FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がなぜ優れているのかまとめてみた

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) 優れている 仮想通貨

今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がなぜ優れているのかまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とは

CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に関しては、下記の記事を参照してください。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)は今あるブロックチェーンの問題を解決策を提案する

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) ブロックチェーン 問題 解決策

現在多くの仮想通貨の銘柄が誕生していますが、現在仮想通貨は多くの課題を持っています。

・スケーラビリティ問題

・セキュリティ問題

・契約バグ問題

・詐欺

・規制問題

などの課題があります。

特にスケーラビリティの問題は大きいです。

インターネット上も物理的な制限(通信制限など)が存在します。

ですがこのスケーリング問題を解決するためにオフチェーンやサイドチェーンなどの柔軟な方法がブロックチェーンでは提案されています。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)やEOSのようなアルトコインは、

これらの問題に実行可能なソリューションを提供します。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)はチャールズ率いる厳格なアルゴリズムを実現

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) アルゴリズム

チャールズ・ホーキンソン氏が率いるCardano(カルダノ)は厳格なアルゴリズムにより

高速なトランザクションと高いスケーラビリティをユーザーに保証しています。

こうした点がCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が評価されています。

Cardano(カルダノ)はプラットフォームからのすべてのトランザクションがリアルタイムで処理される

Cardano(カルダノ) プラットフォーム トランザクション リアルタイム 処理

プラットフォームからのすべてのトランザクションがリアルタイムで処理されるという点も大きな特徴です。

端末から入力されたデータ・発生したデータを、即時にコンピューターで処理することをリアルタイム処理といいます。

リアルタイム処理は、銀行のATMやネットバンキング、新幹線の予約、クレジットカード決済などに使用されます。

プラットフォームからすべて即時にデータを処理することができるので決済や送金にも優れていることがわかります。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)はHaskell(ハスケル)言語を使用

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) Haskell(ハスケル) 言語

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)はHaskell(ハスケル)言語を使用しています。

Haskell(ハスケル)言語の特徴や利点なのですが、

Haskell(ハスケル)言語は、厳密であり柔軟な型システムを持つ静的型付き言語です。

間違ったプログラムを実行するのを未然に防げますし、バグが少なく堅牢でメンテナンス性の高いソフトウェア作りに活用できます。

また、コードがシンプルでわかりやすいという点です。

プログラムの計算処理はコンパイラが自動的に見つけてくるので、コードが短くシンプルに書くことができます。

Haskell(ハスケル)言語は信頼性とスピードが求められるシステムやプロジェクトで採用されるケースが多いです。

例えば、

Facebookにおけるシステム悪用対策の基盤であるSigmaや、 朝日ネットの認証サーバーなどで使用されています。

特徴をまとめると下記の通りになります。

・コード生産性の効率化

・「簡潔で」「誤りが少なく」「明確な」「信頼性の高い」コードを記述できる

・高度に変更可能で保守が必要なプログラムに特に適している

・関数の連鎖を簡単に融合できる

・関数は引数を評価しないため、関数を記述するだけで制御構文(if/elseなど)を書くことができる

・「探索処理」「構文解析処理」などのコードを比較的簡単に作成できる

Cardano(カルダノ)とRipple(リップル)どちらが優れているか?

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) Ripple(リップル)

Cardano(カルダノ)がRipple(リップル)に勝っている領域はスケーラビリティ分野です。

Ripple(リップル)はアップグレードが可能であり顧客ニーズに対応したソリューションを採用していますが、

Cardano(カルダノ)のレイヤーベースのアーキテクチャは時間の経過とともに多くの重要なフォークを実現する柔軟性を持っています。

Cardano(カルダノ)とEthereum(イーサリアム)どちらが優れているか?

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) Ethereum(イーサリアム)

Ethereum(イーサリアム)は第二世代のブロックチェーンとして名前が掲げられていますが、

Cardano(カルダノ)はスマートコントラクトを迅速かつ効率的に開発する可能性を提供する高いプラットフォームです。

今後プラットフォームの開発が進められれば、使用される割合も多くなっていくと思います。

まとめ

Cardano(カルダノ)は非営利的な開発や分散型プロトコル、スケーラビリティ、相互運用性など

現在仮想通貨の問題の解決策を望む実用主義者にとっては間違いなく信頼される銘柄の一つだと思います。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE