイテンシーの設定でEthereumがオフチェーンで行うすべてのことを達成するためのケーススタディです。

さらなる抽象化は、この作業を分散型交換のようなより有用な領域に進めるでしょう。

最終的にDAppの開発者は、これらのプロトコルをライブラリ経由でコードに統合することができます。

Bingsheng Zhang教授の宝庫と投票に関する研究は画期的なものです。

私たちのプロジェクトには、暗号化通信の変更をどのように提案し、議論し、承認し、資金調達するべきかについて議論する能力が与えられています。

ここで最も特別なのは、政治学、ゲーム理論、社会学、オープンソースソフトウェアガバナンス、

コンピューターサイエンスから得られる努力の学際的な性質です。みんなのために何かがあります。

2018年に移り住み、我々は直接コミュニティに参加したり、スイスで会議を開催したりして、このディスカッションを開きます。

詳細は後で発表する予定ですが、基本的な考え方はこの分野がカルダノの問題ではないということです。

これは暗号の問題です。DashからPivxまで、斬新な方法でそれを解決しようとしている多くの偉大なプロジェクトがあります。

私たちはお互いに話すべきです。

私は研究の努力を継続して列挙することができます(書きたいことがたくさんあります)が、その要点が作られたと思います。

カルダノは、技術が実際に動作する方法に不満を抱かせる心の動きである限り、暗号侵害ではありません。

関数型プログラミングコミュニティは、近代的な開発者を悩ませている多くの問題に対して何十年もの大きな解決策をもたらしましたが、歴史的に無視されてきました。

私たちのRINAの人は、チャンスがあれば、はるかに優れた、より公平なインターネットを構築することができます。

正式な方法によるプロトコル開発のレイヤー化は、あいまいさと手振れがなくなる、よりクリーンで意義のある設計プロセスを抽出します。

Cardanoが私たちに与えたことは、世界だけがなぜこのように働かなければならないのかと答えるチャンスです。

我々は再び夢を見る自由と、許可を求めずに新しいことを試す自由を持っています。

フィリップ・ワドラーのような私のヒーローと仕事をする機会もあります。2018年は1年に1つの地獄になるだろう。

読んでくれてありがとう

https://hoskinsoncharles.blogspot.jp/2017/12/a-crypto-on-edge-of-forever.html

Philip Wadler(フィリップ・ワドラー)氏とはどんな人物か?

Philip Wadler(フィリップ・ワドラー) Cardano(カルダノ)

先ほどのCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)のブログで出てきた、Philip Wadler(フィリップ・ワドラー)とはいったいどんな人なのかというと、

フィリップ・ワドラーは、エジンバラ大学の理論コンピュータ・サイエンス教授であり、IOHKのシニア・リサーチ・フェローです。

ACM SIGPLAN議長、英国王立協会Wolfson Research Merit Fellowship、SIGPLAN Distinguished Service賞受賞者、

そしてPOPL Most influluent Paperの受賞者であるエジンバラ王立協会のフェロー、ACMフェローです。

賞。以前は、スタンフォード、ゼロックス・パルク、CMU、オックスフォード、チャーマーズ、グラスゴー、ベル研究所、アバイア・ラボで働いたり、

勉強したりして、コペンハーゲン、シドニー、パリで客員教授として訪れました。

彼は、Google Scholarによると、彼の仕事に対する2万回以上の引用を含む66のh指数を持っています

。彼は、Haskell、Java、XQueryの設計に貢献し、Functional Programming入門(Prentice Hall、1988)、

XQueryのエキスパート(Addison Wesley、2004)、

Javaにおけるジェネリックスとコレクション(O’Reilly、2006)彼は会津からチューリッヒまでの場所で招待講演を行った。

https://iohk.io/team/philip-wadler/

ウィキペディアにも、Philip Wadler(フィリップ・ワドラー)氏の情報が記載されています。

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Philip_Wadler

Philip Wadler(フィリップ・ワドラー)氏というこれだけの大物が、Cardano(カルダノ)のシステムを賄うIOHKに入っているのは

やはり技術力が高いなと感じますね。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のダイダロスウォレットの偽物出現!?情報についてまとめてみた

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のダイダロスウォレットの偽物出現!?情報についてまとめてみた
今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のダイダロスウォレットの偽物出現!?情報についてまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が12月17日に50円台の高騰!?時価総額もIOTA(アイオータ)を抜いて6位に!?情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)は2018年7月末までに1~1.5ドルと予測される!?時価総額トップ5を狙う!?情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が11月30日に取引高が世界5位の中国の取引所であるBinance(バイナンス)に上場したことについてまとめてみた!!

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が前日から60%高騰で現在5円台に!?理由はオーストラリアのCoin Spotで上場?情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が一時取り扱い金額取引所のボリュームで1位になる!?ナスダックに記事が掲載も!?情報についてまとめてみた

Cardano(カルダノ)のIOHKがカジノのポーカーのプロトコルの新たな論文が学会で認められたことについてまとめてみた

Cardano(カルダノ)のIOHKがDaedalus wallet(ダイダロスウォレット)統合とマルチプラットフォームのスタンドアロンアプリを含むベータ版1.0.0-RC1をリリースする予定についてまとめてみた

CARDANO(カルダノ)のDaedalus(ダイダロス)ウォレットへADACoinを還元する方法まとめてみた

上場開始前に読みたいCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のすごいところまとめてみた

Cardano(カルダノ)がRowlingstoneウィークリーレポートで高評価なことついてまとめてみた

まとめ

続々と、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が取引所で上場していきますね。

現在は、価値が落ちていますが、間違いなく長期的に見れば上がる銘柄なので、ぜひとも今のうちに保有をしておきましょう!!

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE