【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の4月の最新ニュースまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) 4月 最新ニュース

今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の4月の最新ニュースまとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とは

CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に関しては、下記の記事を参照してください。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が4月5日にロードマップを更新!!

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) 4月5日 ロードマップ 更新

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が4月5日にロードマップを更新されます。

今回のロードマップは期待していいと個人的に思っています。

https://cardanoroadmap.com/jp/

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の週刊技術レポートが更新される!!

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) 週刊技術レポート 更新

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の週刊技術レポートが更新されました。

以下は本文の引用です。

今週の開発者からのハイライト

コア

取引所オンボーディングとサポート

取引所とのより円滑なコミュニケーションのために、開発チーム間で使用されるに専用チャンネルを設けました。

先週、V1 APIの仕上げに進み、最初の公開のためのテストカバレッジの段階に移っています。

アドレスのメタ情報(CSL-2327)を回収するためにV1エンドポイントを追加するというタスクはおおむね完了し、

現在はAPIのデザイン決定を保留としています。フロントエンドチーム(CSL-2325)からの

V1取引所エンドポイントについてのフィードバックはうまく収集され、現在要求されたほぼすべての変更はレビューのため保留されています。

チームは、新しいAPIのウォレット(CSL-2338)のためのサーバント=クイックチェックは実行可能なものではなく、

開発のための労力は別の仕事へ割り振られるべきだと結論付けました。

新しいカルダノのノードが従来のカルダノのノードと同じ情報を

ログとして確実に保管することを確かにするというタスクについては完了しており、

レビューも受けているが、まだ統合されていない。

その間に、ウォレットの重要なインポートエンドポイントのための論理的統合のテストを作成するという取り組みは完了しているものの、

テストと終了済みのクライアントを実際につなげる作業はまだ保留中です。

NTPリファクタリング(CSL-2375)の後にレビューされる必要のあるウォレットAPIについてのタスクは

実装に向けた準備ができているとチームは報告しています。チームはデザインについて決定を下し、

統合される予定のCSL-2346について待っています。

V0エンドポイント(CSL-2400)と比較して欠いているV1エンドポイントデータを収集する作業は完了しており、

印象的で包括的なレポートが作られた。CSL-2335はいくつかの既知の違いを実装しているが、

残りのタスクを実装するための新たな展開が発生する可能性があります。

いくつかのエンドポイントがいまだV1において実装されていません。

この作業を終わらせるための最後の一押しはCSL-2416で追跡されており、次のスクラムで完了する見込みです。

ダイダロス

ペーパーウォレット認証ジェネレータの仕様の変更が原因で、従来の実装の見直しと変更が必要となりました。

機能はより洗練され、外部オーディットの準備も整いつつあります。

一連の新しい要素と全面的な構造リファクタリングを含むリアクトポリモフの新しいリリースのための準備にも取り組んでいます。

ウォレットバックエンド

現在のウォレットバックエンドについての作業

現在チームは正式スペックに従ったウォレットバックエンドの新しいデータ層を実装するために重点的に作業を行っています。

CSL-2382, CSL-2378, CSL-2395について、一人のチームメンバーは作業をほぼ終えています。

もう一人のメンバーは既に多くのレビュー作業を終えており、オリジナルデザインのスペシャリストでともに作業を行っています。

PRはまだ準備ができておらず、CSL-2382は現在保留中です。

しかし、このプルリクエストについては素晴らしい前進が見られるとの報告が入っています。

CSL-2381についても進歩がみられるとの報告がなされています。

開発者たちはV1 REST API全体の使用について一通り見て、

このチケットのアウトラインの拡大をこれまで欠席していたスタッフとともに行い、

すべてのサブタスクについての予想所要時間について検討を行ないました。

それらはシニアエンジニアとシニアソフトウェアマネージャーとともに議論されました。

加えて、サーバー側のTLSチェックを追加するというタスクが完了しました(CSL-2683を参照)。

スクリプト/tlsファイルにおける開発/証明テストが更新され、クライアント証明はテストのために追加されました。

サーバー側のチェックはクライアント名検証も含みます。

(クライアント証明に埋め込まれた情報、CLI経由でカルダノのノードに提供された数値との競合、ダイダロスウォレットのデフォルト)。

証明はダイダロスのレポジトリに保管されたスクリプトから作成されます。このスクリプトはわずかながら修正されており、

この修正をカバーするためにPRがまもなく発行される見込みです。エンドユーザについての書類のエクステンションが提出され、

新しい証明を発行し、使用するために必要な操作を説明します。

また、seedからのウォレットの非同期的な復元についての取り組みにも前進が見られました。

CSL-2246についても時間が費やされました(復元されたウォレットにおける保留中の取引を修正することを可能とします)。

予想されていたほど上手くいかず、いくつかの現在のデザインの複雑性のためこのタスクは完了しませんでした。

完了したのは、タスクの目的をいくつか決めることと、

未完成であったウォレットのストレージにおいて回復作業をサポートするためのプルリリースを開いたことです。

一度統合されれば、このPRはウォレットの情報を拡大するタスクを完了することを助けます。

このタスクは、回復プログレスを(CSL-2247)を報告します。

その方法で、フロントエンドは以下のようなことに十分な情報を得ることができます。

— ウォレットが回復中のユーザーに対して、何%の進行状況であるかを知らせる。

— いくつかのUIをグレーアウトさせ、回復されたウォレットが取引を送信することを防ぐ。

チームは、VI APIの更なる情報を提供することが必要不可欠であると考えています。

ネットワーキング

NPTサブシステムのクリーンアップまたは改善に関する作業は進行中だ。目的遂行のための努力はほぼ完了した。

だが作業を実行し、チームリーダーが設定した品質保証ガイドラインに合格する必要がある。

さらに、チームはブロックストリーミングのタスクに従事している。

チームがまだ今のところ、テストまたはシミュレーションの組み立てや実施に取り掛かれていないのは、

チームリーダーが作業スピードよりも品質をいっそう重視するという方針を固めたためだ。

つまり、かなりの改善作業を行うということであり、

改善作業によってテストまたはシミュレーションの設定はさらに容易となり成熟度が増す。

コードベースも大幅に合理化される。作業の一部をチームのスペシャリストがレビューした。

そのことからネットワーキングに留まらず、広く影響が出るのは必然だ。

というのも変更は基礎的で深く浸透した誤りを修正するものだからだ。

DEVOPS

チームは監査レポートに基づいていくつかの問題点に取り組み、

リナックスインストーラーを踏まえてインストーラー作成を自動化し、

影響力が強くはない秘密漏洩に対応し、取引所の文書化に向けたV1 apiでの作業を継続した。

色々なワークストリーム

KおよびIELE

進行中の作業:コードマージ、テストネット向けのツール構築、ランタイム・ベリフィケーションへの支援に関して、マンティスチームの作業は順調。

サイドチェーン

リサーチを継続し、2018年5月のカンファレンスに向けた論文提出を行う予定。

スマートコントラクト言語

プルータスチームの研究作業は継続し、候補者の面接は順調に進んでいる。

マーロウ

マーロウの研究論文はドラフトが完成し、内部レビューが行われている。

その他

資源局所性の論文は完成間近だ。設計に関するワークショップは2018年4月。

アカウンティング・モデルの作業は、学術的部分に関しては完了した。

テクニカルサポート

先週は受領したチケット数が減少した。テクニカルサポートチームは合計で457のチケットを受け取り、

そのうち326は無事解決ずみで、残りの131はフォローアップ中だ。報告された問題点の主なものは以下の通り。

ネットワークに接続できない

ウォレットを更新できない

同期できない

その他

https://www.cardanohub.org/ja/weekly-technical-report-2/

SUPERGTにCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がスポンサーに!?

SUPERGT Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) スポンサー

SUPERGTにCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がスポンサーになっているようです。

こうした部分からCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の知名度が上がっていくといいですね。

イーサリアムの創始者ヴィタリックの非営利の決断は正しかったとチャールズホスキンソンがコメント

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) チャールズホスキンソン

イーサリアムの創始者ヴィタリックの非営利の決断は正しかったとチャールズホスキンソンがコメントしています。

以下は本文の引用文です。

元々は起業家になる考えはなく、米コロラド大学ボルダー校で研究者を目指して勉強していた。

2013年ごろからサイドビジネスで暗号通貨の教材を作っていたが、それをきっかけに多くの暗号通貨業界の人々と知り合った。

後にEthereumを立ち上げるアンソニー・ディ・イオリオ(Anthony Di Iorio)や

ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)とも、この頃に知り合った。

ヴィタリックほか数人は当時、コンピュータサイエンスの実験の一環として、

Ethereumの元となるプロジェクト(Primecoinのオーバーレイプロトコルの開発)を進めていた。

その後、専用のブロックチェーンを開発する方向に舵を切り、私はそのために必要な法人の設立や運営を担うことになった。

Ethereumは様々な「創業者」がいた。テクノロジーサイドの創業者と、ビジネスサイドの創業者だ。

このうちテクノロジーサイドの創業者と言えるのが、

ヴィタリック、ギャビン・ウッド(Gavin Wood)、 ジェフリー・ウィルケ(Jeffrey Wilcke)の3人だ。

ヴィタリックはまず、Ethereumのアイデアを、ホワイトペーパーとして2013年にWeb上で公開した。

1990年代にニック・サボ(Nick Szabo)が提唱した、契約をプログラムとして記述する「スマートコントラクト」という概念を、

ブロックチェーンの分散環境で実現するというものだ。

続いて2014年4月、ギャビンがそれを精緻化したイエローペーパーを書いた。初期のソースコードについてもほとんどはこの3人が書いた。

ビジネスサイドの創業者は4人。このうちアンソニーとジョセフ・ルービン(Joseph Lubin)が開発資金を最初に提供し、

ビジネスに関する専門知識や人脈を提供した。私はテクノロジーサイドとビジネスサイドの間でバランスを取る役目だった。

だがその後、組織の形態や資金調達の手法で、両サイドの意見の食い違いが明らかになった。

どのような食い違いがあったのか。

ヴィタリックをはじめとするテクノロジーサイドのメンバーは、

Mozilla FoudationやLinux Foudationのような非営利の組織でプロジェクトを進めようと主張した。

ビジネスサイドは営利組織、今で言う米リップル(Ripple)のような企業の設立を目指していた。

当初はプロジェクト推進の組織をスイス法人として登記していた。

営利組織としてVCから資金を受け取ってスイスに事業体を集中させるか。

それとも非営利の財団とし、拠点も分散させるか。メンバーの間で議論が長く続いた。

僕は非営利組織、営利組織の双方について準備を進めつつ、営利組織になることをプッシュした。

なぜなら、この時点で構成メンバーが急激に膨れ上がって100人近くになっており、企業体として統制する必要があると感じていたからだ。

2014年6月、ヴィタリックは最終的に非営利組織でやろうと決断した。Ethereum Foundationをスイスで立ち上げたのだ。

この結果、営利組織を目指していたメンバーはプロジェクトから離れた。

ジョセフは後に、Ethereum上でスマートコントラクトを開発する米コンセンシス(ConsenSys)を創業。

アンソニーはウォレットアプリ「Jaxx」を開発する加ディセントラル(Decentral)を立ち上げた。

僕もプロジェクトを去って、暗号通貨の研究と技術開発を手掛ける香港IOHKを創業した。

後にEthereumから分岐した「Ethereum Classic」の開発をボランティアで引き受けているほか、

時価総額で世界7位の暗号通貨「Cardano(カルダノ)」のプロトコルやソフトウエアの開発を請け負っている。

かつてのゴールドラッシュででもうかったのはツルハシを販売する企業、という話があるが、

ブロックチェーンサービスではなくサービスに必要なツルハシを販売する企業、というわけだ。

Cardanoは数ヶ月後には次期バージョン「Shelly」を公開する予定だ。

現行のバージョンはリップル同様、特定のノードのみコンセンサスに関わる。

次期バージョンからはノードの制約がなくなり、真の分散型ブロックチェーンになる。

「非営利にする」というヴィタリック・ブテリン氏の決断について、今ではどう考えているか。

当時は反対したが、今にして思えば、ヴィタリックの決断は正しかったかもしれない。

現在の暗号通貨業界は、Ethereum Foundationのような非営利組織も、リップルのような営利組織も存在し、いずれも成功している。

Ethereumはブロックチェーン上でデジタルトークンを発行・販売して資金を調達するICOの初期の成功事例と言われている。

2014年7月に実施し、1800万ドル(19億円)ほどを調達した。

僕は資金調達の手段として、VCからの出資受け入れとトークンセール、いずれも準備していた。

ニューヨークの弁護士事務所から「このトークンは有価証券ではない」という意見書ももらっていた。

最終的にヴィタリックは、非営利組織によるICO、という道を選んだ。

ICOによる資金調達にはどのような利点、欠点があるのか。

ICOによる資金調達モデルの利点は、最初から大きなコミュニティを味方につけることができることだ。

トークンの購入者は、プロジェクトを応援するインセンティブが働く。

加えて株主によるプレッシャーもなく、少なくとも開発初期は、開発者にとって制約が小さいと感じられるだろう。

ただ最近のICOは、購入者がコミュニティを形成する前に、すぐにトークンの流動性を求める傾向がある。

このため開発者にとってICOはフラストレーションの一因にもなる。また、ICOが法的にグレーゾーンであることも欠点だ。

僕は2014年当時、まずEthereumのプロトコルを作成する段階でVCの資金を頼り、

プロトコル完成後に開発資金を調達するためICOを実行する、というというハイブリッドモデルをヴィタリックらに提案していた。

ただ残念ながら、その可能性を議論していた頃にはプロジェクトの参加者が多くなりすぎ、

初期の株式割り当て交渉が難しい状況だった。既に「君は15%」「君は10%」などと決められる状況ではなかった。

IOHKの経営者として、ブロックチェーンについて今後はどのような研究開発を進めるのか。

PoW(proof of work)やPoS(proof of Stake)をはじめとする合意アルゴリズムの安全性や経済合理性、

スケーリングについて研究開発を続けている。

例えばPoSについては

「ブロック作成者の選定が公平に行われるか」

「チェーンの分岐(フォーク)が起きた場合、存続させるチェーンを公平に選定できるか」

といった安全性の問題に加え、

「経済的に合理的か。最初にトークンを得た人ばかり稼ぎ続けるのでは」

という問題に向き合う必要がある。

合意アルゴリズムを作り出すこと自体は難しくない。そのことに、業界全体は気づき始めている。

皆がPoW、PoS、Paxosのようなアルゴリズムを理解している。

ただ、ブロックチェーンのノードを増やし、ネットワークを拡大させても機能するかが、つまりスケールできるかが最も難しい。

BitcoinやEthereumもユーザーが増えた結果、スケールの問題に直面している。

最近では、Ethereum上で猫を集めるゲームアプリ

「CryptoKitties」にEthereumのリソースを占有されてしまった。

金融インフラの候補となる技術が、猫につぶされてしまったわけだ。

スケールできるブロックチェーンのモデルを構築することが、今後何より重要になる。

ただ、安全性を維持したままスケールさせるには、何かを犠牲にする必要がある。

どのような選択肢があり、どう変えていくべきか、学術研究と実装の両面で考えていきたい。

http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00134/040400038/?P=1

まとめ

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の4月5日のロードマップ更新はかなり期待しています。

Cardano(カルダノ)は技術屋さんなので、マーケティング要素よりも技術面でしっかりと革新的なものが生み出されれば

使う人はどんどん増えるので、長い目で見ていましょう。

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

Youtuberが広めるICO←ピンハネされて詐欺師の養分に。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に5400名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE