【必見】グローバル化が進み今後日本も「完全実力社会」の時代がやってくる

【必見】グローバル化が進み今後日本も「完全実力社会」の時代がやってくる

今回は、グローバル化が進み今後日本も「完全実力社会 […]

【必見】これから到来する「人生100年時代」のために若い人達がやっておくべきこと

【必見】これから到来する「人生100年時代」のために若い人達がやっておくべきこと

今回は、仮想通貨の情報ではなく、今後日本は「人生1 […]


「感動力」を高めて、脳を育てよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アインシュタインが残した言葉の一つに、

感動することをやめた人は、生きていないのと同じである

というものがあります。

感動というものは、五感の刺激を起点として、前頭葉がそれに心地良く反応し、記憶、思考、

そして、感情など多くの働きを良くします。

つまり、人は感動すればするほど、脳の広い範囲が生き生きと働いて、

より質の高い言動をすることができるのです。

ですから、私達は意識的に、感動をたくさん感じるべきですね。

そのためには、「感動の機会を増やす」ことと、「感動の閾値を高くしない」ことが重要です。

まず一つ目、感動の機会を増やすためには、五感への刺激を多くすることです。

音楽、映画、芸術、文学、食事、香り、、、何かを見たり、聴いたり、触れたり、味わったりする機会を

積極的に作っていくことが大切ですね。

続いて、二つ目として、

感動の閾値、つまり、感動を起こすための刺激のレベルを

高くしないことも忘れないようにしたいです。

刺激の多い現代社会では、感動のハードルも高くなっています。

他人に自慢できるようなものに触れないと感動もできない、などとなってしまうと、

脳も、日常の小さいことには全く反応しなくなっていきます。

平凡な人生に感動は無い、、、なんて思わず、日常の中に、感動を見出すようにしたいですね。

たとえば、、、青い空や美しい夕日、色付く葉や綺麗に咲く花、カフェのコーヒーの香りや

赤ちゃんのほっぺたの柔らかさなど、、、目の前にある、小さくても感動できることを

見逃さないようにするべきです。

そうして、「感動力」を磨いていけば、人生はより輝いていきます。

日々、感動をたくさん感じて、脳をしっかりと成長させながら、生き生きと生きていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでは絶対話せないマル秘ノウハウ&稼げる案件をLINE@登録者限定で無料で公開!!

SNSで出回っている知識のほとんどが使えないノウハウだったり

前は稼げたけど今は稼げない物ばかりです。

自己アフィ←単発で終わるので継続的に稼げない。

出会い系アフィ←もう飽和状態で稼げない。

無料オファー←お小遣いにしかならないし、労働的なアフィリエイト。

情報商材←中身がなさ過ぎるものばかりだし、買う必要ないむしろ買って後悔するレベル。

SNS集客システム←ほとんどの人が集めれていないし、ほとんどスパムと一緒。

高額コンサル←中身が無いし、初心者が払う金額じゃない。

グループ勧誘系MLM←参加者がそもそも知識無いから信用性がないし、宗教じみてる。結局親玉の養分。

胡散臭い投資話←ぽしゃったら、とんずらするのがオチ。自分でやったほうが早い。

流行る流行る系ビジョンビジネス←流行るかどうかなど再現性が全くない。

そんな稼げるかどうか変な情報、欲しいですか??

やる気はあったのに

しかもお金払ってまで

ゴミ情報欲しいですか??

私はいりませんし、そんな情報を手に入れるぐらいなら旬な情報を

手に入れましょう!!

私のLINE@の方では、

既に3900名以上の登録者が居ます!!

そして、登録者だけに

•FXのEAをLINE@限定で無料で複数提供!!

•随時最新のクローズドな案件をLINE@限定でシェア!!

•バイナリーの自動売買のシステムをLINE@限定でシェア!!  etc..

これだけ無料で教えて貰えるってまずないですよ!!

だったら登録しておけば得ですよね普通に考えて。

全部あげちゃいますwww

もうてんこ盛り過ぎ。

ですが、人数限定です。

本気で変わろうとしている少数精鋭しか教えるつもりはございません。

ここから人生変えてしまいましょう!!

@GXA0299L

でPCの方は検索してください\(^o^)/

@を入れて検索してください。

スマホの方は下のボタンからどうぞ!!

 

今すぐ登録!!

SNSでもご購読できます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【1000人限定EAシステム完全無料】

何もしなくても自動的に毎日利益が生み出せるFXの自動売買EAシステム

詳細はこちらから

LINE