FX-EA System Project
FX-EA System Project

【仮想通貨】上場開始前に読みたいCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のすごいところまとめてみた

仮想通貨

今回は、上場開始前に読みたいCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)のすごいところまとめてみた。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がBittrexで上場

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)がBittrexで上場します。

これに関しては下記の記事を参照してください。

【仮想通貨】Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が9月30日にBittrex(ビットレックス)で上場!!
今回は、Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)が9月30日にBittrex(ビットレックス)で上場についてまとめていきます。

Cardano(カルダノ)のシステムを開発しているIOHKはGoogleやNASAに並んでASE2017のスポンサーである

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン)

Cardano(カルダノ)のシステムは、

香港に拠点を置く「Input Output Hong Kong(インプット・アウトプット・ホンコン)」(通称IOHK)という会社が開発しています。

このIOHKは、ASE2017にスポンサーに入っています。

このASE2017とはソフトウェアエンジニアリングの国際会議です。

つまりITの技術力を持った企業がこぞって集まるわけです。

例えば、GoogleやNASAやマイクロソフト、トヨタなどの企業が参加しています。

その中にIOHKがスポンサーとして参加しています。

 

Cardano(カルダノ)のOuroboros(ウロボロス)について

Cardano(カルダノ)はウロボロスと呼ばれる革新的なプルーフオブステークアルゴリズムを使用しており、

個人ノードがネットワークの意思決定プロセスに関われるようになります。

アルゴリズムはAdaをサポートする上で欠かせないインフラであり、

ブロックチェーン技術において革新的なイノベーションです。

ウロボロスはエネルギーを大量に消費するプルーフオブワークプロトコルを一新するもので、

これは今までブロックチェーンをより幅広くスケールするための障害となっていました。

IOHKのチーフサイエンティストであるアゲロス・キアイアス教授率いる研究チームによって設計され、学会にて査読を受けています。

ウロボロスはその証明可能安全性を初めて科学的に証明したプルーフオブステークプロトコルです。

ウロボロスのセキュリティのレベルはビットコインのブロックチェーンと比較して行われ、微塵の妥協もしていません。

そしてウロボロスはアメリカの証券会社であるナスダックに上場するための安全保障書となる技術です。

つまり、ADACoin(エイダコイン)はナスダックに上場を考えているわけですね。

ちなみにForbes誌と言うアメリカの経済専門雑誌で取り上げた模様です。

ナスダック掲載記事

フォーブス掲載記事

動画は、ウロボロスについてになります。

 

Cardano(カルダノ)はゲームやオンラインカジノ以外も新しい産業に使われる

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン)

Cardano(カルダノ)は、オンラインカジノやゲームだけではなく、幅広い分野で活用が期待されています。

画像に揚げてあるだけでもかなりの分野で使えることがわかります。

主に、ブロックチェーンを活用したもになるので、今後Cardano(カルダノ)のブロックチェーンの技術がどう改良されて

様々な分野に使われるか期待です。

Cardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)はATMがある

Cardano(カルダノ) ADACoin(エイダコイン)

画像を見るとわかるのですが、海外には、ADACoin(エイダコイン)を扱うATMが存在しています。

ADA の取り扱いは日本のATM でも開始される予定です。

まず5ヶ所のATMから開始され、ADA 公開後1年以内に25か所のATM での取り扱いを目指しています。

ただオンラインカジノやゲームだけではなく、決済としても活用ができることがわかります。

Cardano(カルダノ)の上場前にADACoin(エイダコイン)でやっておくこと

・Daidalos Wallet(ダイダロスウォレット)にADACoin(エイダコイン)を還元

Daidalos Wallet(ダイダロスウォレット)にADACoin(エイダコイン)を還元は下記のリンクを参照してください。

【仮想通貨】CARDANO(カルダノ)のDaedalus(ダイダロス)ウォレットへADACoinを還元する方法まとめてみた
今回は、CARDANO(カルダノ)のDaedalus(ダイダロス)ウォレットへADACoinを還元する方法まとめてみました。

・Bittrexのアカウントの作成

公開は2017/10/02の朝の5時なので早めにアカウントの作成はしておきましょう。

公式サイト

まとめ

私自身Cardano(カルダノ)はその当時の時点では、技術やビジョンには大きな価値があると思っていました。

しかし、ネックだったのが開発や規模などが大きすぎて、スケジュール通りに事が運ばないと思って投資するしないを当初思っていました。

若干遅れて不安感は抱きましたが、なんとか走りきった感じですね。

エンジニア目線で考えればかなりの工程数だったの思いますが、今後のCardano(カルダノ)のADACoin(エイダコイン)に期待ですね。

私は売らずにホールドする予定です。

 

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE