【お金について】お金儲けは悪なのか!?日本人の清貧思想の価値観についてまとめてみた

【お金について】お金儲けは悪なのか!?日本人の清貧思想の価値観についてまとめてみた

今回は、お金儲けは悪なのか!?日本人の清貧思想の価 […]

【若い人必見】マルクスの資本論から学ぶ!!資本主義社会で生き残る大切な教養!!

【若い人必見】マルクスの資本論から学ぶ!!資本主義社会で生き残る大切な教養!!

今回は、マルクスの資本論から学ぶ!!資本主義社会で […]


【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の4月28日の最新情報まとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) 4月28日 最新情報

今回は、ardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の4月28日の最新情報まとめてみました。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)とは

CARDANO(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に関しては、下記の記事を参照してください。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がデュアルテストネットの立ち上げのためにカウントダウン開始

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) デュアルテストネット カウントダウン

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がデュアルテストネットの立ち上げのためにカウントダウン開始しています。

以下は本文を翻訳した内容です。

IOHK Cardanoは、Daedalus、Wallet Backend、Networking、DevOps、Cardano Distribentization、

およびその他のテクニカルサポート機能について述べた、いくつかのテクニカルアップデートレポートをリリースしました。

Cardano [ADA]は、市場で7 番目の位置にあり、時価総額は79億ドルです。

過去24時間で10%の利益を得たADAは、現在0.30ドルで販売されています。

このチームは、仕様のリバースエンジニアリングとブロックストレージレイヤーの

短期的なパフォーマンス向上をサポートするためのさまざまなオプションの研究を進めてきました。

彼らはまた、前週に紙財布の証明書生成機能の結果を受け取り、

要求された変更が実装され、テストされ、リリースされる準備ができました。

Daedalus 0.10.0およびCardano 1.2.0リリースの手動テストおよび品質保証タスクは既に開始されています。

先週、チームは交換の統合プロセスを改善し、さまざまな財布の機能を合理化するために、さまざまな重要なタスクに取り組んできました。

開発者はDaedalusとCardanoの開発を継続的にサポートしてきました。

また、スキルセットを多様化し、最も重要なビジネス目標に焦点を当てるために、チーム間の開発チームの計画を作成する。

IOHKは、外部契約者に、Devherepsのサポートを追加したEthereum Virtual Machine [K-EVM]と

CardanoのIELEテストネットプロジェクトを提供する予定です。

CardanoのCEOであるCharles Hoskinsonは、

チームが両方のテストネットの立ち上げに向けて動き出しているため、すぐにビジネス提案を行う予定です。

Charlesは、Cardano 1.2.0リリースの今後のリリースとペーパー・ウォレット機能とのデュアルtestnetの立ち上げについて、

すでにアップデートを行っていました。

彼はまた、カルダノの開発フェーズの完全な透明性を維持するためにチームが努力していると述べました。

https://ambcrypto.com/cardano-ada-starting-countdown-for-dual-test-net-launches/

開発自体のスピードがどんどん上がっていますね。

Cardano(カルダノ)の良さというのはこのエンジニア力なので、どんどん地盤を固めてどこの銘柄よりも強い銘柄になってほしいですね。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がコインベースに上場するのに最適!?

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) Coinbase(コインベース) 上場

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がコインベースに上場するのに最適ではないのかという情報がありました。

以下は本文を翻訳した内容です。

カルダノ(ADA)がコインベースの上場に最適な理由は?

3月中旬までに、CoinbaseはCoinbase ExchangeまたはGDAXプラットフォームのいずれかに新しい資産を追加することを決断しませんでした。

そのため、投資家や暗号の愛好家は、米国に拠点を置くサイトにもっと多くの資産が追加されることを要求していません。

明らかに、有力なExchangeがすぐにXRPを追加することはないことが明らかになった後、

Cardano(ADA)がCoinbaseのリスティングに最適でないかどうか尋ねる時が来ました。

これは、交換所の新しい資産のリストについての最もよくある質問の1つへの最近の返信です:

もちろん、サイトには、プラットフォームに追加されるメリットを評価するための独自の手順とフレームワークがあります。

それは考慮中のコインの1つである可能性があり、したがって、期限内にリストアップされる可能性があります。

要するに、カルダノのプロジェクトはなぜその考察に値するのでしょうか?

それはBitcoin、Ethereum、Litecoinと同じリーグに入る能力を持っていますか?私はそれがそうだと思う。

以下の基準は、資産の評価のためにCBによって設定される。

法令順守

これはカルダノの方が簡単です。証券取引委員会(SEC)の要件に違反しないプロジェクトの1つです。

AML / KYCのコンプライアンス要件の範囲内で運営されているオープンソースの公開ブロックチェーンであるため、両者は法律との関係に影響を与えません。

ADAは有価証券に該当しません。このメリットでは、Coinbaseに掲載される資格があります。

市場の需要と供給

これは、実際には、ADAがCoinbaseだけでなく、すべての主要な暗号交換のリスティングに最適な理由の1つです。

わずか7ヶ月間で取引開始以来、カルダノは今や7位にランクされています。

ADAコインは、過去数ヶ月にわたり、時価総額が1月に約600百万ドルから30億ドルに上昇したことを十分に発揮しています。

市場の暴落はその価値を下げて40億ドルにまで上がったものの、過去2ヶ月で現在の80億ドルを上回った。

また、多くの取引所で取引量が多い。実際、CBがコインを追加するかどうかを決定する要因の1つとして、

他の主要取引所に上場していることは、Coinbaseが幅広い採用に向けた最後のハードルであることを意味します。

コインは、BTC、ETH、BNB、USDTなどの多数の暗号とペアになっています。

Cardanoプロジェクトにおける地域社会の関与

Cardanoはピアレビューされたコードから作成された初めての暗号侵害であり、非常に透過的な方法を持っています。

Cardanoコミュニティは、Reddit、Telegram、Discordでのソーシャルメディアのプレゼンスが他のチャンネルの中で最も優れていると評価しています。

ADA保有者はカルダノ図書館を介してプロジェクトの開発に参加します。コミュニティによって提案されたオープンな提案は、

ADAコインの投資家または保有者が開発チームに引き継がれる前に投票されます。

これは、CBがプロジェクトで見たい機能の1つであるプラットフォームの透明性を与えています。

Daedalus Wallet

ウォレットは、コミュニティが暗号資産にアクセスするのを容易にするため、これについて言及します。

Cardanoの財布は、初めて使用するときに最も安全でシンクロします。

それは、多くの資産を管理する能力のような他の財布に比べて多くの機能を追加しており、

ひどいインターフェースや巨額の手数料であなたを悩ませることはありません。

それ以外に、独自の財布を持っているということは、ADA保有者は暗号を交換するのが簡単だということを意味します。

急速に拡大する市場

カルダノは、暗号化産業で最も急速に成長しているコインの1つです。

現時点でトップコインの一部を超えて成長する可能性があります。

ADAが市場で需要を持っているかどうかについては、時価総額の成長パターンを見なければならない。

ADAに対する需要は今のところ巨大です。

それは、ADA / USDとのペアリングからトレーディングプラットフォームの巨額の収入を保証するでしょう。

コインは、暗号侵害の主要な市場の1つに大きな勢いを持っています。

それは韓国と中国で大きく支持されています。

したがって、それを追加することは、関与している当事者にとって非常に効果的です。成功はキーワードです。

カルダノ(ADA)が取引プラットフォームに最適であると感じているかもしれませんが、

究極の決定はコインベースに任せられていることは間違いありません。

http://cryptoventures.io/2018/04/26/is-cardano-ada-the-perfect-fit-for-coinbase-listing/

Cardano(カルダノ)のコインベース上場は、今後次第ですね。

今は上場よりも世界全体で認められていくことで結果的に上場せざる負えない状況を作ってしまえば自ずと上場をされると思います。

チャールズ・ホスキンソン氏はCardano(カルダノ)のあらゆる種類の側面について議論する15分間のビデオを共有

チャールズホスキンソン Cardano(カルダノ)

チャールズ・ホスキンソン氏はCardano(カルダノ)のあらゆる種類の側面について議論する15分間のビデオを共有しました。

以下は本文を翻訳した内容です。

水曜日、IOHKのCEOでありカルダノのチャールズ・ホスキンソン氏は、

人気のある暗号通貨の背後にある多層プロトコルであるカルダノのあらゆる種類の側面について議論する彼の15分間のビデオを共有しました。

Cardano 1.2の開発が完了しました

ホスキンソン氏は、4月20日に開発を完了し、

Cardano 1.2とデータリストアップデートの両方がリリースマネージャとQA部門(QA =品質保証)となったことを明らかにしました。

データリストの更新に関して、IOHKのCEOは、「非常に多数」であり、

「ペーパーウォレットと非同期リストア」のような機能を備えていると指摘しました。

現在、すべてが内部的にも外部的にもテストされています。Ethereumの共同設立者は、”これらのテストには約1ヶ月かかる”と、

Cardano 1.2が5月中旬に公開されることを期待しています。歩すると、Cardanoは「正確な日付の発表」を発表します。

ブロックチェーンだけでなくスケーラビリティ

ホシキンソン氏は、「IOHKは過去3ヶ月間に27人を雇用した」と明らかにした。

IOHKプロジェクトマネジメント(PM)事務所はカルダノ生態系の一つの領域であり、現在7人の従業員を収容している

カルダノは昨年9月に発足して以来、カルダノブロックチェーンで

働いているすべての部門のワークストリームを確立することができなかったプロジェクトマネージャー、

アイリーンフィッツジェラルド(Eileen Fitzgerald)というプロジェクトマネージャーが1人しかいませんでした。

今日、IOHKチームには現在、5人のプロジェクトマネージャーがいます。

スケーリングスペシャリスト自身 – フィッツジェラルド – 現在はエグゼクティブバイスプレジデントとプログラム責任者を務めています。

水曜日、ホスキンソン氏は、PM事務所から「毎週6つのプロジェクト更新情報」を受け取ったことを明らかにした。

プロジェクトマネージャーは一般公開されます

ホシキンソン氏は、社内のコミュニケーションチャネルを使ってコンテンツを公開し、

チームのプロジェクトマネージャーが毎月のビデオアップデートを公開することを望んでいると語った。

間違いなくカルダノになるだろう-このアイデアTrialling 最も透明cryptocurrencyプロジェクトは-となりますジェラルドMoroney。

Morano氏はCardano CL(CL = Computation Layer)を監督するプロジェクトマネージャーとして、

「Yellaの今後のテストネットとK-EVMについて話します」

2つのテストネット

最初のテストネットはK-EVM(EVM)のK セマンティックス、2番目はYella(CardanoのIELE仮想マシン)です。

ホーキンズン氏は、「広範なビデオアップデート」の間に、モロニー氏は「これらのテストネットが来ると思う時に、特定の日付を共有する」と述べる。

両方のテストネットはゴーゲンに関連しています- カルダノロードマップを構成する5つのフェーズのうちの3番目のフェーズです。

チャールズ・イズ・イスラエル…

ホスキンソンはIOHKの科学者と共にイスラエルテルアビブで今週開催されるEurocrypt 2018に出席する 予定です。

この年次カンファレンスは、国際暗号学会(IACR)が主催する3つの会議の1つです。

実際、Ouroborosをピアレビューのために受け入れたのはIACRだったので、

Eurocrypt 2018はIOHKの科学者がこのスペースで「最新かつ最高のものを見せる」ことを特徴とします。

カルダノの科学面に関して、ホスキンソンは次のように述べている。

私たちは過去7ヶ月間に多くの研究を近況に収束させました。実際、IOHKの研究開発の歴史の中で最も肥沃な時期でした。

カルダノ氏は、オウロボロス・プラオスに向かって革新的なステーク・アルゴリズムが構築され続けているため、

チームがどのように「大規模なOuroborosの更新が可能か」を説明しました。

…エチオピアへ

イスラエルの後、IOHKの最高経営責任者(CEO)は、「エチオピアに向かって」、国の政府などに会う予定です。

ホスキンソン氏は、エチオピアのハスケル教授を潜在的に教えることに本当に興奮しているか、

あるいはエチオピアの学生に行ってどこか他の地域を旅することができるようになったと付け加えた。

https://cryptocoinspy.com/ethereum-co-founder-shares-latest-on-cardano-ada-two-testnets-imminent/

K-EVMという用語が馴染みが薄いので説明すると、

世界で初めて完全な実行可能なEthereum(イーサリアム)仮想マシン(EVM)の正式セマンティクスをモデル化し、

EVMスマートコントラクトの正式な実行、分析、検証を可能にするKEVMフレームワークを製作しました。

KEVMにより、EVMベースのスマートコントラクトのプロパティを正式に、建設コストとコスト効率の高い方法で正式に検証することができます。

詳しくは下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のIOHKから支援を受けたKEVMがICS-Ethereum Crypto Boot Campで受賞したことについてまとめてみた

チャールズホスキンソンのインタビューが『月刊仮想通貨』の2号に掲載されている!?

チャールズホスキンソン 月刊仮想通貨 2号 Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン) チャールズホスキンソン 月刊仮想通貨 2号 Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン)

チャールズホスキンソンのインタビューを『月刊仮想通貨』の2号に掲載されています。

こうした書籍からCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)の知名度が上がってくれると良いですね。

Cardano(カルダノ)の最新業績により投資家の関心が高まる!?

Cardano(カルダノ) 最新業績 投資家 関心

Cardano(カルダノ)の最新業績により投資家の関心が高まっているようです。

以下は本文を翻訳した内容です。

CardanoのCharles Hoskinsonは、IOHKチームが最終的にステーク・オブ・ステアー・アルゴリズム(セキュリティ)に

関する最も厳しい問題を修正することができたと、つぶやきました。

彼はIOHKブロックチェイン技術ラボでKiayias教授の業績を説明するビデオをTwitterのツイートに埋め込んだ。

教授は、ブロックチェーンに入っている新しいユーザーがシステム内の

アクティブなユーザーの数について以前の知識を必要としないことを詳述しました。

これまでは、セキュリティ上の脆弱性に対する脆弱性が認められたため、これは主にステークの主な問題でした。

スケーラビリティの観点からは、仕事の証明と比較してステークの証明は常に優れており、カルダノの業績は重要なものになります。

Cardanoは暗号市場で最高のプラットフォームになる予定です

カルダノはちょうど市場で最も安全でスケーラブルなスマートな契約ブロックの一つになりました。

Kiayias教授の講義は、Cardanoチームの興奮と、市場で入手可能な最高のプラットフォームになることに重点を置いています。

これは、IOHKチームが現在のウォレットの使いやすさについての苦情を受けて軽い財布を作成する作業にも反映されています。

チームは、効率的に動作するためには本当に軽い財布に部分的なチェーンが必要であり、暗号化を進める必要があることを非常によく知っています。

カルダノの最新業績により投資家の関心が高まる

カルダノは、より多くの投資家から新たな関心を受けています。最近の暗号の傾向を確認すると、それは増加し続けることがわかります。

これは、投資家が通貨で持っている関心のレベルを示す強力な指標です。

カルダノのIOHKチームは多くの進歩を遂げており、投資家が気づき、認識してくれたことは素晴らしいことです。

一部のかなり重要な動きは、直近の進歩を考慮してカルダノの一部から期待されています。

現在の暗号は0.30ドルに達しており、現在の勢いが続くならば、

2018年第2四半期には暗号の暗号が1ドル水準を大きく上回る可能性があります。

長期的に考えると、Cardanoは簡単に$ 10を叩くことができました。

カルダノの最新の成果は、多くのブロックチェーンプロジェクトが現在直面しているスケーラビリティの問題を解決するための大きな飛躍です。

https://oracletimes.com/cardano-becomes-one-of-the-most-scalable-and-secure-smart-contract-blockchains-with-ouroboros-genesis/

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)は地道にこのブロックチェーンの抱える大きな問題である

スケーラビリティの問題を解決するためのソリューションとなるブロックチェーンを独自に開発しています。

こうしたスケーラビリティの問題を解決できる可能性が高いので海外では非常に評価が高いです。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がBittrustに上場するかも!?

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がBittrustに上場するかもしれません。

Bittrustは新しい取引所ですが、そこにADACoin(エイダコイン)の上場リストとして記載されていたので、今後上場したら面白そうですね。

【ICO】新たな取引所トークンの仮想通貨「Bittrust(BTR)」についてまとめてみた

Cardano(カルダノ)の今後の好材料について

Cardano(カルダノ)の今後の好材料についてです。

直近でいうと主に2つですね。

・テストネットローンチ:4月30日

・ロードマップ更新:5月3日

まとめ

Cardano(カルダノ)もどんどんいろいろな動きが見えます。

本当にCardano(カルダノ)自体の価値が光ってくるのは2018〜2019年だと思うので、今売るのは損だと思いますね。

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

Youtuberが広めるICO←ピンハネされて詐欺師の養分に。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に5600名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE